2017年 10月 01日 ( 2 )


9月の蛾から 幼虫編 2017

オオミズアオ
d0146854_21093843.jpg
住宅地の個人のうちの庭木に。この圧倒的な大きさは見応え十分だが、案外木の葉に紛れて見つけにくい。無事に蛹になって、来年も月の女神を拝ませてもらいたい。

ニシオビベニアツバ(地元三鷹市の公園にて)
d0146854_21095963.jpg
昨年も見た。成虫が見たいと思っていたが、かなわないまま今年も幼虫を発見。きっとどこかで無事羽化していたのだろう。2~3日後、ときどき蛾をチェックしに行く八王子市で、この成虫と思われる蛾を発見。

d0146854_21100751.jpg
壁の高いところにいて鮮明な写真が撮れなかったし、図鑑で見た色合いと少し違うが、模様の出方はニジオビベニアツバのようだ。

ご存知桜毛虫こと、モンクロシャチホコの幼虫(地元三鷹市の公園にて)
d0146854_21102553.jpg
8月に成虫を見たばかりなのに、9月にはもう蛹になるべくぞくぞくと降りてくる。この毛虫が目につくころには例年ツツドリがやってきてこれを捕食するのだが、今年はあまり来なかった。

ご存知クヌギ毛虫こと、ツマキシャチホコ(地元三鷹市の公園)
d0146854_21103145.jpg
サクラの枝に擬態していると言われる成虫とは全然共通点が考えられない毛虫だ。これが集団でいると、やはり思わずひく。年2化。

ヒメシロモンドクガ(地元三鷹市の公園)
d0146854_21104104.jpg
「これでどうだ!」とばかりに飾り立てた毛。いかにもドクガ風だが、毒はないとされている。毎年必ず見る。

トサカフトメイガ(地元三鷹市の公園)

d0146854_21104977.jpg
オオミノガ(たぶん)
d0146854_21111898.jpg
蓑からかなり体を出して、盛んに糸をはいていたので、蓑を閉じる準備中だと思った。次に行ってみると、やはり閉じ終わっている。

d0146854_21282735.jpg
このまま幼虫で越冬し、春に蛹になってその後羽化するはずだ。目立つところにいるので、来春まで無事だといいが。


[PR]

by 2008oharu | 2017-10-01 21:31 | Comments(0)

9月の蛾から② 2017

つづき

ヒメクロホウジャク(埼玉県)
d0146854_08050474.jpg
ホシホウジャク(東京都)
d0146854_08051555.jpg
エゾキクキンウワバ(埼玉県)
d0146854_08052754.jpg
オオエグリシャチホコ(東京都)
d0146854_08053386.jpg
キマダラオオナミシャク(東京都)
d0146854_08053735.jpg
トビイロリンガ(東京都)
d0146854_08055127.jpg
ツマジロエダシャク(東京都)
d0146854_08055980.jpg
モンウスギヌカギバ(東京都)
d0146854_08062447.jpg
ヒトツメカギバ(東京都)
d0146854_08062930.jpg
キオビベニヒメシャク(高速SA)
d0146854_08065038.jpg
この蛾の色はかなり個体差がある。

スジキリヨトウ(東京都)
d0146854_08065847.jpg
ウンモンナカエダシャク
d0146854_08070898.jpg
ウチムラサキヒメエダシャク(高速SA)
d0146854_08071328.jpg
カギバアオシャク(同上)
d0146854_08072239.jpg
ヒロバツバメアオシャク(埼玉県)
d0146854_08072819.jpg
地元でもよく見る。

まだまだホタルガとかハガタクチバとか続くが、きりがないので終わる。

幼虫編につづく

[PR]

by 2008oharu | 2017-10-01 08:19 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31