2008年 08月 29日 ( 1 )


モンクロシャチホコ

d0146854_209958.jpg

↑モンクロシャチホコ。2008年8月27日。玉川上水縁。

白い地に黒い(青い部分もある)紋がついている、ちょっとしゃれた蛾である。
しかし、モンクロシャチホコという名でネット検索すると、たいてい幼虫がヒットすることが多い。
というのも、モンクロシャチホコの幼虫は桜などの木の葉を著しく食害する害虫だからだ。

d0146854_201431.jpg

↑桜の幹にいるモンクロシャチホコの幼虫。2007年9月12日。善福寺。

私がモンクロシャチホコの名前を知ったのは、昨年この幼虫の名前を調べたときだった。
なぜ、この幼虫の名前を調べたかというと、この時期、ツツドリという鳥が盛んにこの幼虫を食べているのを見たからである。

d0146854_2018164.jpg

↑桜の木で、モンクロシャチホコの幼虫を捕食するツツドリ。2007年9月21日。井の頭。

この年は例年になくツツドリが次から次への井の頭や善福寺に現れたが、
同時にこのモンクロシャチホコが大発生していると新聞にも書かれた年だった。
つまり、ツツドリが多く見られたのは、モンクロシャチホコの大発生のせいだったとも言える。

さて、今日は、善福寺の確かウメの木だったように思うが、このモンクロシャチホコの弱令幼虫と思われる毛虫が、びっちりついている枝があった。
毛虫が苦手な方は、このブログへはお出でにならないとは思うが、少し気持ちが悪いかもしれない写真をあえて載せる。
というのも、モンクロシャチホコは、シャチホコガの仲間であり、シャチホコガは、幼虫がシャチホコのような形に体をそらせるのが特徴なのだ。
上の写真では、一見普通の毛虫にしか見えないが、下の写真の中の何匹かは、しっかり体をシャチホコ状にそらせているのがわかる。

↓モンクロシャチホコの幼虫。2008年8月29日。善福寺。
d0146854_20174256.jpg


今年のモンクロシャチホコの発生具合はどうなのだろうか。たくさん発生すれば、またツツドリがたくさん見られるのだろうか。
[PR]

by 2008oharu | 2008-08-29 20:32 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30