2017年 07月 10日 ( 1 )


初見のイトトンボ2種他

ハッチョウトンボが見られた場所では、他にエゾイトトンボとオゼイトトンボの2種も見られた。私にとってはこれも初見。

エゾイトトンボ
d0146854_08340804.jpg
d0146854_08341384.jpg
北海道から北陸地方までの地域に生息するイトトンボで、見た場所は分布の西南限だろうと思われる。ブルーが美しい。オスの腹部第2節にスペード状の斑紋があるのが特徴だそうだ。
この2カットしか撮れなかった。

オゼイトトンボ
d0146854_08400708.jpg
こちらも信州地方以北に生息するイトトンボ。オスの腹部第2節の斑紋がワイングラス状になっている。
エゾイトトンボより多くいて、あちこちで連結・産卵していたが、草の隙間なのでうまく撮れない。
d0146854_08402023.jpg
d0146854_08401770.jpg
ダブル・ペア
d0146854_08510340.jpg
産卵。オスにピントが合わない。
d0146854_08510888.jpg
同じ日、高原から下った場所でも、いろいろなイトトンボを見た。水路にはモノサシトンボ・クロイトトンボが多数、水をはった田にはモートンイトトンボも多数見られた。

モートンイトトンボ
オス
d0146854_08560987.jpg
モートンイトトンボは都内の公園で一度見たことがある。その時はオスしか見つけられなかったが、今回はメスも見られた。
d0146854_08561333.jpg
d0146854_08561651.jpg
全長3cmぐらいの小さいイトトンボだが、オスは腹部の鮮やかなオレンジ色が目立つので見つけやすい。それに対してメスは全身が草の色とそっくりの黄緑色で、ちょっと目につきにくい。それがけっこうたくさん見られたのでよかった。
d0146854_08561938.jpg
こちらは未成熟個体。

追記:
6月後半にもハッチョウトンボを探しにいったが、その時は残念ながら見つけられなかった。でもそこで久しぶりにオオイトトンボを見た。オオイトトンボはなんと2004年に都内の公園で見て以来だった。

d0146854_09032909.jpg
d0146854_09032559.jpg
連結しているオオイトトンボ。

ハッチョウトンボ遠征は、豪華おまけ付の遠征になった。
誘ってくださったヘムレンさん・みき♂さん、ありがとうございました。



[PR]

by 2008oharu | 2017-07-10 09:11 | 蜻蛉 | Comments(2)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー