<   2009年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧


アミメクサカゲロウ?

鳥を観察中に、ふと見ると、緑色の虫が4枚の翅をぱたぱたを弱々しく動かしながら飛ぶの目に入った。止まったところを見ると、クサカゲロウを大きくしたような虫だ。自然にアミメカゲロウという名前が浮かんだのは、前にどこかで見たことがあったからだろうか。

家に帰って撮った写真をもとにいろいろ調べてみたが、絶対これだといえる確証はなかった。一応アミメクサカゲロウということにしておく。

↓アミメクサカゲロウ。2009年1月11日。小金井市の公園にて。
d0146854_2147259.jpg
d0146854_21472016.jpg


大きさ的にはアミメクサカゲロウぐらいだし、触覚がとても長いという特徴も合致するのだが、アミメクサカゲロウだとすると、翅に黒い斑紋が1対あるそうだ。それがよく確かめられない。

どちらにしても、アミメカゲロウ目で、成虫越冬する種類であろう。天気がよく陽だまりでは暖かく感じられるので、動いていたのかもしれない。
[PR]

by 2008oharu | 2009-01-12 21:50 | その他の昆虫 | Comments(0)

ムラサキシジミ

ちょっと足を伸ばした郊外の緑地で、陽光を浴びて輝くムラサキシジミを見た。

↓ムラサキシジミの♂。2009年1月6日。多摩市
d0146854_9381822.jpg
d0146854_9383162.jpg


昨年、このブログをスタートしたとき、最初に取り上げた昆虫もムラサキシジミだった。

↓昨年最初ののムラサキシジミの記事
ムラサキシジミ越冬中

今の時期でも、注意深く観察すれば、他の昆虫も見つかるはずなのだが、冬は鳥の方へ関心が向かってしまうため、特に目に付くものしか観察しなくなってしまう。ムラサキシジミは翅を開くととてもよく目立つので、ついこの時期の定番になってしまうのだ。

ほんとうは、目立たないところで、翅を閉じて集団で越冬している姿を見つけたいものだ。
[PR]

by 2008oharu | 2009-01-07 09:41 | | Comments(0)

迎春

謹賀新年!

d0146854_939510.jpg


公園昆虫記をスタートして、1年が経った。

マイ・フィールドで目に付いた昆虫を片端から記録しただけの雑書きでしかないが、それでもいろいろな発見や疑問が自然と湧いてくる。
一つは生物の多様性を実感できること、もう一つは人間の営みなどの環境問題(温暖化・自然破壊など)が自ずと目に見えてきてしまうこと。

今年はどんな発見があるだろうか。
このマイナーなブログに目を通してくださった方々に感謝しつつ、今年もぶつぶつとつぶやきつつ、観察し続けてみたいと思う。
[PR]

by 2008oharu | 2009-01-02 09:41 | 総合 | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31