<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧


3月の蛾ピックアップ

3月の井の頭公園は、あまりかんばしくなかった。
そんななかで、最後(多分)のフユシャク、トギレフユエダシャクが見られたのは、収穫。
これは、公園では初記録だ。

↓トギレフユエダシャクのオス 2014年3月12日。井の頭公園
d0146854_22103056.jpg

トギレフユエダシャクは、その後3月17日にも見られた。
どちらもオスだったので、なんとかメスも見たいと探したが、結局見つけられなかった。

これで、公園での通年のフユシャク記録は14種となった。

↓トビモンオオエダシャク 2014年3月15日 井の頭公園
d0146854_22152984.jpg

ちょっと翅が伸びていないような感じで、模様もはっきりしないが、大きなお腹をしているので、メスかもしれない。

春の大物の蛾と言えば、これとオカモトトゲエダシャクなのだが、今年はオカモトトゲエダシャクは見ないで終わりそうだ。

↓アトジロエダシャク 2014年3月21日 井の頭公園 
d0146854_22182413.jpg

初見の日は3月16日だった。その後同じ場所に3匹かたまって見られた日もあり、20日ごろが羽化ラッシュのピークだった。

↓アトジロエダシャクの交尾 2014年3月25日 井の頭公園
d0146854_22222172.jpg


↓マエアカスカシノメイガ 3月19日 井の頭
d0146854_22225399.jpg

マエアカスカシノメイガは、真冬でも見られる時がある蛾なのだが、この個体はとてもきれいなので、羽化個体なのかもしれない。

↓ウスベニスジナミシャク  3月17日 井の頭
d0146854_2225230.jpg

これも毎年この時期に必ず現れる蛾。どうして薄紅なのか、名前が納得できない。

↓ホソバキリガ 3月14日 井の頭
d0146854_222754.jpg

春はキリガも多く見られるのだが、今年は不作。

↓スモモキリガ 同日
d0146854_2228363.jpg

翅が乱れている個体。

↓マユミトガリバ 3月23日 井の頭
d0146854_22285726.jpg

写真がよく撮れなかったが、これは井の頭では初見。

おまけ:蛾ではない。

↓コミミズクの幼虫 3月22日 井の頭
d0146854_22301572.jpg

コミミズクの幼虫は、12月~2月までに見たものはもっと茶色いのだが、3月~4月には、このように緑色を帯びてくるように思う。
[PR]

by 2008oharu | 2014-03-31 22:34 | | Comments(0)

ビロードツリアブ

アブというと、あまり人気のある昆虫ではないが、その中でビロードツリアブはけっこう人気者だ。
一つには、春にのみ成虫が見られる、いわばスプリング・エフェメラルだということと、もこもこした体つきがなんとなくユーモラスでかわいい感じがするからだろう。

私もここ10年ぐらい、毎年このアブを見つけないと春が来たという気がしない。

↓今年初めて見たビロードツリアブ。2014年3月25日 都下丘陵地
d0146854_20312145.jpg

馬酔木の花で吸蜜するシーンが撮れたのは初めてだ。

この10年間の初見日は、早い年で3月19日、遅い年で4月9日だったので、概ね妥当な出現期だが、ここ数年の記録の中では遅い感じだ。

↓井の頭公園のビロードツリアブ。2014年3月29日
d0146854_20343087.jpg

公園では、タチツボスミレやオオイヌノフグリ、ハコベやムラサキハナナが咲いている時期に出てきて、それらの花の蜜を吸うことが多い。
今年はこれらの花が咲くのがやや遅かったので、アブの出現も遅れたのかもしれない。

ビロードツリアブは、よくホバリングしては地面に降りるので、ちょっと飛翔写真に挑戦。

d0146854_20381583.jpg

d0146854_20382554.jpg

300mm望遠レンズでは、なかなか難しかった。

これらのビロードツリアブは、みな両眼がくっついているので、オスのようだ。
メスはあとから羽化するのだろうか。
交尾や産卵の様子はまだ見たことがないので、今年こそ見てみたい。
[PR]

by 2008oharu | 2014-03-29 20:42 | その他の昆虫 | Comments(0)

成虫越冬蝶たちの目覚め

今年の春は寒暖の差が激しく、昆虫たちの活動の予測がなかなか立たない。
しかし、ここに来て一気に暖かくなり、やっと蝶たちの動きも始まった。

まず、成虫越冬していた蝶たちの活動が目立ち始める。

最初に目にしたのは、キタテハ。

↓キタテハ。2014年2月28日。都下河川敷にて。
d0146854_20163829.jpg

↓キタテハ。2014年3月23日。八王子市
d0146854_2017361.jpg

↓キタテハ。2014年3月25日。都下丘陵地
d0146854_2019275.jpg

キタテハは、今現在とても多い。越冬個体なのに、比較的翅も無傷できれいなものが多い。
明るく開けた草地などに多く、元気に飛び回ったり、オス同士でテリのはりあいをしている。

次に目にしたのは、ムラサキシジミ

↓ムラサキシジミ 2014年3月9日 井の頭公園
d0146854_20215037.jpg

公園では、毎年越冬明け個体を見ているが、どこでどのくらいの個体が越冬しているのか、未だに突き止められない。

次いでテングチョウ

↓テングチョウ 2014年3月22日 井の頭公園
d0146854_20233864.jpg

↓テングチョウ 2014年3月23日 八王子市
d0146854_20244781.jpg

この時期丘陵地などへ行くと、テングチョウだらけと言っていいほど目につく。
この日は、馬酔木の花によく集まって吸蜜していたのが多かった。
越冬明けの個体は、花で蜜を吸って栄養をとることが多いようだ。

ルリタテハ

↓ルリタテハ 2014年3月23日 八王子市
d0146854_20275741.jpg

とてもきれいな元気のよい個体。

↓ルリタテハ 2014年3月25日 都下丘陵地
d0146854_20283527.jpg

これも元気が良すぎてなかなか止まってくれなかった。遥か遠くに止まったところ。

アカタテハ

↓アカタテハ 2014年3月23日 八王子市 ミツマタの花に
d0146854_20302852.jpg

↓同日同場所 馬酔木の花に
d0146854_20303622.jpg

どちらもとても遠いところに止まったもの。
例年ここではミツマタの花で見ているので、待っていたらやはり来た。

ヒオドシチョウ

↓ヒオドシチョウ 2014年3月25日 都下丘陵地
d0146854_20323399.jpg

ヒオドシチョウは八王子市でも出ているはずだったのに見られなかったので、昨年見た丘陵地へリベンジに。
昨年と同じ場所でまず1頭確認。遠かった。

d0146854_20325055.jpg

次に林道を歩いていると、高く低く、勢いよく飛んでいるのが目に入ったが、なかなか止まってくれず、一瞬遠くの切り株に止まったときにシャッターを切った。

d0146854_2033540.jpg

d0146854_20331279.jpg

さらに林道を歩いていると、何度が地面に降りてきた個体。かなり翅の縁が擦り切れている。
他にもう1個体見た。
今の時期、一斉に越冬明けの個体が活動し始めたようだ。

キタキチョウもいたが、撮るチャンスがなかった。
また、羽化個体のモンシロチョウを今季初めて目にしたが、これも撮れなかった。

最後に、黒っぽく見える小さな蝶が何度か飛んでいるのを目にしたが、ぜんぜん止まらず、遂に正体を確かめられないまま終わってしまった。
大きさや動きから、コツバメだったのではないかと思う。
[PR]

by 2008oharu | 2014-03-25 20:43 | | Comments(2)

フチグロトゲエダシャク遠征記 その2

前回から8日後、再びフチグロトゲエダシャクの観察ポイントへ遠征。
今回は、お散歩マナティーさんとご一緒した。
目的は、メスを見つけ、あわよくば交尾を観察することだ。
すでに前の週に交尾が観察されているので、時期が遅すぎるかもしれないという心配もあったが、
着いてみると、まだかなりのオスが飛び回っていた。

この日は4月の陽気と言われ、汗ばむほどの気温。
活発に飛び回るオスは、前回以上になかなか止まらない。
結局、一瞬止まった瞬間をカメラに収める機会は、たった1回だけだった。

d0146854_16274487.jpg

フィールドには、私たちより前に男の方が一人いらして、いかにもフチグロを探しているようなご様子。
初めのうちは苦戦なさっているようだったが、やがて一か所に屈みこまれたので、もしかして交尾が見られたのかもと近寄ってみると、手招きしてくださり、「交尾している」と教えてくださった。

近寄って見ても教えてもらわないとわからにぐらい地面に近い草のかげの中。

d0146854_1631238.jpg

かろうじて、オスの翅がのぞいている。

もう少しよく見ようとがさごそやるうちにオスに飛ばれてしまった。

d0146854_16324969.jpg

残ったメスだけでもよく見ようとするが、その動きの速いこと。どんどん草の中へ入り込み、見失ってしまった。

その後も苦戦していると、今度はあとからいらした別の方が、また地面に屈みこむ。近寄ると、また交尾しているようだ。

d0146854_16353368.jpg

これも、枯葉の下になって、右隣にかろうじてオスらしきかげが見えるという状態。
そのうちまた、オスは飛んで行ってしまった。

残ったメスの様子をまた追う。

d0146854_16374489.jpg

腹の先から何やら産卵管のように見えるものを出している枯葉に押しつけているように見えたので、もしかして産卵するのではないかと思ったが、あとで調べても卵らしきものは見当たらなかった。

というわけで、この日は人頼みの観察になってしまったが、一応メスと交尾の観察という目的はなんとか達成できた。
現地でお世話になった方々、ありがとうございました。

その後、川を上流方向へ散策しながら、似たような環境の場所に目をやると、何頭かフチグロトゲエダシャクのオスが飛んでいるのが見えた。
密度は低いが、他の場所でもいることはいるのだとわかった。
[PR]

by 2008oharu | 2014-03-17 16:44 | | Comments(2)

フチグロトゲエダシャク遠征記

みき♂さんから、フチグロトゲエダシャクが出始めているという情報をいただいた。昨年生息場所を教えていただいたので、天気の良い日に行ってみたが、なんとなくそれらしきものが飛び出したように思っただけで、結局確認することができないまま、その日は鳥などを撮ってすごすごと帰ってきた。

リベンジということで、再度行こうかと思っていると、ちょうどみき♂さんやIさんなども行かれるというメールが入ったので、今度こそとプチ遠征。

生息場所に着くと、すでにみなさんがいらしていた。
前回と違って、私の目でもたくさんのオスが飛んでいるのがわかる。
それが止まるところを探すのは至難の業で、難易度がかなり高い。
最初の1匹は、Iさんが見つけられたものを撮らせていただいた。

↓2014年3月4日。都下河川敷にて。私が初めて撮ったフチグロトゲエダシャクのオス。
d0146854_1004676.jpg

少し翅が傷んでいるが、とりあえずカメラに収められてうれしい。
次は自分で探して撮りたい。

少し離れたところだが、オスが止まったのが見えたので、まずシャッターを切る。

d0146854_104350.jpg

遠くてぼけているが、とりあえず自分で見つけて撮れた個体。
しかし、もっと寄ろうとすると、すぐに飛ばれてしまった。

しばらく止まるところを探し回っていると、やがてかなり近いところに止まった個体があった。

d0146854_1052317.jpg

この個体は、よい角度から撮ろうと近寄っても、逃げなかった。
翅をぶるぶるふるわせている。下翅も見えた。

d0146854_1061723.jpg

そして、もう一度、近くに止まった個体。
これは、かなり長いこと止まっていてくれた。翅のすれていないきれいな個体だ。

d0146854_1074563.jpg

結局、なんとか4個体のオスを見ることができ、満足できた遠征だった。

フチグロトゲエダシャクは、クロスジフユエダシャクと同じように、昼行性のフユシャクで、昼間羽化してくるメスを求めてオスが地上近くを飛び回る。
その活動時間が10時半ごろから午後1時ごろまでに限られているそうで、私が最初に行ったときは、時間が遅かったのかもしれない。
後半に長く止まるようになったのも、気温が下がってきて、活動時間の終盤になったかららしい。

フチグロトゲエダシャクは、このように活動時間が短いし、発生時期も短いらしい。
みき♂さんによれば、発生場所も河川敷のこの場所に限定されているそうだ。

今回は私以外にも3名の方々が一生懸命探したが、翅がほとんど退化したメスは確認することはできなかった。
次回の課題は、メスを見つけ、交尾の様子なども観察することだ。

貴重な生息場所を教えてくださったみき♂さんや現場でお世話になったIさんに感謝です。
[PR]

by 2008oharu | 2014-03-05 10:19 | | Comments(2)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31