カテゴリ:その他の昆虫( 49 )


高原で出会った昆虫たち

チョウを探しているとき、目に入った他の昆虫たち。

ムモンアカシジミを探していた時、ふと大きなトンボが飛んできて、奥にぶら下がったのが目に入った。

d0146854_8385192.jpg

奥の暗いところなので、こんな写真が精いっぱい。
ヤンマであることはわかった。
ヘムレンさんやみき♂さんが、カトリヤンマだとおっしゃっていた。
家に帰ってカトリヤンマであることを確認した。初見だった。

クロムネアオハバチ?
d0146854_8422599.jpg

ヘムレンさんが見つけたきれいな緑色のハチ。

キコシホソハバチ
d0146854_8431581.jpg

ヘリヒラタアブ?
d0146854_8434013.jpg

ちょっとぼけた。似たものがいてはっきりとはわからないが、筋が青っぽくてちょっときれい。

高原の花には、チョウたちに混じって、昼に活動する蛾も来ている。

ヒョウモンエダシャク
d0146854_8454391.jpg

上高地や入笠湿原でもよく見た蛾だ。

キシタギンウワバ
d0146854_8463815.jpg

これも、高原では必ずと言っていいほど見られる。

シロテンキヨトウ
d0146854_8472788.jpg

同じく高原の蛾。ちょっとぼけているが。

不明の蛾
d0146854_848879.jpg

この蛾も高原ではよく見るが、未だ名前が調べきれていない。

遠征に行くと、目当ての昆虫だけでなく、こうした出会いもあって、一層楽しくなる。
同行の皆様、楽しい機会を与えてくださって、ありがとうございました。
[PR]

by 2008oharu | 2016-08-08 08:50 | その他の昆虫 | Comments(0)

ビロードツリアブ

私が初めてビロードツリアブを撮ったのは、確か2004年だったと思う。
それから10年、毎年この時期にはビロードツリアブを探して写真を撮ってきた。

どこにでもいる、特に珍しくもない昆虫なのだが、春限定の昆虫なので、これが見つかると、やはり春が来ていると安心できる。
毛が生えてもこもこしている姿がなんとなくかわいく思えて、人気がある。(最近のはやり言葉でいうともふもふ)

しかし、10年も撮り続けてきながら、交尾シーンにも出会わないし、産卵シーンも見つけられていない。
わかったことは、オスとメスの違いと、長い口吻を使って、いろいろな形の花から蜜を吸えるということぐらいか。

2015年3月26日 ヒュウガミズキに来たビロードツリアブのメス。東京都郊外
d0146854_2148095.jpg

近くの公園のヒュウガミズキに来ているのは今まで見たことがなかった。
このヒュウガミズキには、何匹ものビロードツリアブ(みんなメスだった)とセイヨウミツバチ・ハナアブ、それにコツバメなどが来ていた。

d0146854_21502922.jpg


d0146854_21504082.jpg


今年初めて撮った個体はオス。2015年3月18日 井の頭公園
d0146854_21525255.jpg


オスはたいてい地面近くをホバリングしながら飛んでは、また地面の枯葉などに降りる。
d0146854_2153210.jpg

地面から羽化してくるメスを探しているのだろうか。
吸蜜する花も草本類の花が多いような気がする。

ヘビイチゴで吸蜜するオス。2015年3月25日 井の頭公園
d0146854_21531197.jpg


今年はビロードツリアブが多いような気もするので、面白いシーンとの出遭いをもう少し期待したい。
[PR]

by 2008oharu | 2015-03-28 22:00 | その他の昆虫 | Comments(0)

ヤツデの葉裏で  チャタテムシ編

ヤツデの葉裏で見つけた虫たちの続き。
対象はますます小さくなり、画像もますます酷くなっているのでご容赦を。

チャタテムシは、今まで2種類ぐらいしか見たことがなかったが、ヤツデの裏だけでもさらに何種類かいることがわかった。
けれども、画像は不鮮明だし、図鑑にもネット上にも情報が少なく、名前まではなかなか調べられなかった。

↓たぶん、ウスイロチャタテの仲間
d0146854_21194480.jpg

一見ハエのようにも見えるが、触角がかなり長い。
この種類はたくさん見つかった。

↓ヨツモンホソチャタテ
d0146854_21205423.jpg

とても小さいが、翅に四つの黒い斑紋があるので、たぶん合っていると思う。
これも何匹か見かけた。

ケチャタテの仲間?
d0146854_21224137.jpg

違う種類のケチャタテの仲間?
d0146854_21232329.jpg

d0146854_21261757.jpg

この2種は、個体差なのか、雌雄の違いなのか、それとも別種なのかも定かではない。

次にこれらのチャタテムシの幼虫と思われるものがいくつか。
d0146854_2127533.jpg
d0146854_2128632.jpg
d0146854_21295219.jpg

どの種の幼虫なのか、同じ種類なのか、調べようもない。

そして、卵
d0146854_21303846.jpg

チャタテムシは、卵に糸をかけて保護する種がいるようだ。卵だけでなく、幼虫も糸の下にいたりする。

ウスイロチャタテのそばにたくさんの卵塊
d0146854_21365657.jpg

けれど、このウスイロチャタテが産んだのかどうかはわからない。

一部孵化したような卵
d0146854_2132377.jpg

全部が孵化した卵の殻か。
d0146854_21321264.jpg


というわけで、あまりに細かいので、これ以上は追求できそうもなかった。

ヤツデの葉裏には、他にもアブラムシ、カイガラムシ、ユスリカ、小さなハチ、ハエ、クサカゲロウの幼虫、カメムシ等々や、何の仲間かもわからない物体があった。

最後におまけ:葉裏をめくって、こんなものがついていたので、びっくり。

d0146854_2137412.jpg

なんと、アオスジアゲハの蛹だった。
アオスジアゲハは普通クスノキなどの食樹の葉裏で蛹化すると思うのだが、ときどき柵上をさまよっていることがある。そんな個体が、ここで蛹になったのだろうか。

小さな小さな生き物ばかりを見ていたので、アオスジアゲハの蛹が巨大に見えた。

季節が違うときにも、ヤツデの葉裏を忘れずにまたチェックしてみよう。
[PR]

by 2008oharu | 2015-02-10 21:43 | その他の昆虫 | Comments(0)

ヤツデの葉裏で  ヤツデキジラミ編

ヤツデの葉をめくってみて、見つけた虫の続き。

d0146854_22142884.jpg
d0146854_2214364.jpg

上は井の頭公園で、下は家の庭で見つけたもの。

どちらもとても敏感で、すぐに飛んでしまったので、1カットずつしか撮れなかった。
これは、ヤツデキジラミらしい。

次の日、もっと見つからないかと調べているとき、こんな状態のものが見つかった。
d0146854_22163515.jpg

たぶん、色が透き通っているので羽化したてか。
これは動かず、ずっとこのままの状態だったし、翅の先に抜け殻のようなものがついているので、もしかしたら羽化不全だったのかもしれない。

その後、ヤツデキジラミの成虫は見つけられなかったが、そのかわり、幼虫ではないかと思う個体はたくさん見つかった。
しかし、あまりにも小さく、なかなか写真には撮れない。
なんとか形が分かる程度に撮れたのは以下。

d0146854_22212857.jpg
d0146854_22214119.jpg
d0146854_22215178.jpg

酷い写真だが、大小2匹が並んでいるので、あえて載せてみる。
d0146854_222237.jpg

ヤツデの葉脈についているのは、その汁を吸っているのだろう。
葉裏に汁が流れ出てか、排出物かで濡れていることも多い。

幼虫はクリオネかポニョみたいな形をしていてちょっとかわいい。

この状態から成虫になる過程の個体は見つからなかったが、だんだん茶色い色がついてくるようだ。
もう少し日にちが経ってからまた調べてみたい。

つづく
[PR]

by 2008oharu | 2015-02-09 22:28 | その他の昆虫 | Comments(0)

ヒラタアブの空中交尾

少し前のこと。
コセンダングサの生えた場所でヒラタアブが空中交尾していたので、撮影に挑戦した。

↓空中で交尾するヒラタアブ 2014年10月12日 井の頭公園
d0146854_21323339.jpg
d0146854_2133723.jpg
d0146854_21333655.jpg

おそらくマメヒラタアブ(キタヒメヒラタアブ)だろう。

ヒラタアブの空中交尾は2005年に挑戦したことがある。
今回は400mm望遠レンズで撮った。

ヒラタアブはホバリングが上手で、同じ場所にかなり長いこと止まっているので、なんとかピント合わせができる。
どちらがオスでどちらがメスなのかわからないが、なんとな上から抑え込んでいるのがオスのような気がする。下の個体は、翅を全く動かしていない。上の個体だけが、2個体分の体を支えてホバッているようだ。

このような体勢で交尾するのは、敵に襲われないようにするためか、それとも競争相手を避けるためか、何かもっと別の理由があるのだろうか。
[PR]

by 2008oharu | 2014-11-03 21:44 | その他の昆虫 | Comments(4)

この夏の初見昆虫2種

↓アカハネナガウンカ 2014年7月23日 武蔵村山市
d0146854_8504936.jpg
d0146854_8512369.jpg

このウンカは、ネット上のあちこちで紹介されていたので、一度は見てみたいと思っていたが、湿地のイネ科につくようで、井の頭公園では見られない。

別の目的で水田そばのイネ科植物をチェックしていた時、偶然に見つけた。
なかなか面白い顔のウンカだ。

似たウンカでアヤヘリハネナガウンカは井の頭公園でも見ている。

↓アヤヘリハネナガウンカ 2011年8月11日 井の頭公園
d0146854_8563234.jpg

こちらの方がネット上では情報が少ない。
顔の部分がよく撮れていないので、似たような顔なのかどうかよくわからない。

↓ヘビトンボ 2014年8月13日 八王子市
d0146854_8582943.jpg
d0146854_8583232.jpg

これも、他の目的で出かけたときに、たまたま見つけた。
電柱の上の方に止まっていたので、遠くから見たとき初めは蛾かなと思ったのだが、望遠レンズで撮って拡大して見たら、ヘビトンボのようだった。

ネットで検索すると、

「幼虫は一般に、清浄な河川の中流域より上流に生息することから、カワゲラ目やトビケラ目等に属する多くの種と同様、清冽な水質の指標生物の一つである。強い肉食性で、この幼虫が一匹いると、周囲から他の水生昆虫がいなくなるともいわれ、その姿から川ムカデなどとも呼ばれる。噛み付かれるとふくれあがってしまうほどの威力があるが、ムカデのように毒は持たない。 蛹化に際しては陸上に這い登り、岸部の石の下などに潜り込んで蛹となる。尚、蛹にも大顎が発達し、蛹をいくつか一緒にしておくと、仲間同士で噛みあって殺し合う習性があるといわれる。
成虫は灯火にもよく飛来する。」

というようななかなかすごい昆虫のようだ。
遠征先でしか見られない昆虫なので、見られてよかったが、もう少し近くから見たかった。

見たいと思って探しにいった昆虫で出遭えた時もうれしいが、偶然に面白い昆虫に出遭えると、得した気分になれる。
[PR]

by 2008oharu | 2014-08-28 09:06 | その他の昆虫 | Comments(2)

ビロードツリアブ

アブというと、あまり人気のある昆虫ではないが、その中でビロードツリアブはけっこう人気者だ。
一つには、春にのみ成虫が見られる、いわばスプリング・エフェメラルだということと、もこもこした体つきがなんとなくユーモラスでかわいい感じがするからだろう。

私もここ10年ぐらい、毎年このアブを見つけないと春が来たという気がしない。

↓今年初めて見たビロードツリアブ。2014年3月25日 都下丘陵地
d0146854_20312145.jpg

馬酔木の花で吸蜜するシーンが撮れたのは初めてだ。

この10年間の初見日は、早い年で3月19日、遅い年で4月9日だったので、概ね妥当な出現期だが、ここ数年の記録の中では遅い感じだ。

↓井の頭公園のビロードツリアブ。2014年3月29日
d0146854_20343087.jpg

公園では、タチツボスミレやオオイヌノフグリ、ハコベやムラサキハナナが咲いている時期に出てきて、それらの花の蜜を吸うことが多い。
今年はこれらの花が咲くのがやや遅かったので、アブの出現も遅れたのかもしれない。

ビロードツリアブは、よくホバリングしては地面に降りるので、ちょっと飛翔写真に挑戦。

d0146854_20381583.jpg

d0146854_20382554.jpg

300mm望遠レンズでは、なかなか難しかった。

これらのビロードツリアブは、みな両眼がくっついているので、オスのようだ。
メスはあとから羽化するのだろうか。
交尾や産卵の様子はまだ見たことがないので、今年こそ見てみたい。
[PR]

by 2008oharu | 2014-03-29 20:42 | その他の昆虫 | Comments(0)

それぞれの冬越し

アカボジゴマダラ
↓2012年11月24日。善福寺公園。
d0146854_2195411.jpg

善福寺の観察会の方が見つけたもの。エノキの枝への同化の仕方がお見事。

↓2012年12月13日。井の頭公園。
d0146854_21102266.jpg

背中の4対の突起のうち1対が欠けているように見える。

ゴマダラチョウ
↓2012年12月2日。善福寺公園
d0146854_211351.jpg

こちらも善福寺観察会の方が見つけたもの。

↓2012年12月13日。井の頭公園
d0146854_21131554.jpg

エノキの根元にいたが、葉はエノキではない。
背中の突起が4対あるように見えるが、2対目は突起ではないのだろう。
尾端は開いている。

ヨコヅナサシガメ
↓2012年11月20日。井の頭公園。
d0146854_211716100.jpg

あいかわらず、健在。

コミミズクの幼虫
↓2012年12月7日。井の頭公園。
d0146854_21283053.jpg


以上幼虫越冬。

オオカマキリの卵鞘
↓2012年11月24日。善福寺公園。
d0146854_21184126.jpg

↓2012年12月13日。井の頭公園。
d0146854_21185166.jpg

オオカマキリは目線の高さぐらいのところに卵鞘を産む。
卵越冬だ。

クヌギカメムシの産卵
↓2012年12月1日。井の頭公園。
d0146854_21204748.jpg

クヌギカメムシの卵は2月ごろ孵化するので、卵・幼虫越冬だと言える。

クサカゲロウの仲間
↓ヤマトクサカゲロウ。2012年11月24日。井の頭公園。
d0146854_212339100.jpg

↓カオマダラクサカゲロウ。2012年12月13日。井の頭公園
d0146854_21252756.jpg

それぞれ、成虫越冬だ。
成虫越冬のものでは、テントウムシの仲間も目にする。

蛹越冬のものは、なかなか見つからない。見つかりにくいところで蛹化するからだろう。

観察中のアオスジアゲハの幼虫は、未だ蛹化せず、寒さで弱ってきているがまだ生きている。
しかし、たぶん、蛹化までは至らないだろう。
[PR]

by 2008oharu | 2012-12-13 21:33 | その他の昆虫 | Comments(2)

夜の昆虫たち① セミ編

夏は、夜の昆虫たちを観察する機会が多い。
主役はなんといってもセミたちの羽化。

セミの羽化は夜でなくても見られるのだが、やはり夜に一番確実に見られる。

以下は夜ではなく3時前後に見られたニイニイゼミの羽化。

↓背中が割れて、気門が切れるまで。2012年8月5日。井の頭公園
d0146854_17431129.jpg
d0146854_17433260.jpg
d0146854_17435423.jpg

↓同日同場所の別個体。幼虫の殻から出る場面。擬木柵で羽化している。
d0146854_17451139.jpg
d0146854_17453271.jpg
d0146854_17453358.jpg

ニイニイゼミは、木の幹の比較的低い位置で羽化する。

アブラゼミの場合。
↓背中が割れる。2012年8月4日午後8時前後。善福寺公園
d0146854_17482844.jpg

↓反り返って気門が切れるところ。2012年8月11日8時前後。井の頭公園
d0146854_17492920.jpg

アブラゼミは、木の葉裏で羽化することが多い。

ツクツクボウシの場合
↓2012年8月5日8時前。井の頭公園
d0146854_17502785.jpg


羽化の時に落下したり、力尽きたり、天敵に襲われたりして命を落とすものも多いので、
無事に羽化したのを見ると、ついほっとする。
これから2~3週間、子孫を残すために必死で鳴き、相手を見つけ、産卵するのだ。
[PR]

by 2008oharu | 2012-08-23 17:58 | その他の昆虫 | Comments(0)

ニイニイゼミとヒグラシ

今年の蝉の羽化は遅めという話もあるが、ニイニイゼミは6月30日に初鳴きが記録されている。
ミンミンゼミは7月15日、ヒグラシも7月15日、アブラゼミは7月19日、そしてツクツクボウシさえ、7月17日に聞かれているので、クマゼミ以外はすべて一応出そろっている。


このうち私が姿を確認したのは、現時点ではニイニイゼミとヒグラシ。

↓今季最初に見たニイニイゼミ。2012年7月13日。井の頭公園
d0146854_21532542.jpg

木の根元の土の部分で羽化していて、果たして正常に翅が伸びるのか危ぶまれたが、
しばらくしていってみたら、いなくなっていた。

その後、乾燥した日が続き、幼虫のまま干からびたり、羽化に失敗したような個体がいくつか見られた。

その後、正常に羽化している個体が増えてきて、鳴き声も元気に聞こえるようになった。
↓正常な羽化中の個体。2012年7月22日。井の頭公園。
d0146854_21563074.jpg

↓ほぼ翅が伸びきった個体。2012年7月18日。玉川上水縁。
d0146854_2156395.jpg

セミの羽化というと夜に行われると思われているが、ニイニイゼミはよく昼間に羽化しているが見られる。

↓穴から顔をのぞかせているヒグラシの幼虫。2012年7月18日。井の頭公園。
d0146854_2202344.jpg

この幼虫は2日間こういう状態で見られたが、その後いなくなった。
穴から出てきたのか、また潜り込んだのかは不明。

↓雨の日のヒグラシ。2012年7月21日。井の頭公園。
d0146854_222527.jpg
d0146854_223449.jpg
d0146854_2231379.jpg
d0146854_2232357.jpg

この日は時折雨が激しく降るような日だったが、同じ広場のあちこちで4個体のヒグラシを見た。
すべて、地面から50cm前後の高さでじっとしていた。

↓ヒグラシの羽化。2012年7月22日。井の頭公園。
d0146854_22738.jpg
d0146854_2271848.jpg

今日も雨こそ降ってはいなかったが、日差しのない一日だったからか、
ニイニイゼミがあちこちで羽化中、その中にヒグラシも羽化していた。時間は昼過ぎ。

これからまた真夏日になるはずで、ミンミンゼミやアブラゼミの羽化、鳴き声も聞かれるだろう。
果たしてクマゼミの姿は見られるだろうか。
[PR]

by 2008oharu | 2012-07-22 22:11 | その他の昆虫 | Comments(2)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30