<   2012年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧


産めよ増やせよ秋のチョウ

●ウラナミシジミ

↓今季初見のウラナミシジミ。2012年9月18日。井の頭公園の萩にて。
d0146854_2136169.jpg

↓萩に産卵するウラナミシジミ。同日同場所。
d0146854_21363123.jpg

東京では秋にしか見られない蝶なので、秋になると見つけたくなる。
井の頭公園では、けっして多くは見られない。
産卵した卵は東京の気温では孵らないとされてきたが、温暖化によって春にも見られる日がくるかもしれない。


●ミドリヒョウモン

↓産卵するミドリヒョウモン。2012年9月22日。井の頭公園
d0146854_2142934.jpg
d0146854_2142227.jpg

この日同一個体と思われるメスが、あちこちの桜の幹をのぼりながら産卵行動をとっていた。
ミドリヒョウモンの幼虫の食草はスミレなのだが、このように桜の幹に産卵するのはなぜだろう。
桜の幹の方が安定して冬越しで切るからだろうか。
幼虫は春にスミレが展開するころ幹を降りてくるのだろうか。

ミドリヒョウモンは夏眠して秋に産卵し、その卵が孵ってから6月ごろ成虫に羽化する。
井の頭で産卵行動をとっているのは昨年も見たが、6月の羽化はまだ確認できていない。

↓ミドリヒョウモンのオス。2012年9月30日。井の頭公園。
d0146854_21563261.jpg

追記:上の写真はメスグロヒョウモンのオスではないかというご指摘があった。
    確かに、前翅中室の紋はメスグロヒョウモンのオスのようだ。
    井の頭公園にメスグロヒョウモンも生息している可能性もあるのか。
    偶発種か放蝶種か、今後気を付けて観ていきたい。


●イチモンジセセリ

↓秋に目立ち始めるイチモンジセセリ。2012年9月7日。井の頭公園
d0146854_21503872.jpg

↓産卵するイチモンジセセリ。同日同場所。
d0146854_21514199.jpg

↓イチモンジセセリの卵。
d0146854_2152480.jpg

イチモンジセセリは、季節によって居場所が変わるらしいので、鳥でいえば旅鳥みたいなものかもしれない。

●サトキマダラヒカゲ

↓産卵するサトキマダラヒカゲ。2012年9月30日。井の頭公園
d0146854_21551192.jpg

↓サトキマダラヒカゲの卵。同場所。
d0146854_21553739.jpg

サトキマダラヒカゲ・ヒカゲチョウ・コジャノメなどは、それぞれ2化目が盛んに産卵行動をとっている。
これらはすべて幼虫越冬する。
[PR]

by 2008oharu | 2012-09-30 21:58 | | Comments(4)

アキアカネぞくぞく下山

彼岸を迎え、猛暑もやっと収まり、アキアカネが一気に増えた。

↓アキアカネ。2012年9月26日。井の頭公園
d0146854_9525379.jpg
d0146854_953946.jpg


↓尾つながりになったアキアカネ。2012年9月24日。井の頭公園
d0146854_953358.jpg

水たまりに産卵するアキアカネ。同日同場所。
d0146854_953534.jpg
d0146854_954752.jpg

アキアカネはたんぼなどの浅い水を好んで産卵するらしいが、たんぼのない都市部では、
このように水たまりに産卵しているのをよく見かける。
水たまりはすぐに乾いてしまうし、ここはそのうち建物が建設されるはずだ。
ヤゴは育たない。こうして赤トンボは減っていくのだろう。

おまけ:
今年井の頭で生息を確認したアオモンイトトンボの交尾。2012年9月6日。井の頭公園
d0146854_9543743.jpg

[PR]

by 2008oharu | 2012-09-28 10:06 | 蜻蛉 | Comments(0)

最近の蜂ピックアップ

●ルリモンハナバチ

↓2012年9月7日。井の頭公園
d0146854_21222419.jpg

昨年の8月末にキツネノマゴに来ていたのを初めて見て、今年も見たいと思っていた蜂。
今年は8月4日にもこのキバナコスモスに来ていた。
ハチと言えば黄色と黒の縞模様がトレードマークのようになっているのに、このハチは瑠璃色と黒の縞模様で珍しい。

●ハラアカハキリヤドリ

↓2012年7月27日。井の頭公園のブルーサルビアに。
d0146854_2128876.jpg

↓2012年8月4日。井の頭公園のキバナコスモスに。
d0146854_2129133.jpg

これも昨年の8月末にルリモンハナバチと同じ場所に初めて見た。
今年も同じときにキバナコスモスに来ていた。
これも普通の蜂と違って腹が赤いのが特徴。
どちらも寄生蜂らしい。

●フタオビドロバチ

↓2012年7月29日。井の頭公園・自然文化園の生き物広場にて。
d0146854_21332976.jpg

竹筒の入り口を泥でふさいでいるところ。中に獲物と卵が入っているはずだ。
左官屋さんが壁を塗るようにていねいにふさいでいる。
獲物を運び入れるところも見たかった。

●キオビツチバチ

↓2012年6月30日。井の頭公園
d0146854_21365617.jpg

大小2種類のハチがいるのかと思って見ていたら、やがて交尾し始めたので雌雄だとわかった。
雌雄の大きさの違いが激しい。

●スズバチ

↓2012年8月30日。井の頭公園
d0146854_21384679.jpg

昨年は巣を作るところを何度か見たが、このハチはもしかしたら巣作りを始める前なのだろうか。
あとで確かめようと思ったが、忘れてしまった。

●オオモンクロベッコウ

↓2012年7月15日。井の頭公園
d0146854_21403590.jpg

上がアシダカグモ。
初めこのアシダカグモと取っ組み合いのような状態で、見た目にはクモに押さえつけられているようだったが、そのあとクモは麻痺したように伸びてしまった。きっと気付かないうちにベッコウバチが麻酔を刺したのだと思われる。
ベッコウバチはしばらく周りをうろうろしたり、巣穴があると思われる方へ飛んでいったりしたあと、このクモを引きずって行った。
動画で撮ればよかったのだが、観察するのに夢中で写真すらこのシーンしか撮れなかった。

オオモンクロベッコウがアシダカグモを狩る様子はその後も2度ほど目にした。

●セグロアシナガバチ

↓2012年6月29日。玉川上水縁
d0146854_214739.jpg

セグロアシナガバチが幼虫を狩とって団子づくりをしている場面にはよく出会う。
この写真では、セグロアシナガバチが勢い余ってか、逆立ちしているのがおかしかった。

●コアシナガバチ

2012年7月1日。多摩川流域
d0146854_21493259.jpg

巣作りしているところ。

●ホソアシナガバチ(ムモンホソアシナガバチ)

2012年9月7日。井の頭公園
d0146854_21503735.jpg

一度地面に落ちた巣を修理しているように見える。

おまけ

↓2012年8月2日。井の頭公園
d0146854_21524044.jpg

飛んでいるときはてっきりハチだと思い、止まったところを写真に撮ってみたら、アブだった。
スズキナガハナアブという名前らしい。
セグロアシナガバチの模様に擬態しているのかもしれないが、目の模様が凝っていてびっくり。
[PR]

by 2008oharu | 2012-09-07 21:56 | | Comments(4)

モンクロシャチホコとハガタクチバ

8月の蛾で目立つものはたくさんいる。
その中で、今年特に目立った2種をピックアップ。

●モンクロシャチホコ
↓モンクロシャチホコの交尾 2012年8月11日。井の頭公園
d0146854_106736.jpg

私がモンクロシャチホコを初めて見たのは2004年の8月16日だった。
それ以来、だいたい成虫は旧盆前後に集中して現れる。(早くて8月5日、遅い記録は8月27日)
模様は目立つが、いつもじっと止まっていて、それほど興味をひく蛾ではなかった。

その幼虫を初めて確認したのは、2007年になってから。
↓モンクロシャチホコの幼虫。2007年9月12日。井の頭公園
d0146854_10135477.jpg

ツツドリという鳥がこの毛虫を食べているのを知り、初めて上の成虫とのつながりがわかったのだ。
それ以来、MFのバーダーたちの間でも、この毛虫の名前は有名になった。

モンクロシャチホコの幼虫は桜の葉を食べる。井の頭公園には桜の木がたくさんあるので、モンクロシャチホコが発生しやすいのだ。
この毛虫は8月末にはすでに孵化して桜の葉を食害し始めているはずだが、大きくなって蛹化のため木から降りてこないとなかなか気が付かない。そのころには、桜の木の下には、糞がぽろぽろとたくさん落ちてくることにもなる。

ところで、昨年の秋もこの毛虫はいやというほど現れたのだが、それを捕食するツツドリはなかなか現れず、幼虫のかなりがすでに蛹化のため地上におりてしまったころやっと現れた。

今年、モンクロシャチホコの成虫をかなりの頻度で目にするわけは、昨年ツツドリの捕食される確率が低かったからではないかとちょっと想像してみたりする。
もちろん、自然はそんなに単純なことではないだろうが。
どちらにしても、今年も毛虫は大発生しそうな予感。

↓昨年見た翅を開いたモンクロシャチホコ。2011年8月14日。井の頭公園
d0146854_10252454.jpg

翅を開くと印象がぐっと変わる。
昼間は面白みのない蛾だが、きっと夜にはこのように翅を開いて触角も現し、元気に飛び回るのだろう。

●ハガタクチバ
ハガタクチバという蛾は昨年初めて確認した。
↓ハガタクチバ。2012年8月11日。井の頭公園
d0146854_1031314.jpg

それなのに、この蛾を今年見つけたとき、何だかすぐにはわからなかった。
というのも、模様の個体差が大きく、印象がかなり変わってしまうからだ。

↓昨年見たハガタクチバ。2011年9月10日。井の頭公園
d0146854_10331681.jpg

この蛾も今年の夏、かなりの頻度で目にした。
だいたいいつも擬木柵の裏側辺りにべったりとくっついている状態だった。

たくさん見つかるので、どういう蛾なのだろうとネットで調べてみると、幼虫の画像も見つからないし、食草も不明とある。
井の頭で繁殖しているはずなので、何を食草としているどんな幼虫なのか知りたいものだが、擬木柵についていたのでは、今のところ推測しようがない。
[PR]

by 2008oharu | 2012-09-03 10:41 | | Comments(2)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30