<   2009年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2009年公園昆虫記ニュース

1.蝶編
 蝶についての一番のニュースは、マイ・フィールドでアサマイチモンジを見たことだ。
この蝶が東京の三鷹区域でなぜ見られたのか。自然に繁殖しているのか、迷って来たのか、誰かが放蝶したのか、はっきりとはわからない。今後の様子見が必要だ。

d0146854_20165858.jpg


 その他の成虫では、今年は高尾でコツバメ・ミヤマセセリの2種のスプリング・エフェメラルを見ることができた。また、サカハチチョウの夏型も見た。また、ミドリシジミの表翅も初見。
 卵・幼虫・蛹では、今季大繁殖していたナガサキアゲハの産卵・幼虫・蛹を確認。ウラナミアカシジミの幼虫、イチモンジセセリの卵と幼虫、モンキチョウの卵の幼虫、ベニシジミの卵、コミスジの卵など、普通種でも今まで見られなかったものが見られた。

2.蛾編
 クロメンガタスズメの成虫。これも温暖化によって北上中の蛾らしい。

d0146854_2022147.jpg


 ビロードハマキというきれいな蛾。
 ホタルガの幼虫。セミヤドリガの幼虫。
 クロバネフユシャクの交尾。

3.直翅類
 キリギリス・ホシササキリが見られた。
d0146854_20243684.jpg

また、アシグロスズムシの幼虫も初見。

4.甲虫類
 ハイイロチョッキリがマイ・フィールドのブームになって、交尾や穴あけ、たぶん産卵シーンが見られたが、チョッキリするところが見られなかったのが残念。来年に期待。

d0146854_20282921.jpg
d0146854_20283952.jpg

 クリシギゾウムシも確認。

5.カメムシ類
 ハサミツノカメムシ
d0146854_20271621.jpg

エサキモンキツノカメムシの一生をほぼ観察できたこと、アオクサカメムシの変態も確認できたこと、 アカアシカスミカメ・クビアカサシガメ・トゲカメムシ・メダカナガカメムシ・ヒメツノカメムシ・ナカボシカメムシなどの成虫、ウズラカメムシ・ブチヒゲカメムシ・イトカメムシなどの幼虫も確認。

また、昨年より産卵を観察したクヌギカメムシの孵化からその成長過程も観察できた。
d0146854_20413962.jpg

マイ・フィールドで2007年~8年を過ごしたヨコヅナサシガメは、8年~9年も同じところで越冬・羽化、そして9年も同じ木で産卵・羽化して現在も越冬中である。

6.アブラムシ類。
アブラムシの生活史の面白さ。
単為生殖するソラマメヒガナガアブラムシ。
d0146854_20384783.jpg

寄生してミイラ(マミー)になったモミジニタイケアブラムシ。
d0146854_2039339.jpg


来年はどんな出会いがあるだろうか。
[PR]

by 2008oharu | 2009-12-30 20:52 | 総合 | Comments(4)

12月の蝶たち その2

昨年は、アカボシゴマダラの大繁殖を目の当たりにして、その越冬状況もかなり熱を入れて調べたのだが、
今年はちょっと意欲が薄れてしまった。
それでも、ときどき目線の高さに手ごろなエノキがあるときは、思い出してチェックしていたのだが、越冬前の幼虫も、枝で越冬中の幼虫も見つからなかった。
(ゴマダラチョウの越冬前の幼虫も見つけられていない。)
さしものアカボシゴマダラも、2年目にして早衰退?なんてことは言えるわけでもないが…。

さて、今日以前アカボシゴマダラの越冬幼虫を見つけたエノキをふと目にすると、なんといたではないか。

↓アカボシゴマダラの越冬幼虫。2009年12月17日。玉川上水三鷹地区。
d0146854_223466.jpg

ここは、ついこの間もチェックしたところだし、まだ緑色が残っている幼虫なので、わりと最近この場所に移動してきたのかもしれない。

来年はどんな状況になるのか、これからも観察していきたいと思う。
[PR]

by 2008oharu | 2009-12-17 22:38 | | Comments(0)

12月の蝶たち

12月に見られる蝶といえば、だいたい成虫越冬蝶たちだ。

まずは、ムラサキシジミ 2009年12月8日。
d0146854_21561089.jpg

陽だまりに飛んできて翅を広げ、エネルギー補給中。

また、最近は、ムラサキツバメも見られるようになった。
2009年12月12日のムラサキツバメ。善福寺
d0146854_2158315.jpg

翅が千切れているが、オスのようだ。
こうして見ると、はやり枯葉の色そっくり。

びっくりしたことに、12月10日にスジグロシロチョウを見た。井の頭。
d0146854_2159442.jpg

比較的暖かい日が続いているとはいえ、12月中旬にスジグロシロチョウを見たのは始めてだったように思う。スジグロシロチョウは蛹越冬で、成虫が見られるのは10月末ぐらいまでだったように記憶している。

ただし、同じ蛹越冬でも、モンシロチョウはもう少し遅くまで見られることが多い。
12月12日の今日も、キャベツ畑で飛んでいるのを見た。

↓アサギマダラの幼虫。2009年12月8日。高尾
d0146854_22422.jpg
d0146854_2241817.jpg

11月26日にアサギマダラの成虫が飛んでいるのを見たので、キジョランをチャックしてみた。
なかなか見つからなかったが、1か所に何頭か見つかった。
1頭のメスが一株のキジョランのあちこちに産みつけたのだろうか。

昨年は1月下旬に同じぐらいの大きさの幼虫を見つけた。
幼虫は同じ大きさで成長を止め、越冬するのだろうか。

ところで、同じキジョランで、毛虫を2頭見つける。
d0146854_2285838.jpg
d0146854_22957.jpg

家に帰って名前を調べてみると、カクモンヒトリに似ている。
カクモンヒトリは広食性とあるが、キジョランでも食べるのだろうか。
そして、やはり幼虫越冬なのだろうか。よくわからない。
[PR]

by 2008oharu | 2009-12-12 22:11 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31