ヤンマ3種

カトリヤンマ

カトリヤンマは、昨年羽化直の目がまだ青くない個体に偶然に出会っただけだった。この秋、比較的近場で成熟した個体が見られるというので、ヘムレンさん、みき♂さんとともに行ってみた。1回目は気温が低すぎたのか空振り。2回目にやっと見られた。

d0146854_09271604.jpg
オスは同じ場所でずっとホバリングを続けていたので、それを撮り続けること数百枚、ついにこちらが根負けし、最後には集中力を失うほど。
d0146854_09271729.jpg
d0146854_09271603.jpg
d0146854_09271664.jpg
d0146854_09271589.jpg
暗めの場所でホバルので、翅が止まるようなスピードでは撮れなかった。

別の場所ではメスが産卵に来ていたが、これもかなり暗く、参考写真のみ。
d0146854_09271718.jpg
d0146854_09271546.jpg
ヤンマの仲間は、このような湿ったどろのある場所で産卵することが多いようだ。

マダラヤンマ

9月下旬、マダラヤンマ狙いで、栃木県方面へ。ヘムレンさん・みき♂さんらとねばって探したが見つからず、諦めて帰ろうとしたとき、管理の方と偶然に出会い、見られる場所を教えてもらい、再挑戦。その場所へ行くとほどなく、いきなり現れてすぐ近くでホバリング。近すぎてピントが合わないほど。
d0146854_09385300.jpg
d0146854_09385256.jpg
結局現れたのはこの1回のみだったが、なんとか目的を達することができてよかった。もちろん、ライファーだ。教えてくださった方に感謝。

オニヤンマ

9月上旬、入笠へ行った帰りに立ち寄った河原で、何匹かのオニヤンマが飛び回っては止まっているのをみき♂さんが発見。オニヤンマはそれほど珍しいわけではないが、河原のような開けた場所では比較的撮りやすい。
d0146854_09440694.jpg
d0146854_09440537.jpg
ヘムレンさん・みき♂さんコンビに誘ってもらって、今年はトンボもいろいろ見ることができた。





[PR]

# by 2008oharu | 2017-10-19 09:51 | 蜻蛉 | Comments(2)

秋と言えば、赤トンボ

赤トンボ(アカネ属)は秋の代名詞のようなトンボだが、種類によって実はずいぶん違いがある。

今年出会ったアカネ属から。

真っ赤になったナツアカネのオス(9月26日栃木県)
d0146854_09234466.jpg
ナツアカネは地元でも見られるが、これほど真っ赤になった個体にはなかなか出会わない。

ネキトンボのオス(10月5日埼玉県)
d0146854_09235075.jpg
ネキトンボは、羽化してわりとすぐに赤くなるタイプ。翅の一部雄赤い。地元でもときどき目にするが、あまり多くない。

キトンボ(10月5日埼玉県)
d0146854_09235563.jpg
キトンボは地元では見られない。翅の半分ぐらいが橙色。

ミヤマアカネ(10月5日埼玉県)の交尾
d0146854_09240490.jpg
オスは縁紋が赤くなる。ミヤマと名前がついているが、東京都の低山地・丘陵地でもよく見られるし、たまに地元三鷹市の公園でも目にすることがある。

マイコアカネのオス(9月26日栃木県)
d0146854_09242518.jpg
マイコアカネも地元の公園で見たことがあるが、最近は見つからなくなった。

マユタテアカネの交尾(10月9日東京都の丘陵地)
d0146854_09241416.jpg
マユタテアカネは、地元の公園でもとても多く見られる。メスは翅の先が黒くなる個体もいる。

ノシメトンボのメス(9月26日栃木県)
d0146854_09245654.jpg
これはメスなので赤くないが、オスもあまり赤い色にはならない。以前は地元でもたくさん目にしたが、最近はあまり見られなくなったような気がする。成熟したオスには今季であっていない。

コノシメトンボのオス(8月6日東京都三鷹市)
d0146854_09245161.jpg
これは、8月の個体なので、あまり赤くなっていないが、成熟するともっと真っ赤になる。今季は成熟した個体には出会っていないので。

そして、アキアカネ(9月15日東京都三鷹市)この日はまだ暑い日で、逆立ちしていた。
d0146854_09490293.jpg
メスは赤くない。(同日同場所)
d0146854_09551491.jpg
アキアカネは地元では6~7月に羽化した後、高度の高い地域に移動してしまう。そして9月になると赤く成熟した個体がまた移動してくる。集団で移動してくるようで、アキアカネが一気に増える。
d0146854_09252472.jpg
10月5日埼玉県の個体
d0146854_09484499.jpg
9月30日山梨県の個体。低地に下りずに高地で繁殖する個体もいるらしい。

昨年はアカネ属なのに黒い色のムツアカネや顔の白っぽいヒメアカネも見た。














[PR]

# by 2008oharu | 2017-10-13 10:01 | 蜻蛉 | Comments(0)

ウラナミシジミ

秋になると、ウラナミシジミの到着が気になる。
今年はなんと8月8日に地元の公園でその姿を見た。
d0146854_09462301.jpg
その後目にしなかったので、台風かなにかで飛ばされてきた個体かもしれない。
次に地元で見たのは9月20日。だいたい例年通りだ。
d0146854_09463076.jpg
d0146854_09462950.jpg
しかし、あっちでもこっちでも見られる年もあるが、今年はあまり多くないようだ。私は今のところ地元ではこの個体を2~3日見ただけだ。

9月26日、ツマグロキチョウなどを探しに栃木県方面に行った。そこにはクズが生い茂る場所があり、なんとウラナミシジミがたくさん乱舞していた。これだけの個体数があると、交尾なども頻繁に成立するようだ。
d0146854_09463063.jpg
しかし、関東地方では、越冬するのは難しいとされている。

10月5日、埼玉県で見たウラナミシジミの開翅。
d0146854_09462987.jpg
関東でチョウを観察している人たちは、秋にウラナミシジミが見られないと、どうしたのだろうと落ち着かないと思う。地元では全く見られなかった年もあれば、昨年の1月にウラナミシジミがいてびっくりしたこともある。

2016年1月7日のウラナミシジミ(東京都)
d0146854_10005010.jpg
日本では、鳥にしても昆虫にしても、季節ごとに出会いがあり、人々は長い年月その出会いによって季節を感じとる力を育んできたのだろう。自然が減ってくると、そうした長い年月の間に育んできた感性も失われてしまうかもしれない。そんなことを感じるこのごろだ。(感傷の秋)


[PR]

# by 2008oharu | 2017-10-07 10:07 | | Comments(0)

コニワハンミョウ・マメハンミョウなど

今年出会った初見の甲虫類から。

コニワハンミョウ
d0146854_08505292.jpg
d0146854_08505398.jpg
d0146854_08505281.jpg
9月5日、入笠湿原の帰りに寄った河原で、みき♂さんが見つけて教えてくれたもの。
ハンミョウの仲間は、今まで、いわゆるハンミョウとトウキョウヒメハンミョウしか出会ったことがなかったので、3種目に出会えてうれしかった。この場所にはとてもたくさんいた。

マメハンミョウ
d0146854_09020600.jpg
d0146854_09020558.jpg
9月26日、ツマグロキチョウやシルビアシジミを探しに行った草原で目にした。ハンミョウと名がついているが、いわゆるハンミョウ科とは別の科で、ツチハンミョウの仲間だ。ツチハンミョウの仲間は、体内にカンタリジンという成分をもち、触れると皮膚に炎症を起こすらしい。この昆虫を目にしたとき、なんとなくネットか図鑑で見た記憶があり、スマホで調べて名前を突き止めることができ、触らずに済んだ。こういうときはスマホは役に立つ。「マメ」と名前についているように、マメ科の植物を食べる。チョウの食草のマメ科が生えた草原にいるのも納得。

ヒメツチハンミョウ
d0146854_09095197.jpg
ツチハンミョウつながりで、過去(2015年4月東京都)に見たヒメツチハンミョウを。ツチハンミョウの仲間は幼虫時代に「過変態」という特異な変態をするそうだ。いつかその辺の事情も調べてみたい。見た通り翅が小さく退化していて、飛べないようだ。

おまけ:カタグロトゲハムシ
d0146854_09143092.jpg
あまりにも酷い写真しか撮れなかったので、お蔵入りさせるつもりだったが、いつかちゃんと撮れるようにという自戒の意味で、載せておく。今年の5月、ゴマダラオトシブミを探しているときに、はるか頭上の栗の葉裏に止まっていた。これまでトゲハムシの仲間は見たことがなかったので、見られたことはうれしかった。



[PR]

# by 2008oharu | 2017-10-04 09:20 | 甲虫 | Comments(0)

チョウのライファー3種

この夏は、ヘンムレンさん、みき♂さんに誘われて、地元周辺では見ることのできない多くのチョウを見ることができた。そろそろチョウの季節も終盤となる9月下旬、さらに2種の絶滅危惧種を探しに遠征した。

シルビアシジミ
d0146854_09403740.jpg
d0146854_09403825.jpg
ヤマトシジミによく似た地味なシジミチョウだが、絶滅危惧種Ⅰ類。
初めはなかなか見つからず、しかもヤマトシジミと区別もできなかったが、温度が上がるにつれて姿を現し、いくつか見ていくうちになんとなく見た感じの違いが分かるようになってくる。(しかし、温度が上がると暑かった。)


かなり擦れてぼろぼろになったシルビアシジミが吸蜜している黄色い花が、食草のミヤコグサ
d0146854_09403827.jpg
半開きの表翅
d0146854_09403841.jpg
産卵や交尾などは見られなかったが、なんとか見つけることができてよかった。

ツマグロキチョウ
d0146854_09403783.jpg
このチョウも、キタキチョウとそっくりだが、絶滅危惧種Ⅱ類。夏型はとくにキタキチョウとの識別が難しいようだが、秋型は上翅の先がとがり、下翅の裏に2本の黒条があるのでなんとかわかる。食草はカワラケツメイ(マメ科)など。
d0146854_09403602.jpg
d0146854_09403909.jpg
なかなか止まらず、暑いと葉陰に入って休息してしまうので、撮るのが難しかった。

おまけ:キバネセセリ
d0146854_09403715.jpg
こちらは8月中旬の高原で見たもの。茶色いチョウが目に留まったので、あわててカメラを向ける。ファインダー越しに目に入った姿は、見たことがないチョウだった。シャッターを押したすぐあとに飛ばれてしまい、このカットしか撮れなかった。あとでヘムレンさんに見てもらい、キバネセセリというセセリチョウだと教えてもらった。これももちろんライファーだった。


[PR]

# by 2008oharu | 2017-10-03 10:00 | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31