ミズイロオナガシジミ

平地性ゼフィルスのアカシジミとウラナミアカシジミは見つけたのだが、ミズイロオナガシジミはまだだった。
近所の公園で見たという情報もあるので、探していたが、天気が悪くなったりして、見つけられない。
そこで、もっと確率の高そうなN公園まで足を伸ばしてみた。

N公園で例年見つかりそうなところをチェックすると、まず、ウラナミアカシジミが見つかった。

↓N公園のウラナミアカシジミ。2009年6月2日。
d0146854_9371165.jpg

ここには昨年ミズイロオナガシジミがいたのだが、この日は見つからなかった。

昨年やはりミズイロオナガシジミがいたもう1箇所を探す。
しかし、なかなか見つけられなくて、諦めかけていた時、すぐ目の前のイラクサのような植物の上の白い蝶が目に入った。ミズイロオナガシジミだった。
あまりに近くて、望遠では撮れない。そっと近づいてコンデジで撮る。まったく逃げないので手に乗るかと試したが、それは拒否された。

↓今季初見初撮りのミズイロオナガシジミ。N公園。2009年6月2日。一眼300mmで。
d0146854_9413520.jpg

↓コンデジで接近して。
d0146854_9415264.jpg


アカシジミやウラナミアカシジミは、食樹のコナラ・クヌギ等やクリの花などを探すと見つかるのだが、
ミズイロオナガシジミは、割と意外なところで見つかることが多い。
それに、花に来ているところをまだ見たことがなく、いつも動きのない同じ状態の写真ばかり。

アカシジミやウラナミアカシジミは飛び回っているところもよく目にする。
この日も、出かける途中の栗の花でアカシジミ、帰り道でも飛んでいるアカシジミ、夕方木の高いところを飛ぶアカシジミを目にした。
ゼフィルスの最盛期のようだ。
N公園の栗の花はまだ開いていなかったが、開花するころには、ミドリシジミも見られるだろうか。
[PR]

by 2008oharu | 2009-06-03 09:51 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31