<   2014年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧


5月の蛾ピックアップ キアシドクガ編

井の頭公園で、こんな蛹を見つけた。

↓蛹 2014年5月16日
d0146854_20455252.jpg

まわりに微かに糸がついているが、繭と呼べるような状態ではなく、蛹がほとんど露出している。
家に帰って調べてみると、キアシドクガの蛹らしい。

その後同様の蛹を何個体も見つけた。

↓キアシドクガの蛹。2014年5月25日 玉川上水縁
d0146854_20483493.jpg

キアシドクガは、玉川上水の下流部で一度見ているが、井の頭公園内でこのようにたくさん見たことはなかった。

そして、次々と羽化が始まる。

↓羽化したキアシドクガ 2014年5月22日 玉川上水縁(公園区域)
d0146854_2050221.jpg

↓羽化した個体の腹の部分が見える。2014年5月25日 玉川上水縁
d0146854_2051713.jpg

調べてみると、幼虫の食草はミズキ類らしい。
蛹が2個体あった柵の上を見ると、確かにミズキが生えていた。

ちなみに幼虫はこんな様子

↓キアシドクガの幼虫 2010年5月10日 玉川上水縁のミズキにて。
d0146854_20535540.jpg


キアシドクガは、ドクガの仲間ではあるが、実際には毒はないとされる。
しかも、成虫はモンシロチョウかと思わせるような真っ白な翅で、これが何頭か飛び回っていると、チョウのように見えるらしい。
名前がちょっと気の毒な蛾だ。

今年はキアシドクガの当たり年らしい。
[PR]

by 2008oharu | 2014-05-31 00:00 | | Comments(2)

5月の蛾ピックアップ ユウマダラエダシャク編

ユウマダラエダシャクは、このブログでも何度も取り上げたごく普通のシャクガだ。
井の頭公園の一角にマサキが植栽として植えられていて、ほぼ毎年見られる。
今年もそろそろかなと思って行ってみると、どんぴしゃり。

↓マサキとユウマダラエダシャク 2014年5月13日 井の頭公園
d0146854_20145932.jpg
d0146854_20151351.jpg

ざっと数えてみると、30~40匹はいたと思う。
羽化中の個体もいた。

↓羽化中のユウマダラエダシャク 同日同場所
d0146854_20172631.jpg

年によって、多い年と少ない年とがあるが、今年は多い年のようだ。
きっとこのマサキはかなり食害されるだろう。

何日かして様子を見に行くと、交尾中のペアが何組か見られた。

↓交尾ペア。2014年5月18日 同場所
d0146854_20185325.jpg
d0146854_2019494.jpg


ユウマダラエダシャクの卵は未見だったので、チャンスと思いあちこち探したが、なかなか見つからない。
ネットで調べてみても、不鮮明な写真が1~2枚ヒットするだけだった。

そして、何度かチェックして見つけたのがこれ。

↓ユウマダラエダシャクの卵と思われるもの 2014年5月24日 同場所
d0146854_20214847.jpg

これがユウマダラエダシャクの卵かどうかは、状況証拠でしか判断できない。
ほんとうは孵化を確認すべきなのだが、家に持ち帰るほどの意欲はなかった。

ただし、その後も同じような卵や、すでに孵化した幼虫のそばに白い抜け殻のようなものがあり、ほぼ確実だと思う。

↓あちこちに見つかった卵の一部。2014年5月30日 同場所
d0146854_20245889.jpg

↓孵化直後と思われる幼虫。2014年5月24日 同場所
d0146854_20253838.jpg

ユウマダラエダシャクの終齢幼虫は、このようになるはずだ。
↓2010年6月8日 同場所
d0146854_20265226.jpg


ユウマダラエダシャクについては、あとは蛹化をチェックすれば、だいたい全ステージを見たことになる。
[PR]

by 2008oharu | 2014-05-30 20:29 | | Comments(0)

テングチョウの羽化

前に取り上げたテングチョウの蛹は、無事に羽化しそうな感じだったので、続けて観察した。

前回の記事

蛹になったのは5月9日。
5月22日にやっと蛹の翅にあたる部分の色が変わり始めた。

↓5月22日の蛹
d0146854_22223949.jpg

そして、翌日の5月23日に見ると、蛹の全体が黒っぽく変色していた。

↓5月23日の蛹
d0146854_2223355.jpg

この日はいよいよ羽化しそうだと思って、1時間おきぐらいに観察したが、なんとその1時間目を話していた隙に、チョウは蛹からすでに出てしまっていた。

↓蛹から出てしまったテングチョウ
d0146854_22251611.jpg

d0146854_22252626.jpg

色がかなり黒っぽく、オスのようだ。

実はこの日、他所でもテングチョウが羽化していた。
この個体の蛹の抜け殻には斑がある。これは個体差なのだろうか。

↓テングチョウの羽化。2014年5月23日。井の頭公園
d0146854_22265236.jpg

これもオスのようだ。

残念ながら、どちらも翅を開いたところは見られないまま飛んでいってしまった。

その後、本日翅がかなりちぎれたテングチョウが産卵行動をしていた。

↓エノキの葉に産み付けられた卵 2014年5月29日 井の頭公園
d0146854_2230122.jpg


訂正:
この卵は、テングチョウの卵ではないとのご指摘を頂きました。
確かにテングチョウの卵をネットで検察したら、このような形状ではありませんでした。
テングチョウが散乱する前に、ゴマダラチョウかアカボシゴマダラがすでに産卵していたのを早とちりで思い込んでしまったようです。
ご指摘ありがとうございました。


ここ井の頭公園では、テングチョウは年2化だとはっきりわかった。

これで、テングチョウの卵・幼虫・蛹・成虫の全過程を自然の中で観察することができた。
[PR]

by 2008oharu | 2014-05-29 22:33 | | Comments(0)

春型サカハチチョウとトラフシジミ

季節はどんどん進み、ゼフィルスのうわさもあちこちから聞こえてくるが、こちらは旬を過ぎた話題で。

↓春型のサカハチチョウ 2014年5月3日 八王子市
d0146854_23232819.jpg

↓同 2014年5月7日
d0146854_2324918.jpg

腹の先から水分が…。

↓同 2014年5月14日
d0146854_23235698.jpg

ミツバウツギで吸蜜中。開翅。

↓春型のトラフシジミ 2014年5月14日 八王子市
d0146854_2327382.jpg

↓同日同場所同個体
d0146854_23274817.jpg

春型のトラフシジミは4月8日にも見ているが、あまりにも酷い写真しか撮れなかった。
今回も、逆光だったので、花の方が白とびしてしまったが、一応吸蜜シーンが撮れた。
[PR]

by 2008oharu | 2014-05-23 23:31 | | Comments(0)

2年ぶりのアオバセセリ

ウスバシロチョウをちゃんと撮っていなかったので、プチ遠征した。
電車が遅れて1時間に1本しかないバスを逃したので、駅から歩いて登った。
ウスバシロチョウは下の方で何カットか撮れたが、林道にはほとんどいなかった。
林道の入り口辺りでIさんにお目にかかった。
ミツバウツギで、チョウを撮っていらした。
私は駆け足でもう少し上まで行ってみたが、収穫が期待できないので引き換えし、Iさんとお話ししていると、なんとアオバセセリが飛んできた。

↓アオバセセリ 2014年5月7日 八王子市
d0146854_20365739.jpg
d0146854_20371461.jpg

まさかアオバセセリが見られるとは期待していなかったので、大喜びで撮ったが、高いし逆光だし、あまりに素早く飛び回るので、ぶれぶれ写真を量産してしまった。
でも、2年ぶりにアオバセセリに出遭えて、はるばる歩いて登ってきたかいがあった。

その後、みき♂さんから、アオバセセリがたくさん見られると連絡をいただいて、また行ってみる。
今度はバスに乗り、林道から歩き出して、ミツバウツギの咲くポイントをチェックしながら、高い方へ向かう。
しかし、一番上のポイントでは、待てど暮らせどアオバセセリは現れなかった。
諦めて真ん中のポイントへ降りてきて来て、しばらく待つと、やっとアオバセセリが飛んできた。

↓アオバセセリ。2014年5月14日。八王子市
d0146854_2043513.jpg

しかし、よく見ると、このアオバセセリはかなり色褪せ、反対側の翅は千切れていた。
もう時期が遅いのかとなんとなくがっかり。

最後に一番下のポイントへ戻ると、ほどなくまたアオバセセリが飛んできた。
今度はいちおうきれいな個体のようだ。

d0146854_20453719.jpg

d0146854_20454545.jpg

やはりここは高いので、なかなかピントも合わず、満足いく写真は撮れなかった。

この日は、「四季おりおり」のtwoguitarさんに偶然にお目にかかり、ご一緒に観察したり撮影したりできて楽しかった。

おまけ:ハンミョウ

ハンミョウには、一昨年アオバセセリが見られた時期に同じ場所で出遭った。そして今年もまたアオバセセリ
が見られた日に出遭う。(今年は5月8日にも他所で見ているが。)

↓2014年5月8日 八王子市
d0146854_20525634.jpg

↓2014年5月14日 八王子市
d0146854_205345.jpg

なんとなく、アオバセセリとハンミョウは、似た条件で見られるような気がする。
[PR]

by 2008oharu | 2014-05-15 21:01 | | Comments(4)

幼虫・蛹ピックアップ テングチョウ編

井の頭公園で、久々にテングチョウの幼虫を見つけた。
順不同だが、見つけた幼虫は以下。

↓若齢幼虫 2014年5月2日。井の頭公園
d0146854_1558572.jpg

↓終齢幼虫に脱皮 2014年4月29日。井の頭公園 (以前の記事にあっぷした。)
d0146854_15594991.jpg

つまり、同じ場所で少なくとも2個体はいたことになる。
この後脱皮殻は食べてしまったらしい。

↓蛹化 2014年5月9日。井の頭公園
d0146854_1603887.jpg

d0146854_1604796.jpg

横についているのは、幼虫の脱皮殻。
テングチョウの蛹を見たのは初めてだった。

↓テングチョウの産卵 2008年7月16日 玉川上水縁・三鷹区域
d0146854_1644575.jpg

テングチョウは場所によっては年1化とあるが、東京のこの地域では年2化になるようだ。

さて、今季高尾方面でも、テングチョウの幼虫をたくさん見た。
丈の低い若木にたくさんついていて、ほとんど丸坊主になりそうな大食ぶり。
テングチョウは、1本の木にたくさん卵を産み付けるらしい。

そして、驚いたことに、テングチョウの幼虫の体色が、ずいぶん違っているのだ。
同じ種類の幼虫とは思えないほどである。

↓テングチョウの幼虫の体色
d0146854_1692338.jpg

d0146854_1693362.jpg
d0146854_1694413.jpg

d0146854_161004.jpg

もちろん、井の頭で見た緑系のものもいた。
井の頭公園で見たものは、緑系ばかりだったが、高尾では、こんなにバラエティがある。地域差なのだろうか。
[PR]

by 2008oharu | 2014-05-12 16:17 | | Comments(2)

幼虫・蛹ピックアップ  蛾編

春から初夏にかけては、チョウやガの幼虫ラッシュ。
その中からいくつかピックアップする。

●ヒメヤママユ

ヒメヤママユは、昨秋やっと成虫を見ることができた。
5月11日、お仲間に誘われて、川崎市の緑地公園へ。
そこを散策していたとき、目に入った幼虫。

↓ヒメヤママユの幼虫 2014年5月11日。川崎市 写真横転
d0146854_15131272.jpg

木柵に緑色の大きい幼虫がいるのが目に入った。
ヤママユガの幼虫に違いない。
お仲間が持っていた「幼虫図鑑」で、やはりヒメヤママユと確かめられた。

しばらく行くと、また派手な色彩の、もっと小さ目の幼虫が目に入った。
やはり木柵を這っている。

d0146854_1516849.jpg

実はこれは、その場では何だか確かめられなかった。
うちに帰って調べた結果、これがヒメヤママユの2令ぐらいの幼虫だと知った。
この公園には、他にもウスタビガなどが見られるという。
今度は未見のウスタビガの幼虫も探したい。

●シロトゲフユエダシャク

私は、実はシロトゲフユエダシャクは成虫も見逃していて、未見。
しかし、井の頭公園で、5月10日にお仲間が幼虫を発見したので、井の頭でも生息しているフユシャクなのだ。

↓シロトゲフユエダシャクの幼虫(だと思う)。 2014年5月11日 川崎市
d0146854_152256.jpg

お仲間が撮った幼虫と比べると、色合いが少し違うが、とげがあるし、模様の入り方は似ているし、時期もあっているので、たぶんシロトゲフユエダシャクだと思う。

来季は成虫も確認したい。

●クロオビフユナミシャク

クロオビフユナミシャクの成虫は冬に毎年確認しているが、幼虫は未確認だった。

↓クロオビフユナミシャクの幼虫 2014年4月27日 井の頭公園
d0146854_1526963.jpg

うっかり感度を上げ過ぎた状態で撮ってしまったため、酷い画質になってしまった。

現時点で、公園には14種のフユシャクガ生息していることが確認された。
[PR]

by 2008oharu | 2014-05-12 15:37 | | Comments(0)

ウスバシロチョウ

ウスバシロチョウって、ウスバアゲハと改名されたと聞いていたのだが、最近またウスバシロチョウに戻った?
「フィールドガイド 日本のチョウ」(日本チョウ類保全協会編)でも、ウスバシロチョウと標記されている。


↓ウスバシロチョウ 2014年5月7日 八王子市 ハルジオンにて。
d0146854_22584239.jpg

ウツギの花にて。
d0146854_22585977.jpg
d0146854_2259841.jpg


↓ウスバシロチョウ 2014年5月8日 八王子市 別の場所。日光浴中
d0146854_22592059.jpg

↓雌雄接近と期待するも、不成立。
d0146854_22592930.jpg

↓カワトンボと追尾?飛行。
d0146854_230730.jpg


ウスバシロチョウは年1化のスプリング・エフェメラルなので、毎年一度は目にしたいと思う。
以前裏高尾の林道に行けば、乱舞するごとくたくさん見られた。
ところがここ2~3年、そこで見られる数がどんどん減っているように思える。
もちろん、他所ではそれなりに見られるのだが。

林道が整備され過ぎて、食草や吸蜜する花が減ってしまったせいかもしれない。
[PR]

by 2008oharu | 2014-05-09 23:14 | | Comments(6)

チョウの幼虫ピックアップ

3月からこれまでに目にしたチョウの幼虫から。

まず、本日見たウラナミアカシジミの幼虫。

↓ウラナミアカシジミの幼虫。2014年5月6日。玉川上水縁三鷹区域
d0146854_21261913.jpg

この幼虫は例年、擬木柵を這っている状態で目にしてきた。
たぶん、柵の傍に生えている食樹から落下した個体だと思われる。
今回は、近くにコナラの木があり、柵に覆いかぶさるように枝が伸びていたので、幼虫をその枝に乗せてみた。

d0146854_2129946.jpg

しばらく別の場所を観察した後、再びその枝をチェックしてみると、こんな状態だった。

d0146854_21295840.jpg

普通はこのように葉裏で休んでいるのだろうか。

もう1匹、擬木柵の裏側に張り付いた幼虫がいた。

d0146854_21313850.jpg

体に黒い傷のようなものがあるので、寄生されているのかもしれないが、もう一つの特徴として、背中の突起の茶色い模様がない。
もしかしたら、前蛹状態になった個体かもしれないと思い、家に帰ってネットで調べてみた。
なんとなく、これに似たような写真が見つかり、やはり前蛹の可能性がある。
寄生された個体なら、無事に蛹になれるかどうかわからないが、今後様子を見てみたい。

もうすぐ、ゼフィルスの季節がやってくる。

次にテングチョウ

↓テングチョウの幼虫 2014年4月29日 井の頭公園
d0146854_2135506.jpg

テングチョウは、もちろん井の頭公園で見られる蝶だが、幼虫は玉川上水の少し下流域でしか見たことがなかった。
この個体はじっとしていて動く気配がなかったので、もしかしたらと少し時間がたってからまた見に行ったら、案の定脱皮していた。

d0146854_21383551.jpg

テングチョウの幼虫は、4令までは脚などが茶色をしていて、5令になると黄緑色になるようなので、これでもう終齢なのかもしれない。かなり小さいが、これから一気に大きくなるのだろうか。
5月5日の時点ではまだ生きていたので、ぜひ蛹になるまで観察したい。

その他、ゴマダラチョウの幼虫 2014年4月16日 善福寺付近の駐車場にて。
d0146854_21483620.jpg


ツマグロヒョウモンの幼虫 2014年4月16日 自宅の庭にて
d0146854_21501680.jpg

4月のこの時点で終齢に近い大きさに育っているということは、幼虫越冬したのだろうか。

アサギマダラの幼虫 2014年3月23日 高尾
d0146854_21511439.jpg

高い位置だったので、ちょっとぼけてしまった。
この幼虫も、なんとか無事に幼虫で越冬したのだろう。
その後見に行っていないが、高尾で果たして成虫まで育つのだろうか。
[PR]

by 2008oharu | 2014-05-06 21:55 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31