2017年 06月 28日 ( 1 )


6月の蛾2017 遠征先にて

シャチホコガ以外で、プチ遠征先で見た6月の蛾をピックアップ。

アゲハモドキ(埼玉県)
d0146854_08560167.jpg
4時を過ぎたころ撮ったので、画像が荒れている。
アゲハモドキは決して珍しい蛾ではなく、東京でも丘陵地や低山地などではわりとよく目にする。
でも、普通は翅を広げてぴたっと動かない状態が多い。この日は初めて吸蜜する場面が見られた。こうしてみると、やはりアゲハチョウと見紛う。
アゲハモドキは鳥が嫌う成分を持つジャコウアゲハに擬態していると言われている。(色模様や形はかなり似ているが、大きさは小さい。)アゲハモドキ自身にはその成分はない。擬態の効果はいかほどなのか。この日、アゲハモドキが何個体か見られたが、こんな場面にも遭遇した。

アゲハモドキを捕えたオオルリ

d0146854_09025703.jpg

トラガ(山梨県)
d0146854_09093144.jpg
トラガも郊外では何度かみたことがある。このポーズは産卵しようとしているのか。
d0146854_09092762.jpg
その後翅を閉じている状態を見た。こんな状態で遭ったら、トラガとは思えなかったかも。

キンモンガ(山梨県)
d0146854_09091863.jpg
この日チョウを撮っているとき、チョウと見間違えそうになるほどひらひらとたくさん飛び回っていた。高原などではよく見かける昼行性の蛾。

オスグロトモエ(山梨県他)
d0146854_09093838.jpg
d0146854_09094214.jpg
ひらひらと落ちてきて枯葉の上に止まると、見事なカモフラージュになってなかなか見つけられない。一方裏翅や腹は赤くてびっくりしたことがある。なぜオスグロトモエという名前なのだろう。

ゴマケンモン(山梨県)
d0146854_09091474.jpg
キクビゴマケンモンというのもあるようで、区別はわからない。ゴマケンモンとしておく。

アミメケンモン(埼玉県)
d0146854_09090758.jpg
初めて見た。地味だけれど面白い模様。

ニワトコドクガ(山梨県)
d0146854_09094988.jpg
前にも見たことがある。

オオクワゴモドキ(八王子市)
d0146854_09104478.jpg
これも見たことがある。

キスジコヤガ(八王子市)
d0146854_09102772.jpg
これも初見ではない。

キスジコヤガ(八王子市)
d0146854_09103637.jpg
初見。

その他、見同定、写真が悪い等で省略したが、多様な蛾が見られた。








[PR]

by 2008oharu | 2017-06-28 09:41 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30