<   2013年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


やっと出遭えたゴイシシジミ

図鑑を見て、一度本物を見てみたいと思う昆虫がいくつかある。
特にそれほど珍しくないのになかなか出遭えないとその思いは募る。
昨年はその中の一種、アオバセセリに数年越しでやっと出会えた。

今年はぜひゴイシシジミに出遭いたいと思っていたが、これも数年越しで願いがかなった。

↓ゴイシシジミ。2013年5月27日。東京都
d0146854_21581828.jpg


いつものようにみき♂さんに情報をいただいて、だいたいのあたりをつけて行ってみた。

すると、笹薮をチェックしながら飛ぶ小さいシジミチョウが目に入った。
表翅が茶色っぽく、裏翅は白っぽく、点々がある。その行動と色から、きっとゴイシシジミだと思ったが、なかなか止まってくれず、その個体は見失ってしまった。

次の場所に行くと、やはり同じようなシジミチョウがやはり笹薮の上をチェックするように飛んでいた。2頭いる。そのうちの1頭がやっと止まってくれた。

↓ササではない草の葉の上に止まり、葉裏にぶら下がるゴイシシジミ。
d0146854_22193034.jpg

d0146854_2159165.jpg

↓こちらは、笹の葉で産卵行動をとっているように見える。
d0146854_21583933.jpg

遠くの小さな蝶を300mm望遠で撮るのはなかなか難しく、よい角度からは撮れないが、初めてなので、見られただけでうれしかた。

帰り道、クマザサの近くでまた出会う。(初めの写真と同一個体)
d0146854_21591669.jpg


この日結局4頭のゴイシシジミに出遭うことができた。
アオバセセリの時も、あんなに見たいと思って見られなかったのに、昨年は何個体も見ることができた。
ゴイシシジミもまた見られるだろうか。
[PR]

by 2008oharu | 2013-05-29 22:29 | | Comments(4)

ゾウムシ前半戦

5月初旬までのゾウムシの収穫

●オオゾウムシ
↓オオゾウムシ 2013年5月9日 あきる野市
d0146854_1804130.jpg

大きさを比較するため1円玉とツーショット。
d0146854_1802222.jpg

1円玉の直径は2cmぐらいだから、このオオゾウムシも2cmぐらいだ。
オトシブミハンドブックでは12~29mmとあるので、中くらいの大きさかもしれない。

↓上から見た写真
d0146854_181232.jpg

オオゾウムシは以前、お仲間がここで観察したそうなので、私も見たいと思っていた。
昨年は残念ながら、出遭えなかったが、今年は念願かなって見られた。
しかも、お仲間が以前に見たという同じ場所に現れた。
ゾウムシは案外狭い生息範囲で世代をつないでいるのかもしれない。

●マダラアシゾシウムシ
↓仮死状態のマダラアシゾウムシ。2013年4月16日。井の頭公園
d0146854_189866.jpg

元気に動き回っていた個体にカメラを向けたら、その気配であっというまにこの体勢に。
以前は落下してやはり仮死状態になってしまったことがある。
それほど俊敏に飛ばない虫は、落下したり死んだふりをして身を守ることが多いようだ。

このマダラアシゾウムシも、3年続けてほぼ同じ場所に出現している。
やはり生息範囲を広げない世代をつなぐ種類なのだろう。

●カシルリチョッキリ
↓カシルリチョッキリ。2013年4月11日。杉並区
d0146854_18141082.jpg
d0146854_18141836.jpg

↓チョッキリされたベニカナメ
d0146854_1814266.jpg

↓チョッキリの食痕のある葉
d0146854_18143469.jpg

MFのIさんは、チョッキリ・オトシブミ探究家でもあり、そのネットワークのおかげで、このチョッキリをみることができた。
このチョッキリの体の形や色、カナメモチに産卵することなどから、カシルリチョッキリだろうと推測したのだが、唯一の問題点は、体の大きさがちょっと大きいことだ。
オトシブミハンドブックによれば、体長は大きくても3mmとあるが、観察個体は4~5mmはあるような感じなのだ。
この点は今のところペンディング。

そのほか、例年通り見られたのは、
●エゴツルクビオトシブミ 2013年4月12日。井の頭公園
d0146854_18235138.jpg
d0146854_18234394.jpg

例年このオトシブミを皮切りにチョッキリ・オトシブミのシーズンが始まる。

●コナライクビチョッキリ 2013年5月2日。井の頭公園
d0146854_18252484.jpg
d0146854_18253794.jpg

このチョッキリも昨年と同じコナラに現れた。

●グミチョッキリ(交尾中) 2013年5月12日。井の頭公園
d0146854_19541414.jpg

このグミでチョッキリを見つけて3年目。ほかのグミでは見られない。

●ヒメケブカチョッキリ。2013年5月10~12日。自宅のバラにて
d0146854_18284329.jpg
d0146854_18283549.jpg

一緒に写っているのはアブラムシ。茶色いのは寄生されてマミーになったアブラムシのようだ。

バラには他に体長2.7mm以下のクロケシツブチョッキリというチョッキリもつく。
ヒメケブカチョッキリは4.5mm以下ということなので、なんとか見えるが、クロケシツブはいてもわからないだろう。
どちらもバラの新芽や新鞘に産卵して穂先をからしてしまう害虫だが、自然のバランスに任せて放置している。

うちのバラは、アブラムシ・それにたかるアリ、それらを捕食するテントウムシの親子、ヒラタアブの幼虫、蜘蛛など、バラクキバチ、カビを食べるキイロテントウなどたくさんの生き物が見られる小さな生態系になっている。

後半戦には、どんな出逢いがあるだろうか。
[PR]

by 2008oharu | 2013-05-14 18:41 | 甲虫 | Comments(2)

ギンイチモンジセセリ追記

4月25日に多摩川沿岸で再びギンイチモンジセセリを見た。
既に翅がかなり傷んだ個体ばかりだった。

↓ハルジオンで吸蜜するギンイチモンジセセリ。
d0146854_2222491.jpg

銀白帯部分が欠けていて、上翅のこげ茶色が見える。
以前に見た個体の茶色い線も、下翅が破れて上翅の色が見えていたのかもしれない。

吸蜜する様子が見られてよかった。

こちらは表翅の様子。
d0146854_22222317.jpg

擦れて鱗粉がかなりはがれているみたいだ。

今季は2回も出会うことができ、飛んでいるときの見え方なども観察できて、よかった。
[PR]

by 2008oharu | 2013-05-01 22:29 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31