<   2009年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧


アカボシゴマダラ 大繁殖の謎

外国産のアカボシゴマダラは、昨年にも増して今季、大繁殖しているようだ。
この夏、観察に出た日はほとんど毎回その姿を目にする。それも何頭も。

特に意識して観察したわけではないが、この大繁殖の理由を推測してみる。

東京のマイ・フィールドでは、まず越冬開けの第1化が5月中旬からよく見られるようになった。5月に観察したものは、みな斑紋が白い個体であった。

↓産卵する春型のアカボシゴマダラ。2009年5月19日。
d0146854_1403899.jpg


6月は、成虫は見られなかった。春型は産卵後寿命を終え、次の世代はまだ羽化していないからだろう。
6月下旬には、まるまる太った終令幼虫を見る。

↓アカボシゴマダラの終令幼虫。2009年6月23日。
d0146854_1465137.jpg

昨年越冬開けの幼虫を飼育したときは、蛹化から羽化までたった9日間だった。
上の終令幼虫は、26日にもまだ幼虫だったが、その後見失う。どこかで蛹になったとしたら、7月上旬ごろには羽化すると考えられる。

実際に私がマイ・フィールドで2化目を写真に撮ったのは7月14日だった。遠くで飛んでいる姿を見たのはもっと前だったように思うのに、記録を残さなかったのは残念。

↓赤星のあるアカボシゴマダラ。2009年7月14日。
d0146854_1415478.jpg

このときから8月25日まで、ほとんど途切れることなくアカボシゴマダラを観察している。産卵・卵・幼虫・蛹のすべての段階もこの間観られた。

↓卵
d0146854_14194895.jpg

↓蛹
d0146854_14203525.jpg


このことから、夏は成長が速いと考えられるので、7月~8月の2ヶ月間で、2化だけでなく3化も出現しているのではないかと予測される。

そして、アカボシゴマダラを飼育している地元の自然観察園で尋ねたところ、やはり8月下旬に見られる成虫は3化目であることが確かめられた。
今産卵している卵は、秋に4化目として出現し、もう一度産卵してその幼虫が越冬する可能性が強い。昨年アカボシゴマダラの成虫を最後に見たのは、なんと11月2日だった。

ネットで中国産のアカボシゴマダラの生態を調べてみたのだが、資料は見当たらなかった。
中国の広範囲に生息と書かれたサイトもあったが、中国の北のほうはかなり寒いはず。北限はどのへんなのだろう。どのくらい寒さに耐えられる蝶なのだろう。そういったことも知りたいものだ。

日本の奄美産のアカボシゴマダラは、暖かい地方限定なので、図鑑によれば3月~10月まで見られ、年4化~5化だという。ヒートアイランド東京では、少なくとも4化は確実なのではないか。

自然観察園でもう一つ確かめたのが、寄生蜂の存在だ。
以前調べたとき、ゴマダラチョウの越冬幼虫は、ほとんど寄生されていると書かれたサイトがあった。
アカボシゴマダラはどうなのだろうか。観察園では、寄生されたものはなかったそうだ。

これもネットで調べたことだが、越冬開けのアカボシゴマダラのメスを飼育して産卵させたところ、1頭が400個の卵を産んだという。

以上のようなことから、アカボシゴマダラの大繁殖の理由を推測してみると、

1.成長のサイクルが短く、年4化以上出現する。
2.1頭の産卵数が多い。(と言っても、ほかの蝶がどれだけ産むのか調べていないので比べられないが。)
3.外国産なので、寄生蜂などがいない。

現時点では、ゴマダラチョウが減ったかどうかはわからない。
ゴマダラチョウは、前からそれほど多く見られる蝶ではなかったので、たぶん、今のところゴマダラチョウの数は今までどおりなのではないか。
ただ、アカボシゴマダラがあまりに多く見られるので、比較すると少なく思えるのだろう。

以上は、科学的に調べたわけではなく、あいまいなデータに元づく推測にしか過ぎない。

追記:
今日は、自然観察園へ行って、上の予測が覆されたのを知った。
アカボシゴマダラがアオムシコバチに寄生されたのだ。
蛹からたくさんのコバチが生まれてきたところを見せてもらった。

[PR]

by 2008oharu | 2009-08-31 14:47 | | Comments(4)

8月の蝶たち セセリチョウ・シロチョウ・その他の蝶編

マイ・フィールドでこの夏見ていないのが、テングチョウ。真夏は休眠すると聞いているが、とにかく高尾以外では春からこの方ずっと見ていない。

すでに見たという人がいるのに、私は目にしていないのがアサギマダラ。毎年マイ・フィールドで北から孵ってくる個体が見られるのだが。

セセリチョウ類では、イチモンジセセリがすごく増えてきている。
↓イチモンジセセリ。2009年8月23日。玉川上水縁。
d0146854_21411818.jpg

白い斑紋が4つ一列に並んでいる。

↓チャバネセセリ。2009年8月26日。玉川上水縁。
d0146854_21424471.jpg

毎年秋(9月~10月)に多く見られる蝶。少し早いかも。
白い斑紋が、弧を描くように並んでいる。

↓キマダラセセリ。2009年8月19日。玉川上水縁
d0146854_21492756.jpg

キマダラセセリは6月の蝶のイメージがあるが、今でも見られる。しかし、とても小さい個体がいたり、色もあせて見えるのは、なぜか。

他にダイミョウセセリも見られたが、写真には撮っていない。ヤマノイモやオニドコロなどの葉に幼虫が見られる。

シロチョウ類は、8月はそれほど多くは見られない。秋になるとまた増えてくる。
↓キチョウ。2009年8月26日。丸池公園
d0146854_21524269.jpg

キチョウはハギに産卵するので、萩の咲く頃多いように感じる。こちらは、蜜を吸っている個体。

↓モンシロチョウ。2009年8月26日。丸池公園
d0146854_21533258.jpg

モンシロチョウは、8月はそれほど多くはない。これからまた増えてくるだろう。

↓モンキチョウ。2009年8月26日。丸池公園
d0146854_21542534.jpg

モンキチョウも過去の記録では、秋に入ると増える。

スジグロシロチョウは、見ていないように思う。秋になると、今年最後の成虫が出現してくるだろう。
[PR]

by 2008oharu | 2009-08-30 22:02 | | Comments(0)

8月の蝶たち タテハチョウ編

8月に一番多く見られたのは、なんと言ってもアカボシゴマダラなのだが、この外来種については、別に書くことにする。

ツマグロヒョウモン・ルリタテハ・キタテハ・ヒメアカタテハ(8月後半から見られるようになる)・コミスジ・コムラサキ、ジャノメチョウ類では、サトキマダラヒカゲが最盛期のようだが、もちろんヒカゲチョウ・ヒメジャノメも見られる。

昨年見られたのに、今年は見られないのが、アカタテハ。今年近所で初めて確認できたのは、クロコノマチョウ(幼虫)。いつもはN公園どまりだったのだが。

↓ツマグロヒョウモン。2009年8月23日。タチツボスミレに産卵中のメス。善福寺
d0146854_2232419.jpg

↓ブッドレアで吸蜜中のメス。2009年8月25日。立野公園。
d0146854_2253423.jpg

東京は、ツマグロヒョウモンにとって、とても棲み心地のよい環境らしい。

↓ルリタテハ。2009年8月21日。玉川上水縁のクヌギにて。
d0146854_228247.jpg

ルリタテハは、増えもしなければ減りもしない感じで安定している。

↓キタテハ。2009年8月24日。玉川上水縁のカナムグラが生えている場所にて。
d0146854_22104210.jpg

キタテハは、まだそれほど多くは見られない。これから増えていくのだろうか。

↓コムラサキのオス。2009年8月23日。善福寺
d0146854_22122430.jpg

2化目だろうか。この付近で毎年見る。

↓ヒメアカタテハ。2009年8月26日。丸池公園
d0146854_2214866.jpg

今季初撮りかも。これから増えてくる蝶だろう。

↓コミスジの蛹。2009年8月25日。武蔵野市の自然観察園にて。
d0146854_22155567.jpg

コミスジは、たくさん見られる蝶であるが、今年は幼虫や蛹をあまり見つけなかった。
昨年見つけた蛹は、たいてい寄生されていたが、この観察園の蛹は無事のようだ。

↓サトキマダラヒカゲ。2008年8月18日。玉川上水縁
d0146854_22181077.jpg

今一番多いジャノメチョウ類。クヌギの樹液によく来ている。

↓クロコノマチョウの幼虫。2009年8月25日。玉川上水縁。
d0146854_22201564.jpg

上水縁では初めて見たのだが、その後行方不明。
しかし、クロコノマチョウがここまで来て産卵したことは確かだ。

↓ゴマダラチョウ。2009年8月21日。玉川上水縁のクヌギに。
d0146854_2223564.jpg

アカボシゴマダラに圧倒されているが、この蝶はもともと、それほど多く見られる蝶でもないので、減っているわけではないのかもしれない。
善福寺では、一つのエノキに三つのゴマダラチョウの蛹の脱殻を見つけた。
[PR]

by 2008oharu | 2009-08-29 22:25 | | Comments(0)

8月の蝶たち シジミチョウ編

何日か前、例年ムラサキツバメの幼虫が見つかるマテバシイをチェックしに行ったら、高い所で蝶が飛んでいるのを発見。ムラサキツバメのような色合いと大きさだったが、ひらひら飛び回っていて、証拠写真も撮れなかった。でも、産卵しているように見えた。

ついでに幼虫を探してみると、数は少ないが見つかった。
↓ムラサキツバメの幼虫。2009年8月23日。マイ・フィールド
d0146854_223245.jpg

その後、2009年8月25日には、もっと低いひこばえで産卵しているムラサキツバメを見つけた。しかし、やはり産卵場面は撮れない。休憩中の場面のみ。

↓休憩中のムラサキツバメ。
d0146854_22341154.jpg

↓ムラサキツバメの卵。同日同場所。
d0146854_22345915.jpg

産卵しているときに場所を見ておいて、あとで調べた。
今年もムラサキツバメは確実にマイ・フィールドで繁殖している。

↓ムラサキシジミの産卵。2009年8月19日。善福寺
d0146854_2237177.jpg

ムラサキシジミも8月上旬から見かけるようになったが、この日は、昨年産卵していたシラカシに今年も産卵にきていた。この木が好まれるのは、なぜだろう。幼虫時代の記憶なんてことはあるのだろうか。

↓クズの葉の上で休憩するウラギンシジミのメス。2009年8月26日。玉川上水縁
d0146854_22405854.jpg

クズの茂っている場所でウラギンシジミをよく見かける季節になった。ウラギンシジミも動きが速いか、クズの葉陰に入ってしまうかで、なかなか産卵シーンは撮れない。
よく見ると、クズの花穂も大分育ってきているので、手近な花穂をチェックしてみると、案の定、卵がついていた。

↓ウラギンシジミの卵。2009年8月24日。玉川上水縁。
d0146854_22442257.jpg

↓きれいなオスも葉陰に見えた。
d0146854_22453131.jpg


↓ハギに産卵するツバメシジミ。2009年8月26日。丸池公園
d0146854_22461736.jpg

ツバメシジミも23日、24日といろいろなところで見ている。ツバメシジミの幼虫の食草はハギの花なので、この公園のハギの木には特に多く見られた。

↓ベニシジミ。2009年8月26日。丸池公園
d0146854_22493266.jpg
d0146854_22494441.jpg

ベニシジミも多く見られるようになった。まだ夏型のようだ。

↓ヤマトシジミ。2009年8月26日。丸池公園
d0146854_2254048.jpg

ヤマトシジミも晩夏に特に多く見られる。庭ではヤマトシジミが乱舞している。

その他、どこかでルリシジミを見たような気がするが、写真は撮らなかったようだ。
[PR]

by 2008oharu | 2009-08-27 22:56 | | Comments(0)

8月の蝶たち アゲハ編

8月はアゲハ類が総ぞろいする月だ。

アゲハ・キアゲハ・クロアゲハ・カラスアゲハ・アオスジアゲハなどは、フィールドに出るたびに見かけると言ってよい。さらに、ナガサキアゲハもすっかり定着している。マイ・フィールドにはウマノスズクサが毎年必ず生えてきているので、ジャコウアゲハも確実に見られる。
今年マイ・フィールドで見られないアゲハは、モンキアゲハだ。

↓ナガサキアゲハのオス。2009年8月21日。玉川上水縁三鷹区域。
d0146854_22362691.jpg

翅を広げたままほとんど動かないので、果たして生きているのかどうか、ちょっと触って確かめてみる。ちょっとだけ動いた。弱っているのかと思ったが、ちょっと目を離した隙に姿を消したので、元気らしい。すぐそばを大きなきれいなメスが飛んできたからか。

ナガサキアゲハがよく産卵に来るかんきつ類の木があり、そこをよくチェックしているのだが、今年はそれらしき幼虫が見つからない。

↓2007年8月1日に見つけた幼虫。玉川上水縁のかんきつ類にて。
d0146854_2239225.jpg
d0146854_22393915.jpg

当時は温暖化とともに少しずつ生息範囲が北上しているナガサキアゲハが、マイ・フィールドで繁殖していることを確かめたくて、この幼虫を追跡観察したかったのだが、5令になる前に見失ってしまった。
それで、武蔵野市内の自然観察園で飼育しているナガサキアゲハの幼虫を見せてもらおうとおもったのだが、すでに蛹になってしまっていた。それでも、さらに産卵しているので、孵化したらまた見に行って、確認したい。

↓ナガサキアゲハの卵。と言っても、他のアゲハの卵とあまり変わらない。ちょっと大きいぐらいだ。
d0146854_22445194.jpg

↓ナガサキアゲハの蛹。これもやはり大きい。
d0146854_22452789.jpg

今では、東京都で繁殖していることは疑う余地もない。

今年のナガサキアゲハの記事

↓ジャコウアゲハの孵化。
d0146854_22482273.jpg

ジャコウアゲハは今現在、成虫(産卵してまわっている。)、卵・幼虫の各段階が見られるが、例年よりやや少ないように思う。

ジャコウアゲハの以前の記事

追記;
↓アオスジアゲハの卵。2009年8月27日
d0146854_22253959.jpg

成虫はヤブカラシの花などに盛んに来ている。
久しぶりにクスノキのひこばえをチェックしてみたら、いくつか卵を見つけた。

[PR]

by 2008oharu | 2009-08-26 22:50 | | Comments(0)

キリギリス

井の頭に隣接する小さな公園でキリギリスが鳴いていると聞いたときは、半信半疑だった。
昆虫観察を始めてからこの方、マイ・フィールド(井の頭公園と玉川上水三鷹区域、善福寺公園や石神井公園その他杉並・練馬・武蔵野市の小公園・野川公園など)で、キリギリスを見たことはないし、いるという話も聞いたことがないからだ。
ちなみに、杉並区が発行している「杉並区自然環境調査報告書」(第5次)によれば、杉並区から消えていった昆虫のリストにキリギリスの名前が載っている。確認されたのは、1984年以前だ。

話を聞いて、さっそく駆けつけたが、鳴き声は聞かれなかった。その後、もう一方鳴き声を聞いたという方といっしょに行ってみたが、その時もわからなかった。
でも、二人の人が聞いているのだから、いることは確かだろうと、今日はもう一度一人で行ってみたら、低く太く「ギー、チョン」という声が聞こえるではないか!
図鑑によれば、昼間鳴くとあるが、その通りだった。

声を頼りに草原に目を凝らすが、姿は見えない。逃げる姿を一瞬見るだけでもいいと思って、草原をちょっと引っ掻き回す。すると、道路際に姿を現した!

↓キリギリスのオス。2009年8月24日。三鷹区の公園にて。
d0146854_22185333.jpg
d0146854_2219446.jpg

昨年山梨県で見たキリギリス同様、茶色い個体だった。

見つけられたことはうれしいが、なぜキリギリスがこの公園にいるのだろう。
それだけ自然が豊かになったということなら万々歳だが、誰かが飼育個体を放したということも考えられる。
今後の動向を注意しなければならない例がまたできた。
[PR]

by 2008oharu | 2009-08-24 22:26 | バッタの仲間 | Comments(0)

ハイイロチョッキリ

ハイイロチョッキリを始めて見たのは、2006年7月22日。
↓玉川上水縁にて。
d0146854_2222449.jpg

たまたま葉の上に止まっていた昆虫をデジカメして、名前を調べただけのことで、そのあとすっかり忘れていた。
今年の7月、善福寺でコナラの枝がたくさん落ちているのを見て、ある方が虫が落としたのだとおっしゃったので、その虫を確か見たことがあることを思い出し、「チョッキリですね。」と答えた。あとでもう一度調べようと思いつつ、その時もそのまま忘れてしまった。

↓ハイイロチョッキリによって落とされたコナラの枝。
d0146854_22173440.jpg


旅行から帰ってくると、観察仲間の方から、ハイイロチョッキリの交尾・産卵から枝を切り落とすまでを観察できたとの連絡があり、私も是非見たいと今度は忘れず行動に移す。

ハイイロチョッキリは交尾した後、メスが口吻で殻斗(ドングリの帽子)部分から穴をあけ、そこに産卵管を差し込んで産卵し、そのあと口吻をつかって穴を詰める。そして最後にドングリのついた枝を切り落とすのだ。

いくつかの観察ポイントを教えていただいたが、一番の問題は、コナラのドングリはたいてい木の高い位置になっているので、たとえハイイロチョッキリがいても、詳細を観察するのが難しいということだ。
玉川上水を歩いているとき、何箇所か枝が上水の手すりまで伸びてきているのを覚えていたので、それを探しに行った。
ラッキーなことに、2~3箇所チェックしたら、ハイイロチョッキリが見つかった。
以下の写真は2009年8月18日~22日の間に玉川上水縁で撮ったものである。

↓交尾するハイイロチョッキリ。
d0146854_22222477.jpg

↓別ペアの交尾
d0146854_22223898.jpg

メスは殻斗に口吻をつけているように見えるが、穴を開けようとしているのか、それとも産卵した穴を埋めようとしているのか、ただ下を向いているだけなのかわからない。

↓メスの作業を見守るオス。
d0146854_2232277.jpg

オスの陰になっているので、こちらも穴を開けているのか詰めているのかよくわからない。

↓口吻を差し込んでいるように見えるメス。
d0146854_22334496.jpg

↓産卵したあと?
d0146854_22345321.jpg

という具合で、なかなか何をしているか決定的な場面を確かめられなかった。

何より残念なことは、枝を切り落とすシーンを見ることができなかったことだ。
(産卵前に枝に切り込みを入れてあるものは観察できたが。)
ネットで調べると、枝を切る割合は46%ぐらいと書かれたサイトもあった。

枝が切られていなくても産卵を終えているのかどうかは、ドングリを割ってみないとわからない。
↓産卵のあとと思われる穴。
d0146854_22403783.jpg

殻斗をはがすと、中のドングリまで穴が開いているのがわかる。
これに爪を立てて裂くと、案外柔らかく割ることができる。

↓ドングリの中の卵。
d0146854_22421745.jpg

茶色くなった部屋の中に、米粒型の白い卵がある。

この方法で枝が切られていないドングリを割ってみたら、確かに卵が入っていた。

今回の観察で一番の謎は、この写真。
d0146854_22454955.jpg

d0146854_22461935.jpg

このメスは、オスが見守る中でおしりからオレンジ色の物体を2回排出した。

Aさんが紹介してくれた「どんぐりの穴のひみつ」(高瀬芳恵著)を読むと、メスは穴を掘りながらカスを食べ、真っ黒い糞をすると書かれている。上の写真の排泄物はオレンジ色だが、排泄されてしばらくすると黒くなった。やはり排泄物だったのだろうか。
[PR]

by 2008oharu | 2009-08-23 22:55 | 甲虫 | Comments(2)

ミンミンゼミ・アブラゼミ

近所の公園のセミの羽化は、ニイニイゼミから始まるが、現在は既にアブラゼミ・ミンミンゼミ・ツクツクボウシ・ヒグラシなどが出揃っている。ミンミンゼミの鳴き声がはっきりしているので、今は一番盛りに感じる。クマゼミも鳴いているそうだが、私が観察に行く時間にはいつも鳴きやんでいるので、聞かれない。

セミの羽化は夜でないと見られないと思っている人が多いが、けっこう昼間でも見られることがある。アブラゼミが殻から出て翅が伸びるまでを12時ごろから1時ごろまで観察したことがあるし、ニイニイゼミは10時代によく羽化したところが見られる。

昼間あまり見られないのは、ミンミンゼミだ。それでも今日は、既に翅がしっかり色づいているミンミンゼミを昼間に見つけた。

↓ミンミンゼミの羽化完了。2009年8月6日11時ごろ。善福寺
d0146854_20453625.jpg

朝に羽化したのかもしれない。
ついでに脱殻をチェック。アブラゼミとの違いは、触覚の第2節と第3節をの長さをチェックしなければならない。

↓ミンミンゼミの脱殻。同日同場所。
d0146854_20483191.jpg

触覚の長さがほぼ同じ。
d0146854_20484071.jpg


こちらは、昨日の昼間に見たアブラゼミ。
↓羽化中のアブラゼミ。2009年8月5日12時ごろ。善福寺
d0146854_20511639.jpg
d0146854_20512660.jpg

完全に脱皮は終わっているものの、まだ翅の色がついていない。翅はとても柔らかそうで、風が吹くと揺れる。

アブラゼミの脱殻は、触覚の第3節が2節より長いことで識別するが、これがけっこうわかり辛い。
↓アブラゼミの脱殻
d0146854_20542391.jpg


アブラゼミは成虫も一番見つけやすく、近所の公園ではシーズン中一番数も多く出現するセミだが、茶色い翅のセミはセミの中では珍しいようだ。
↓アブラゼミの成虫。2009年7月31日。善福寺
d0146854_20571159.jpg


ツクツクボウシはもう少し夏も終わりに近づく頃増えてきて、10月ごろまで見られる。
ヒグラシは暗い林を好むので、鳴き声はよく聞こえ、すぐ側にいるのがわかっているのに、なかなか姿を捉えられない。
しかし、今年の一番の目当ては、まだカメラに収めたことのないクマゼミを撮ることだ。このセミも、なかなか見つけるのは難しいそうだが。
[PR]

by 2008oharu | 2009-08-06 21:01 | その他の昆虫 | Comments(2)

スケバハゴロモ

今日は、スケバハゴロモが目立った。
幼虫もたくさんいたから、ちょうど羽化時期なのだろう。

↓スケバハゴロモの成虫。2009年8月5日。善福寺
d0146854_22504448.jpg

↓幼虫も混じる。
d0146854_2251661.jpg

↓脱殻と。
d0146854_22514833.jpg


<前のハゴロモの記事>
[PR]

by 2008oharu | 2009-08-05 22:53 | その他の昆虫 | Comments(0)

ツヤアオカメムシかチャバネアオカメムシか、それが問題だ

ミズキの実はカメムシ類に大人気で、先に観察結果を紹介したエサキモンキツノカメムシやハサミツノカメムシ以外にも、いろいろなカメムシが吸汁に来ていた。

↓ミズキに集まる他のカメムシたち。
d0146854_2375814.jpg

左上:アカスジキンカメムシ、右上:クサギカメムシ
左下:チャバネアオカメムシ、右下:ツヤアオカメムシ

そして、カメムシの卵もいっぱい産み付けられている。
その形は前に家の庭に産みつけられたチャバネアオカメムシの卵と同じようだ。

(ちなみにこれらのカメムシは基本的には14の倍数ずつ卵をかためて産むらしい。もちろん、実際に数えてみると13個や15個の場合もあった。家のガラス戸に産み付けられた卵は13個だった。)

↓次々と孵化する卵。2009年7月19日&22日。善福寺
d0146854_2313982.jpg
d0146854_23132117.jpg

この孵化した1令幼虫は、ネットで調べるとチャバネアオカメムシの幼虫に似ている。
これらを観察すれば、家で孵化を見られなかったチゃバネアオカメムシの成長過程がわかるだろうと思った。

↓脱皮する幼虫。2009年7月12日。善福寺
d0146854_23181599.jpg

脱皮したては赤いが、だんだん黒くなる。

↓2令幼虫。2009年7月19日。善福寺
d0146854_23195210.jpg

以上の写真は時間的に前後して、あちこちでいろいろな段階が同時進行的に見られた結果である。

このころから、この幼虫が果たしてチャバネアオカメムシであるのかどうか疑問が湧いてきた。
それは、同時にあちこちで見られる中令・終令幼虫が、どうもチャバネアオカメムシではないように思えるからだ。

↓中令。2009年7月17日。22日。善福寺
d0146854_23251645.jpg

d0146854_23262111.jpg
d0146854_23264720.jpg

↓そして終令。2007年7月24日。善福寺。
d0146854_23292622.jpg

終令だけは、ネットにもあちこちで掲載されているツヤアオカメムシのものなのだ。この背中の赤いスジのような模様は、ツヤアオカメムシの特徴である。
ということは、中令にもこの赤い色が見られるのだから、ツヤアオカメムシらしい。逆にたどっていくと、どうも孵化した1令幼虫からツヤアオカメムシだった可能性が強い。
ネットでどんなに検索しても、卵や孵化幼虫からツヤアオカメムシを識別する方法は出ていないので、確証はないが。ほんとうに知りたければ、卵から飼育するしかないのだろう。

ミズキではチャバネアオカメムシが交尾しているのを2回ほど見たので、もしかしたら卵は両方混ざっていると言う可能性も捨てきれない。でも、中令・終令の識別できる幼虫はみんなツヤアオカメムシだったのも確かだ。

チャバネアオカメムシ・ツヤアオカメムシ・クサギカメムシは、農家の果物を食害する害虫としてよく研究されているようなのだが、案外詳しい成長過程はネットには出ていなかった。
[PR]

by 2008oharu | 2009-08-03 23:46 | カメムシ | Comments(2)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31