カテゴリ:総合( 47 )


葉裏の虫チェック


ここ数年、目につく昆虫が少ない冬場には、ヤツデやアオキなどの葉裏をめくって小さな越冬昆虫を探すくせがついている。

今年も何日かやってみた結果

まず、比較的目につきやすいクロスジホソサジヨコバイ

d0146854_21475440.jpg
d0146854_21484695.jpg
どちらも右が頭だが、左に目があるような模様になっている。しかも黒い筋も入っていて、脚のようにも見える。頭を襲われたら致命傷になるが、後の翅なら軽傷で済むかもしれない。しかし、この1cmあるかどうかの小さい虫の天敵は何なのだろうか。目の良い天敵でないと、この擬態も効果はなくなってしまうので、やはり小鳥なのだろうか。
d0146854_21544015.jpg
この少し小型の赤い部分がない個体はオスだと言われているが、そうではないという説もある。
d0146854_21554781.jpg
これは幼虫。写真ではわかりにくいが、やはり右の腹の先に目に擬したような黒い点がついている。

このちょっと見応えのあるムシは、ヒゲナガサシガメの幼虫。

d0146854_21565742.jpg
この成虫は夏に見ている。
d0146854_21582531.jpg
幼虫の方が面白い。あまりサシガメらしい獰猛さがない。

チャタテムシの一種

d0146854_22010302.jpg
d0146854_22005836.jpg

チャタテムシの仲間は何種か見ているが、なかなか名前が判明しない。
これから産卵して幼虫なども見られるはずだ。

アミメクサカゲロウ
d0146854_22061902.jpg
クサカゲロウの仲間は成虫越冬が多く、これから擬木柵などでよく見られるようになる。しかし、これも名前の判別はなかなか難しい。小さいので識別点が分かるような写真も撮れないことが多い。アミメクサカゲロウは分かりやすい方だ。





[PR]

by 2008oharu | 2016-12-17 22:08 | 総合 | Comments(0)

ホソミオツネントンボ他

ホソミオツネントンボの存在はかなり前から知ってはいた。
最初に見たのは自宅の庭で越冬態勢に入る状態の個体だった。(2003年)
その後も近所の公園で茶色っぽい地味な色合いになった晩秋の個体は見ている。
ネットなどで見ると、繁殖期にはとてもきれいなブルーになるようなので、ぜひ一度見たいと思っていた。

今回、ヘムレンさんたちが高原行きに誘ってくださったのは、そもそもこのホソミオツネントンボの繁殖場所を教えて下さることが主な目的だった。

ホソミオツネントンボのオス
d0146854_8463257.jpg

d0146854_8464162.jpg

そこの葦の茂みには、ホソミオツネントンボのオスが集中的に集まっていて、テリをはりながら、メスを待っているようだった。
ターコイズブルーがとても美しい。

ペアリング状態も見られた。
d0146854_8484376.jpg
d0146854_8485343.jpg

メスの方が少し淡い色だ。
念願がかなってうれしかった。
ヘムレンさん・みき♂さんに感謝です。

ヒメクロサナエ
d0146854_8503824.jpg

チョウを探しているときに目に入ったサナエトンボ。
サナエトンボは似たものが多くて、図鑑とにらめっこしないとなかなか識別できない、ヒメサナエかなとも思ったが、ヒメクロサナエということだった。

トラガ
d0146854_8523712.jpg

コトラガは以前に東京の郊外で見ているが、トラガは初めて。

キイロモモブトハバチ(キイロアシブトハバチ)
d0146854_85481.jpg

大きなハチだ。
一瞬、ハチに擬態しているスカシバガの仲間かと思ったが、頭を見ると蛾ではなく、本家のハチだとわかった。
似たものが多いので、種名は確信をもてないが、コンボウハバチ科のハチであることは間違いないだろう。

その他、トンボのアカネ類(ミヤマアカネやマユタテアカネ・アキアカネ)、カブトムシ、シチョウのータテハやコムラサキ、バッタ類、種名の判明していない蛾なども見た。
たくさんの新しい虫たちが見られ、充実した遠征だった。
改めて、誘ってくださったヘムレンさん、みき♂さんに感謝です。
[PR]

by 2008oharu | 2016-07-13 09:02 | 総合 | Comments(2)

北海道で目にした昆虫

今年も鳥観が目当てで北海道へ行った。
北海道には本州では見られないチョウがたくさんいるので、もしかしたら見られるかもとちょっと期待もあったが、結果は惨敗。たまに何だかわからないチョウが飛んでいたが、確かめる時間もなく、諦めた。

そんな中で偶然目にしたわずかな昆虫を紹介。

ミヤマクワガタ
d0146854_13214127.jpg

d0146854_13214960.jpg

マイマイカブリ
d0146854_13232852.jpg

山間の宿で早朝蛾をチェックしたが、あまり収穫はなかった。

モンキシロシャチホコ
d0146854_1325014.jpg

d0146854_1325958.jpg

他にも数種地味な蛾がいたが、状態がきれいではないので省く。

たまに白い蝶が止まったりするので、撮ってみた。

エゾスジグロシロチョウか。
d0146854_1326416.jpg

ピクセル等倍に拡大してみると、エゾシロチョウかもと思われるチョウ。
d0146854_13274726.jpg

ヤマキマダラヒカゲかサトキマダラヒカゲか迷うキマダラヒカゲ
d0146854_13283952.jpg

というような具合で、めぼしい収穫なしに終わった。
二兎を追うものは一兎も得ずなので、今回は鳥撮りに専念した。
[PR]

by 2008oharu | 2016-07-09 13:30 | 総合 | Comments(2)

迎春

新年おめでとうございます。

d0146854_20411594.jpg

昆虫たちには暮れも正月も関係ない、というわけでもないが、私自身が暮れだから正月だからと観察を休むとかえって落ち着かないので、元旦にもちょっとフィールドを回ってみた。

越冬中のウラギンシジミは残念ながらどんどん減ってきている。
少なくとも昨年から押さえておいたポイントには次々といなくなった。
最盛期には11頭いたのだが、現在つかんでいるのは6頭だけだ。
まだ春は遠い。どれだけのウラギンが無事に春を迎えられるのだろうか。

d0146854_20464433.jpg

ムラサキツバメ(含むムラサキシジミ)の集団は、暮れには3か所見つかっていた。
それが今日(2日)には、なんと1か所になってしまった。
その1か所に少なくとも8頭(もしかしたら9頭)集まっている。
移動したのならいいのだが。

この冬はかなりの暖冬なので、越冬状態が不安定になっているのだろうか。

フユシャクはあいかわらず少ない。クロオビフユナミシャクのメスも見ないで終わりそうだ。

アオモンツノカメムシは、今現在も成虫越冬しているものと、卵越冬しているものがいる。

d0146854_2053971.jpg

暮れにうろついていたキボシカミキリは今日もうろついていた。

d0146854_20541888.jpg
d0146854_2055539.jpg

これも暮れに見かけたスカシカギバの幼虫2頭。こんな場所で越冬し続けるのか。

それぞれ、今年も継続観察していきたい。
[PR]

by 2008oharu | 2016-01-02 20:58 | 総合 | Comments(2)

沖縄で見た昆虫(チョウ以外)

宿舎の玄関先チェックでは、蛾の大物を期待していたが、残念ながら小物しか見当たらなかった。
コガネムシの仲間がおびただしく集まっていて、踏みつぶしそうになる中、体形がコガネムシでないものが目に入りチェック。コガネムシ大のカメムシだ!

d0146854_624150.jpg

実はこの旅行中、いつも昆虫などを接写するとき使っていたリコーCX6が作動しなくなってしまい、しかたなく鳥を撮るための望遠レンズ(100-400mm)で撮るしかなかったので、せっかくの獲物もうまく写せなかった。
なにしろ暗いのでセンサーが働かず、しかも1m離れて小さな被写体を撮らなければならない。
感度を目いっぱいあげ、フラッシュを使ってなんとか撮ったのがこれ。

図鑑でしか見たことがなかったナナホシキンカメムシだ。(もっときれいに撮りたかった…。)

床にちょっと模様が面白そうなコガネムシがいた。
d0146854_6294862.jpg

オキナワシロスジコガネというらしい。これも同様にぼやけた写真になってしまった。

さらに、何やら不思議な体形で止まっている虫
d0146854_6305732.jpg

これは、オキナワツノトンボだった。

こちらはケラだ。
d0146854_6315718.jpg

小さな蛾もたくさん撮ったが、ぼやけていて識別ができない。

日中車からおりて探鳥中に目にしたもの。

遠くから鮮やかな黄緑色の甲虫らしきものが目に入り、あわててカメラを向けた。

d0146854_6344777.jpg

タマムシの仲間だ。ネット上で見た覚えがある。家に帰って調べると、アオムネスジタマムシらしい。これは昼間だったので、望遠レンズでもわりときれいに撮れた。

蝉がたくさん鳴いていた。鳴き声は聞きなれないものが多い。
蝉の姿は通りすがりにはなかなか見つけられないが、1種だけ目に入った。

d0146854_6374976.jpg

本土のアブラゼミそっくりだが、鳴き声が違う。たまたま図鑑を持っていらした方がいたのでチェックしてみると、胴体の模様からリュウキュウアブラゼミだとわかった。

そのほか、トンボもいっぱい飛んでいたが、止まらないので通りすがりでは撮れなかった。遠目でも識別できたのは、オキナワチョウトンボ。これは撮りたかった!
バッタ類もたくさんいたし、夜はホタルも光っていた。

おまけ:昆虫でない生き物
リュウキュウカジカガエル
d0146854_642257.jpg

夜の探鳥時にたくさん鳴いていた。きれいでかわいい。

イシカワガエル
d0146854_6423966.jpg

これもきれいな色と模様のカエルで、珍しいらしい。朝虫をチェックしているときに見つけた。ガイドさんに見せたら、喜んで写真を撮っていた。

目にできたのはほんの一部だったが、本土では見られないものが見られて楽しかった。
[PR]

by 2008oharu | 2015-06-18 06:49 | 総合 | Comments(2)

北海道にて

鳥見目的で北海道へ行った。
もしかして蝶も見られるかもしれないと事前に出現時期や種をチェックはしておいたのだが、朝夕はダウンジャケットが必要なほどの冷え込みで、チョウの動きはほとんどなかった。
しかし、最後の日、鳥待ち時間に晴れて気温が上がったせいか、いきなり何種かの蝶が飛び始めた。

ヒメギフチョウ

d0146854_8461641.jpg

辺りにはカタクリやミズバショウエゾエンゴサクなどが群生していたが、そのカタクリにイメージ通り止まってくれた。ただし、出現時期の後半だったので、どの個体も翅が擦り切れたり、欠けたりしていた。

d0146854_8462818.jpg

たぶん、オスがメスにアタックしているのだと思うが、不成立。

d0146854_8463853.jpg

ときどき、地面に降りて翅を広げ、日光浴する。

コヒオドシ

d0146854_851112.jpg
d0146854_8511071.jpg

コヒオドシは成虫越冬で、この時期見られるのは越冬明けの個体だ。昨年同じぐらいの時期に上高地でコヒオドシの越冬明け個体をたくさん見たが、ちょうど同じような状態なのだろう。翅はやはり千切れている。

シータテハ

d0146854_8533042.jpg

このワンカットしか撮れなかったので、見たときは確認できなかったが、模様の入り方からシータテハだろうと思う。これも成虫越冬。

その他、一番よく目にしたシロチョウは、スジグロシロチョウだったので、割愛。アゲハチョウも飛んでいた。

チョウではないが、ふと足元を見て気付いた他の昆虫。

エゾハサミムシ
d0146854_975825.jpg

マダラアカカメムシ
d0146854_982841.jpg

エゾアカクマアリ?
d0146854_9102367.jpg

じっくり撮ることができない状況だったので、どれも不鮮明だし、同定にも確証はない。
その他、ゾウムシも見たが、全身を撮ることができなかったので割愛。

2度と行けるとは限らないので、まがりなりにもヒメギフチョウが見られてよかった。
[PR]

by 2008oharu | 2015-05-29 09:14 | 総合 | Comments(2)

上高地にて

今夏も友人と日帰りで上高地へ行った。
ついでに昨年見られなかった蝶が見られたらいいなと淡い期待があったが、その蝶ばかりでなく、全体的に、昆虫を見る機会はほとんどなく、ハイキングを楽しんだだけに終わった。

一応見られた蝶は、昨年遠くで見たコヒョウモンが一番多かった。ついでウラギンヒョウモン・エルタテハなど。
蝶たちは元気が良すぎてなかなか止まらず、時間が限られた中では、満足に撮れたものはない。

↓コヒョウモン表 2014年7月31日。上高地にて
d0146854_91012.jpg

↓コヒョウモン裏(昨年は裏翅が撮れなかった) 同日同場所
d0146854_913027.jpg

↓ウラギンヒョウモン(翅が切れている) 同日同場所
d0146854_92278.jpg

インフォメーション・センターで尋ねたところ、目当ての蝶は、前日は見られたとのこと。
来年(機会があれば)は、やはり泊りがけで行って、午前中に探したほうが可能性がありそうだと思った。

行きの途中、道の駅に立ち寄ったとき、トイレや自販機周辺で見た蛾のいくつか。

↓アミメリンガ(きれいだ) 2014年7月31日 長野県
d0146854_951045.jpg

↓ベニヘリコケガ 同日同場所
d0146854_955393.jpg

↓キマダラオオナミシャク 同日同場所
d0146854_962698.jpg

↓アカスジシロコケガ(高尾でも見たような) 同日同場所
d0146854_981018.jpg

↓マイマイガの仲間(オス)翅の模様が擦れているので識別できない  同日同場所
d0146854_985390.jpg

トイレ休憩の数分内で撮りまくっていたら、休憩中のご婦人に「変わった趣味ね。」と言われてしまった。

私としては、トイレ休憩がもう少し長かったらよかったと思うのだが。

↓昨年も見たシャクガ(スグリシロエダシャクか) 上高地にて
d0146854_9105321.jpg


東京は暑すぎて、出歩くのもためらう日々。夏はやはり高原がいい。
[PR]

by 2008oharu | 2014-08-04 09:16 | 総合 | Comments(2)

井の頭池の昆虫

ただ今井の頭池はかいぼり中。
その池の中には、どんな昆虫がいるのか興味があったのだが、特に珍しいものは見つからなかったし、見つかったものの種類はとても少ない。

●トンボ類

↓コシアキトンボのヤゴ
d0146854_21514610.jpg

ご存知の都会の公園の池にはたいてい見られる普通種。
今までも毎年成虫もヤゴも確認しているし、産卵しているところも見ている。

↓コシアキトンボの成虫
d0146854_21523173.jpg


↓オオヤマトンボのヤゴ
d0146854_21533790.jpg

このトンボのヤゴも、わりと井の頭池には多く見られる。
成虫は、なかなか止まらないので、写真には撮れないのだが、昨年池の縁の柵で羽化しているところを見ることができた。

↓オオヤマトンボの羽化 2013年5月25日 井の頭公園
d0146854_21551350.jpg

羽化中は色が薄いが、完全に成虫になると、縞模様がはっきりしてくる。

↓善福寺で捕えられたオオヤマトンボ
d0146854_21574544.jpg

なかなか大きいトンボだ。

↓モノサシトンボと思われるヤゴ
d0146854_21583431.jpg

小さくて、不鮮明なので確証はないが、たぶんモノサシトンボだと思う。

↓モノサシトンボの成虫
d0146854_21592871.jpg

モノサシトンボも井の頭公園では毎年見られるごく普通種。

↓ウチワヤンマのヤゴ
d0146854_220198.jpg

ウチワヤンマのヤゴは池の深いところにいるので、なかなか観察できないと言われているが、かいぼりのおかげで初めて見ることができた。
ウチワヤンマも珍しいトンボではなく、かっては毎年井の頭池でも見られたのだが、ここ2~3年目にしていなかった。それでも幼虫がいたということは、わずかながら生息していたのだろう。

↓ウチワヤンマの成虫 2007年6月13日 井の頭公園弁天池
d0146854_224714.jpg

ウチワヤンマは、ヤンマという名前がついているが、サナエトンボの仲間である。

●その他の昆虫
↓センブリの仲間の幼虫(おそらくネグロセンブリ)
d0146854_2252463.jpg

↓ネグロセンブリの成虫
d0146854_2255238.jpg

この幼虫はわりとたくさん見つかった。

↓ガガンボの幼虫
d0146854_2264719.jpg

水中をうごめくイモムシ型の幼虫だ。種名を幼虫から識別することはかなり難しいらしい。

↓マダラガガンボの成虫
d0146854_2282254.jpg

公園内でよくみかけるガガンボだが、果たしてこれかどうかはわからない。
[PR]

by 2008oharu | 2014-02-05 22:11 | 総合 | Comments(0)

カバマダラとヒメヤママユ

秋のプチ遠征

●カバマダラ

「フィールドガイド 日本のチョウ」によれば、カバマダラは「かっては南西諸島南部のみに土着していたが、分布は徐々に北上し、近年では北九州南部でも定着しつつある。これは食草の植栽とオン高の両方が原因とされる。飛翔力は高く、よく本州や四国で記録され、一時発生する。」とある。

この記載の通りなのか、神奈川県でカバマダラが発生しているときいて、見に行ってみた。

↓カバマダラのオス 2013年10月11日。神奈川県
d0146854_20344476.jpg
d0146854_20345349.jpg
d0146854_2035072.jpg

風がとても強い日だったので、とても撮りにくかった。
日によってはもっと多くこの場所にいたそうだが、この日は2~3頭しか見られず、すべてオスだった。
産卵している場所もあると聞いたが、とにかく遠かったので探す体力もなく、これだけ撮って帰ってきた。

カバマダラは体内に毒を持っている蝶の一種だ。
同じく体内に毒を持つ蝶に、スジグロカバマダラがいる。

↓スジグロカバマダラ。2007年6月26日。多摩動物園昆虫館
d0146854_2039314.jpg

黒い線が入っている以外はカバマダラにとてもよく似ている。ミューラー型擬態なのだろう。

これに対し、体に毒は持っていないが、カバマダラによく似た色模様をしている蝶がいる。

↓ツマグロヒョウモンのメス。2004年8月16日。武蔵野公園
d0146854_20444173.jpg

これは、毒がないのに毒があると思わせるベイツ型擬態。

この日カバマダラのすぐそばにヒメアカタテハがいたが、人の目にはやはり一瞬カバマダラかと思わせる模様に見えた。

↓ヒメアカタテハ。2013年10月11日。神奈川県
d0146854_20475658.jpg


ここのカバマダラは夏に産卵されたものが羽化した個体だそうで、さらに産卵行動をとっているが、たぶん冬は越せないだろうと聞いた。
生き物たちはそれでも、常に挑戦を続ける。そして、いつかこの地にも定着するようになるかもしれない。
ネットを振り回し、この珍しい蝶を撮ったり、卵や幼虫を採集する人間たちがそれを阻む可能性もあるが。

●ヒメヤママユ

昨年ウスタビガに出遭ってすっかりヤママユガの仲間に魅了されたにもかかわらず、結局ヤママユもクスサンも見ることなく秋が深まってしまった。
そこで、昨年、ヒメヤママユが見られる場所を教えていただいたのを思い出し、せめてこの1種は見ようと足を運んだ。

↓ヒメヤママユのオス。2013年10月30日。八王子市
d0146854_20553564.jpg
d0146854_2055451.jpg

電柱の発光部に近い高い位置にいたので、見上げる形でしか写真は撮れなかったが、とにかく見ることができて、とてもうれしかった。
色合いがとても美しい。

もう1匹は、さらに絵にならない場所にはりついていた。
↓ヒメヤママユ。同日。別の電柱。
d0146854_20555961.jpg

お腹の先がおかしいように思えるが、こういうものなのかどうかよくわからない。

灯火に集まるのはオスのみと書かれているのを見たが、どうなのだろうか。
後翅が重なっていて見えないのがさらに残念だ。
後翅を見せて止まる場合と、このように重ねて止まる場合の違いは何なのだろうか。

来年はもっと早く見に行って、いろいろ観察してみたい。
[PR]

by 2008oharu | 2013-11-01 21:09 | 総合 | Comments(0)

上高地で出遭った蛾・その他

●キタスカシバ
d0146854_20544645.jpg

いっしょに散策していた友人が、「スズメバチがいる!」と言うので見たら、ほんとうにスズメバチそっくりのスカシバガが止まっていた。家に帰って調べたら、キタスカシバらしい。
以前善福寺で撮ったコシアカスカシバの擬態もかなりだったが、それを上回る擬態ぶり。

●ツガカレハ
d0146854_20573865.jpg

これも友人が「何かがいる」と言ってくれたので気づいた。
家に帰って調べてもなかなか名前が判明せず、ネット上で教えてもらってやっと判明。確かに最初みたときマツカレハに似ていると思ったが…。
きれいで立派な蛾だ。

●ヒョウモンエダシャク
d0146854_2104147.jpg

ちょっと止まり方に難があり、きれいに撮れない。

●スグリシロエダシャク?
d0146854_2113036.jpg

図鑑やネットに載っているものは、もう少し色が濃いので自信がないが、模様の入り方は合っていると思う。

蛾では、他にキンモンガらしきものが飛び回っていたが、一度も止まらず、撮れなかった。

●ハネナガフキバッタ?
d0146854_2141520.jpg
d0146854_2142399.jpg

高尾などで出遭うフキバッタの仲間は、同定が難しく諦めていたが、このように翅が長いものはたぶんハネナガフキバッタぐらいなのだと思う。他の部分も図鑑で見るとそれらいい。

●ミヤマアカネ
d0146854_216526.jpg

ミヤマアカネは先日井の頭公園でも見たばかりだが、このように真っ赤に成熟した個体を見たのは初めて。何匹かいて、赤くないのもいた。

たった3~4時間ぐらい散策しただけでもずいぶんいろいろ見られて楽しかった。ぜひまた行きたい。
[PR]

by 2008oharu | 2013-08-07 21:10 | 総合 | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30