<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


11月の蛾

昨日は今季初めてクロスジフユエダシャクをカメラに収めることができた。
井の頭で初めて目撃されたのは24日だったが、日に日に目にする数が増えてきている。

↓クロスジフユエダシャクのオス。2011年11月29日。井の頭公園
d0146854_21476100.jpg

いよいよフユシャクの季節が始まる。

さて、ほかに11月に目立った蛾は、
●ウスミドリナミシャク
この蛾は10月16日に今季初認、その後毎日あちこちで見られ、多い時は数頭見つけた。今のところ11月27日まで見ている。
↓ウスミドリナミシャク。2011年10月16日。井の頭公園で初認した個体。
d0146854_21515559.jpg

幼虫はイヌマキなどにつくようだが、この蛾の生態については何も確認していない。

●ニトベエダシャク
観察仲間が11月20日に今季初認したが、その後毎日数頭ずつ見られ、一気にピークを迎えた。
公園のトイレの壁などに数匹いたこともある。

↓ニトベエダシャク。2011年11月20日、井の頭公園で初認された個体。
d0146854_21573138.jpg

この蛾は初夏に幼虫をたくさん見ているので、それがつながった感がある。

そして、やはりお仲間が、産卵している個体を発見。
↓左翅が縮れているメスと産み付けられた卵。2011年11月26日。井の頭公園
d0146854_2201888.jpg

ニトベエダシャクは年1化で食樹は多種、地中で蛹になるらしい。

蝶の仲間はたいてい食草・食樹に産卵するが、蛾の仲間は、この擬木柵のように、食樹とは離れたところに平気で産卵してしまうものが多い。
食樹が多様なので、孵った幼虫が適当に近くの葉まで移動して育つのだろうか。
ニトベエダシャクの生態は少し見えてきた。

●チャエダシャク
チャエダシャクは、11月16日に今季初認した。ニトベエダシャクと同じく、その後毎日のようにあちこちで見られ、11月中旬が羽化のピークらしいことがわかった。

↓チャエダシャク。2011年11月17日。井の頭公園。
d0146854_2291780.jpg

この蛾の幼虫も、特徴がはっきりしていて、初夏にたくさん見られた。
食樹も多様で、井の頭に多く生息していることがわかった。

●カシワキボシキリガ
↓カシワキボシキリガ。2011年11月23日。井の頭公園
d0146854_2212428.jpg

11月23日に2頭見られ、その後もぽちぽちと見つかる。
コナラ・クヌギが食樹で、成虫越冬するらしい。

●ナカオビキリガ
↓ナカオビキリガ。2011年11月10日。井の頭公園
d0146854_22172963.jpg

こちらは卵越冬。

●ミドリハガタヨトウ
緑と名がつくが、ナカオビキリガの方がよほど緑という名にふさわしい気がする。

↓ミドリハガタヨトウ。2011年11月9日。井の頭公園
d0146854_22205146.jpg

食樹はケヤキという以外生態不明だが、その後も別のところで見られた。

その他
↓フトジマナミシャク。2011年11月10日。井の頭公園の2か所で見られた。
d0146854_2227396.jpg


↓キバラモクメキリガ 2011年11月9日。成虫越冬。
d0146854_22284288.jpg

↓キノカワガ。2011年11月9日。成虫越冬。
d0146854_22285336.jpg

↓ブドウトリバ。2011年11月27日。
d0146854_2229756.jpg

↓ミノウスバ。2011年11月3日。卵越冬。
d0146854_22292486.jpg

すべて井の頭公園内。

それと、ホタルガの成虫を11月4日に見つけた。
以下省略。
[PR]

by 2008oharu | 2011-11-30 22:37 | | Comments(2)

晩秋の蝶たち 非成虫越冬蝶

11月27日、クロアゲハを目にした。これは私にとっては、一番遅い記録ではないかと思う。

↓クロアゲハのオス。2011年11月27日。井の頭
d0146854_13502243.jpg

しかも、最近秋でも花をつけるホトケノザで吸蜜。季節感がずれてきている感。

そのほか、10月下旬から11月下旬までに観察した非成虫越冬蝶たちは、アカボシゴマダラ・ツマグロヒョウモン・ヒカゲチョウ・ヒメアカタテハ・コミスジ・チャバネセセリ・ヤマトシジミなど。

↓アカボシゴマダラは産卵していた。2011年10月27日。井の頭
d0146854_1354734.jpg

↓コミスジは交尾。2011年10月26日。井の頭。
d0146854_1355988.jpg

方や幼虫は越冬態勢に入っているのだが、成虫は11月下旬にも飛び回っている。

d0146854_1356592.jpg

↓ヒメアカタテハ 2011年11月4日。善福寺
d0146854_13573073.jpg

↓ヒカゲチョウ。2011年10月16日。井の頭
d0146854_13581520.jpg

この蝶も11月下旬にも笹薮などの周りを飛び回っている。まだ産卵しようとしているのだろうか。

↓ヤマトシジミの交尾。2011年10月3日。井の頭。
d0146854_1402592.jpg

この蝶は毎年12月まで見られる。

↓サクラの葉陰で休むツマグロヒョウモンのオス。2011年10月25日。井の頭
d0146854_1414555.jpg

↓チャバネセセリ。2011年11月16日。井の頭。
d0146854_1424520.jpg


過去の記録ではスジグロシロチョウを12月4日に観察している。暖冬ならば、非成虫越冬蝶も初冬まで生き残っているのだろう。
[PR]

by 2008oharu | 2011-11-28 14:09 | | Comments(0)

井の頭公園の直翅類 2011年版

まだ今年は終わっていないが、今年の夏から秋にかけて、井の頭公園の直翅類を集中的に調べたので、その結果をまとめておく。
今年確認することができた直翅類は、22種だった。(まだ追加があるかもしれないが。)
バッタ類では、トノサマバッタ・クルマバッタモドキ・ショウリョウバッタ・イボバッタ・オンブバッタ・ヒシバッタそれに今回初めて確認できたマダラバッタの7種。

↓マダラバッタ 2011年11月16日。井の頭公園
d0146854_21171744.jpg


↓イボバッタの交尾。同日同場所。
d0146854_2119983.jpg

イボバッタは、晩秋の草が枯れた地面に多く見られるようになった。土の色とそっくりで、跳ねないと存在がわからない。

イナゴもいたが、あまり多くはないようだ。成虫越冬のツチイナゴも玉川上水縁では毎年見られているので、井之頭にいてもおかしくない。

キリギリス類では、クビキリギス・ウマオイ・ヤブキリ・ササキリ・セスジツユムシ・ツユムシ・ホシササキリ・サトクダマキモドキの8種が確認できた。

↓ツユムシ。2011年10月24日。井の頭公園。
d0146854_21273589.jpg

井の頭公園でツユムシを確認したのは、実は初めて。今までは林縁でセスジツユムシばかりを見てきたので、井の頭のような環境はツユムシには合わないと思っていた。
しかし、今回明るい草原を見て回ったら、案外多くのツユムシが見つかった。
ツユムシとセスジツユムシはとてもよく似ているが、棲む環境は違っていることがよくわかった。

↓ホシササキリ。2011年8月25日。井の頭。
d0146854_21311484.jpg

ホシササキリは以前にも井の頭で見ているのだが、今回、その数の多さにびっくり。夏の明るい草原にはホシササキリの幼虫がぴょんぴょん跳ねまわっていた。
今年は、以前に見たウスイロササキリは確認できなかったが、ネットで調べると、高温・乾燥に強いホシササキリがウスイロササキリを追いやる傾向にあるらしい。そんな様子を目の当たりにした感がある。

昨年は夏にキリギリスを見たが、とても珍しいことなので、もしかしたら篭脱けのような個体だったのかもしれない。今年はもちらん確認できなかった。

井の頭には、野川や神代植物園に多く見られるヒメギスがいない。環境が合わないのか、私が見つけられないだけか。

コオロギその他の類では、いないと思い込んでいたエンマコオロギが簡単に見つかった。ツヅレサセコオロギ、マダラスズ・ウスグモスズ(この2種も井の頭で確認したのは初めて)、アオマツムシ・カネタタキの6種。

↓マダラスズ。2011年8月27日。
d0146854_2140577.jpg

↓ウスグモスズ。2011年9月11日。
d0146854_21414897.jpg

シバスズらしきものも一瞬見たと思うのだが、写真にも撮れなかったので、未確認としておく。

一口に直翅類と言っても、種類によって、明るい草原を好むもの、やや暗い林縁を好むもの、地面にいるもの、木の上にいるものなど、生息環境が違うので、当然多様な環境があれば、多様な種類がいることになる。
また、食べるものも、イネ科を好むもの、双子葉の草本、木の葉、雑食性、肉食など多様、産卵場所も地面の下のものもいれば、草の茎などに産卵する種類もいる。

そんな当たり前のことを確認した一年だった。
[PR]

by 2008oharu | 2011-11-22 21:47 | バッタの仲間 | Comments(2)

プールにいた虫たち

井の頭公園のプールを解体することになり、そこで保護していた在来種の魚や自然に生息している虫などを捕獲して引越しすることになった。

11月初旬にプールで見つかった主な虫たちは以下の通り。

●ハリガネムシ
d0146854_17424181.jpg

とても生き物とは思えないが、水中でくねくねと動いている。
この虫は、カマキリなどの昆虫に寄生することで有名。
水中で越冬し、春に交尾・産卵。水生昆虫などに寄生。
その後、カマキリなどにその昆虫が捕食されると、その体の中で育つ。
カマキリが水辺に近づくと腹から出てきて水中に入るそうだ。
ハラビロカマキリのお腹が大きかったら、卵が育っているか、あるいは寄生している可能性が高いと言われている。
折しもプールの傍にハラビロカマキリがいたが、私が見ているときにはハリガネムシが出てくる気配はなかった。

●マツモムシ
d0146854_17475013.jpg

マツモムシが井の頭に生息しているのは初めての確認。
カメムシの仲間の水生昆虫。他の魚や昆虫に口を突き刺して体液を吸うので、人間の手に取ると刺されることがあるそうだ。

●オオヤマトンボのヤゴ
d0146854_17501365.jpg

オオヤマトンボのヤゴは以前にもプールでたくさん見つかっている。
こういう環境が好きなのだろうか。
幼虫期間は不明。幼虫越冬。

●コシアキトンボのヤゴ
d0146854_175135100.jpg

一番多いトンボ。幼虫期間は約1年。幼虫越冬。

●たぶんクロイトトンボの幼虫
d0146854_17524257.jpg

これも井の頭ではおなじみのイトトンボ。幼虫越冬。

●不明のヤゴ
d0146854_1754778.jpg

ショウジョウトンボではないかと推測。自信はない。

ギンヤンマなどもよくプールで産卵していたが、ヤゴは見つかっていない。
[PR]

by 2008oharu | 2011-11-19 17:57 | 総合 | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30