<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧


幼虫たちの季節 フユシャク編

寒暖の激しい毎日だが、木々の葉は着実に伸び広がり、いつも何か蛾の幼虫たちがいっぱい。
特に、風が強かった日の翌日は、木々から落下してきたらしい幼虫たちが、擬木柵をうにょうにょ動き回っている。

それらの中から、なんとか今年もフユシャクの幼虫を探してみる。

↓チャバネフユエダシャクの幼虫。2013年4月18日。井の頭公園の桜にて
d0146854_21183851.jpg

チャバネフユエダシャクは、フユシャクの幼虫の中で一番わかりやすく、また目立つ。
このフユシャクは、成虫より先に幼虫が見つかり、成虫もいるはずだと探したものだ。
4月中旬ごろから、たくさん見つかるようになった。

↓ヒロバフユエダシャクの幼虫。2013年4月18日。井の頭公園の桜にて
d0146854_21234432.jpg

この成虫はたくさん見つかっているが、今まで幼虫は識別できなかった。
今年はあちこちの桜の孫生などで見つかった。

↓シロフフユエダシャクの幼虫。2013年4月18日。井の頭公園の擬木柵
d0146854_21281854.jpg

シロフフユエダシャクの成虫も毎年必ず見られていたが、幼虫がわかったのは今季初めて。

↓クロスジフユエダシャクの幼虫。2013年4月19日。井の頭公園
d0146854_21295647.jpg
d0146854_213034.jpg

成虫はフユシャクの中で一番早く出てくる。
この幼虫は昨年も見つけられた。黒っぽいものと薄緑色のものがいる。

↓シロオビフユシャクの幼虫。2013年4月18日。井の頭公園
d0146854_2132691.jpg

この幼虫も昨年見つけられた。

↓クロバネフユシャクの幼虫。2013年4月19日。井の頭公園
d0146854_21374418.jpg

成虫のシロオビフユシャクとクロバネフユシャクも区別がつきにくいが、
幼虫も背中の模様の形がちょっと似ている。クロバネのほうが、模様が多い。

↓ウスバフユシャクの幼虫。2013年4月18日。井の頭公園の桜にて
d0146854_21334688.jpg

ウスバフユシャクはクロスジフユエダシャクなどとともに、井の頭には多数出現するフユシャクだが、
幼虫は特徴がなく目につきにくい。

↓たぶん、ナミスジフユナミシャクの幼虫。2013年4月19日。井の頭公園
d0146854_21372484.jpg

これも、幼虫は今季初めて見つかった(あるいは昨年は見落としていた)。

似た体色で頭が黒いとクロオビフユナミシャクらしいのだが、まだ見つけられない。

今季、井の頭公園では、13種のフユシャク成虫が見つかっているが、幼虫はまだ8種しか識別できていない。

もちろん、以上の幼虫も間違っている可能性はある。
すっきり識別できる図鑑がほしい。
[PR]

by 2008oharu | 2013-04-23 21:47 | | Comments(4)

ミヤマチャバネセセリとギンイチモンジセセリ

ミヤマチャバネセセリは、初見の蝶だ。
これもまたみき♂さんに情報をいただいた。
すぐにでも行きたかったのだが、天気や他の用事があり、やっと今日出向くことができた。

しかし、行って見ると、蝶の出ている場所に夏鳥のノビタキも出ている。
鳥撮りカメラマンが何人か狙っているので、自由に蝶を探すのが憚れる。
鳥のいない時を見計らって、端っこの方でなんとか探すことに。
その端っこに出てきてくれた個体がこれ。

↓ミヤマチャバネセセリ。2013年4月15日。
d0146854_22194480.jpg
d0146854_22195930.jpg
d0146854_2220379.jpg

全部同一個体だ。
いかにもセセリチョウらしいかわいい顔。
真ん中の方に多くいると蝶撮りカメラマンの方が教えてくれたが、ノビタキが出ているので近寄れず、
結局この1個体のみしか見られなかった。
花に来ているところとか、飛翔や交尾なども見たいが、またの機会に。

ここでもう一種見られるのが、ギンイチモンジセセリ。
私は夏型しか見たことがないので、春型が見られればうれしい。

やはりノビタキのいない端っこの方で探すと、飛んでいる個体は何頭かいる。
しかし、なかなか止まってくれないし、止まっても葦原の奥だったりして、なかなか手ごわい。
あわてて撮ったピンボケ気味の写真がこれ。

↓ギンイチモンジセセリ春型
d0146854_22274886.jpg

そして、次に葦の茎に止まった個体をファインダーで覗いたら、なんか変だ。

d0146854_22285151.jpg

写真に撮ったものをよく見ると、下翅の上部が千切れている。
しかし、銀白条部分の上に走るこげ茶の線は何だろう。
これもちぎれたあとなのだろうか。

d0146854_22303753.jpg

この少し開いた個体の翅もちぎれているし、銀白条に茶色い線が入っている。

というわけで、ギンイチモンジセセリはピンボケ写真と、千切れ個体写真しか撮れなかった。
鳥がいないときに、もっとじっくりと再挑戦したいのだが、機会はあるだろうか。
[PR]

by 2008oharu | 2013-04-15 22:41 | | Comments(0)

スプリング・エフェメラルをもとめて2013 コツバメ編その他

今季はコツバメポイントで4回フラれている。
裏高尾で2回、多摩森林科学園で1回、六道山公園で1回だ。
ギフチョウポイントでも、コツバメが見られているというので、ギフチョウを一通り観察した後は、
なんとかコツバメを見たいと探していた。

1回目は、遠くの枝に止まった茶色っぽいシジミチョウらしきものが目に入る。
写真に撮ったが、お腹の下から見た1本の線のような角度の写真しか撮れなかった。
2回目、小川を挟んだ対岸にいるのが見えた。
あわてて撮ったが、走ってきて闇雲に連写するカメラマンにすぐに飛ばされてしまい、見失った。

d0146854_20271252.jpg

結局この1カットのみで、あとの出遭いはなかった。
でも、一応見られたのでよしとしよう。

一瞬、コツバメかと思われたが、よく見るとトラフシジミの春型だったのが、これ。

d0146854_20293341.jpg

夏型は、MFでも毎年のように見られているが、春型を見たのは以前裏高尾で見て以来の2度目。

ミヤマセセリもそこそこに見られた。
↓メス
d0146854_20313333.jpg

↓キイチゴの花止まり。
d0146854_20314567.jpg


山頂では、ヒオドシチョウもまた見られた。

d0146854_2033357.jpg

見事なまでにぼろぼろ。六道山で見た個体と合わせ、今季は2回も見られたことになる。

今季は、ギフチョウ・ミヤマセセリ・コツバメ・スギタニルリシジミ、それにMFのツマキチョウと、スプリング・エフェメラルを一通り見ることができた。
私なりに、あちこち足を運んだ成果だろう。
初めて見られれば、もちろんうれしいし、初めてでなくても、回数を重ねると少しずつその蝶のことがわかってきて楽しい。
[PR]

by 2008oharu | 2013-04-12 20:41 | | Comments(2)

スプリング・エフェメラルをもとめて2013 ギフチョウ編

↓ツツジに来たギフチョウ 2013年4月9日。神奈川県
d0146854_10505118.jpg

この写真のギフチョウは、私が初めて自然の中で見たギフチョウ。

神奈川県のこのポイントのことは以前から知っていて、行き方なども調べてはいたものの、なかなか決心ができないまま、数年の月日が経っていた。
それが、この日、ギフチョウ・ポイントに行かれる方に同行させてもらって、やっと実現できた。

観察して分かったこと

ギフチョウのオスは、山頂占有行動(ヒルトッピング)する代表的な蝶だそうだが、その通り、山頂で待つと、やがて次々に蝶が集まってきて、テリをはって争うように飛んだり、地面に降りたって止まったりを繰り返し始めた。

↓山頂で見たギフチョウ。
d0146854_114213.jpg
d0146854_1141765.jpg

↓中腹で見たギフチョウ。
d0146854_115317.jpg


ふもと付近では、スミレ・ツツジ・サクラ・キイチゴなどの花で盛んに吸蜜する。
d0146854_1161965.jpg
d0146854_1162093.jpg


行動形態から考えると、山頂に集まってきたのはオスで、吸蜜しているのは、雌雄どちらとも可能性がある。
雌雄の違いは、毛の量や腹部の形によるらしいが、なかなか難しい。
その中で、このスミレに来ている個体は、腹の先が黒く膨れているので、メスだと思われる。

↓受胎嚢を付けたメス。
d0146854_1110246.jpg


今季のギフチョウは発生が早かったそうで、この日見た個体はいずれも翅がちぎれていたり、擦れていたりしていた。
それでも、後期であれば、産卵後である可能性も多い。
Iさんがチェックして見つけてくださった卵も見ることができた。

↓カンアオイに産み付けられたギフチョウの卵
d0146854_1114275.jpg

ちなみにピント外れだが、飼育下の蛹はこのような形。

d0146854_1116028.jpg

自然の中では、地面の落葉の下などで蛹化するらしい。

ギフチョウはなんとなく、地面近くを飛び回る蝶というイメージだった。
来年、チャンスがあれば、羽化直後のきれいな個体も見てみたい。

ポイントを教えてくださったみき♂さん、卵を見せてくださったIさんに感謝します。
[PR]

by 2008oharu | 2013-04-10 11:21 | | Comments(0)

スプリング・エフェメラルを求めて 2013

今季は3月上旬がとても暖かく、モンシロチョウも早々に羽化した。
そして、コツバメやミヤマセセリも中旬には出現したとあちこちで報じられていた。

私はなかなか見に行くチャンスがなく、やっと出向いたときは、気温が急に下がってきたころで、
例年見られた場所で振られっぱなし。

そこで、今日は最後のチャンスと思い、みき♂さんに教えていただいた狭山丘陵のポイントへ出向いてみた。
今日は逆に初夏の陽気で、蝶は元気いっぱいに飛び回っている。
そういう時は、なかなか止まってくれないので、いても写真を撮るのは難しい。
それでも、やっとミヤマセセリには出遭え、なんとかカメラに収まってくれた。

↓ミヤマセセリ。2013年4月4日。狭山丘陵
d0146854_20525041.jpg
d0146854_20525880.jpg

2~3匹でテリを張り合い、すでに翅がぼろぼろの個体もいた。

残念ながら、コツバメには会えなかったが、予想外の出会いは、越冬明けのヒオドシチョウ。
タテハの仲間が飛んでいるのが目に入り、裏がこげ茶、表が黄色なので、もしやと思って止まるのを待った。
遠くの木の幹に止まったところをやっと撮る。

↓ヒオドシチョウの裏翅。同日同場所。
d0146854_20545498.jpg

↓初めて撮れた表翅。ちょっと遠くてぼけているが…。
d0146854_2055271.jpg


↓こちらは越冬明けのルリタテハの裏翅。多摩森林科学園にて。
d0146854_2058138.jpg

↓ルリタテハの表翅。小金井公園
d0146854_20582795.jpg


↓越冬明けのテングチョウ。多摩森林科学園。
d0146854_2111814.jpg

↓裏高尾。アブラチャンの花に。
d0146854_2112725.jpg

↓狭山丘陵。
d0146854_2113743.jpg

例年は、この時期、なんだテングチョウかとカメラも向けないことが多いが、今年は出会いが少ないので撮ってしまった。

↓スギタニルリシジミ。裏高尾
d0146854_214399.jpg


↓普通のルリシジミ。裏高尾
d0146854_214522.jpg


↓ベニシジミ。狭山丘陵。今季初撮り。たくさん飛んでいた。
d0146854_2151990.jpg

ベニシジミとモンキチョウは、MFでは多い年と少ない年が極端だ。
食草のギシギシやシロツメクサなどがよく刈り取られるせいだろうか。

↓ヤマトシジミ。狭山丘陵。今季初撮り。
d0146854_215592.jpg


↓成虫越冬蝶ムラサキシジミ。狭山丘陵
d0146854_2165121.jpg


MFでは、すでにツマキチョウも出現した。
↓ツマキチョウのオス。2013年4月1日。井の頭公園
d0146854_21121963.jpg


春の蝶は、何度見ても、気持ちが明るくなってうれしい。
[PR]

by 2008oharu | 2013-04-04 21:17 | | Comments(2)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30