<   2014年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


上半期のゾウムシ

今年は、ゾウムシとの出遭いはあまりかんばしくなかった。
オトシブミでは、例年通りエゴツルクビオトシブミ・ヒゲナガオトシブミを見たほか、昨年メスだけ見たアカクビナガオトシブミのオスに出遭ったことぐらいだ。

↓エゴツルクビオトシブミの揺籃づくり。2014年4月25日。井の頭公園
d0146854_20492576.jpg

↓ヒゲナガオトシブミのオス。2014年5月3日。高尾
d0146854_20502276.jpg

↓アカクビナガオトシブミのオス。2014年5月8日。高尾
d0146854_20511266.jpg

例年作り主が確かめられなかったヤブザクラにいたことから、たぶん、ヤブザクラの揺籃の作り主はこれだろう。

チョッキリも今年は出会いが少ない。

↓クロケシツブチョッキリか。2014年4月16日 自宅のバラ
d0146854_20535111.jpg

アブラムシと同じぐらいの大きさなので、たぶんクロケシツブチョッキリだろう。

↓カシルリチョッキリか。2014年4月15日。武蔵野公園のレッドロビンにて。
d0146854_20555443.jpg

これもあまりに小さく、識別点をはっきり見られなかったが、たぶんカシルリチョッキリだろう。

↓クチナガチョッキリ。2014年6月13日。井の頭公園のヒイラギナンテンにて
d0146854_20582549.jpg

毎年確認しているが、今年は少ない。

ゾウムシでは、毎年見ているオオゾウムシもマダラアシゾウムシも今年はまだ見ていない。

↓シロコブゾウムシ。2014年6月17日。狭山丘陵
d0146854_2102565.jpg

この日は2個体見たので、出現期だったようだ。

↓ホオジロアシナガゾウムシ 2014年5月7日。高尾
d0146854_2122946.jpg


その他、名前がはっきりわからない地味なゾウムシを何種か見たぐらいで、上半期は終わった。
[PR]

by 2008oharu | 2014-06-29 21:04 | 甲虫 | Comments(0)

遠征先のゼフィルス

昨年初めてウラゴマダラシジミを見ることができた神奈川県の公園にプチ遠征。
昨年は見ることは見たのだけれど、遠い場所での酷い1カットのみしか写真は撮れなかったので、リベンジも兼ねて。

昨年は6月5日に行っているが、すでにピークは過ぎていた。今年は6月4日だったが、まだたくさん見ることができた。

↓ウラゴマダラシジミ 2014年6月4日。神奈川県
d0146854_92443.jpg

表翅や飛翔は無理だったが、とりあえず、昨年よりはましな写真が撮れた。

↓翅が透けて見えるウラゴマダラシジミ。同日同場所
d0146854_943336.jpg

この公園では、ミドリシジミも多く見られるが、やはり時間は午前中か夕方がよいようで、私が行ったお昼前後の時間には、止まっている個体しか見られない。

↓今季初撮りのミドリシジミ。同日同場所
d0146854_962677.jpg

↓隙間から表翅の緑色が見えるオス。同日同場所
d0146854_971241.jpg

↓開いたのに、角度が悪く表翅が見えないオス。同日同場所
d0146854_975575.jpg

ミドリシジミは、オスの表翅もきれいだが、メスの表翅の4種類というのも見てみたい…、と何年も思っているだけで、今年もミドリシジミの季節は終わってしまいそうだ。
[PR]

by 2008oharu | 2014-06-11 09:10 | | Comments(0)

地元のゼフィルス

井の頭公園には3種のゼフィルスがほそぼそと生息している。
今年も3種が生息していることを確かめた。

↓アカシジミ 2014年5月30日
d0146854_20521680.jpg

旅行に行く前には見つからなかったので、帰ってきてから、いつも見られる栗の花をチェックしにいった。
花の陰に1頭いることはわかったが、とても写真に撮れる場所でもないので、あとでまた見に行くと、下に降りていた。
よく見ると、反対側の翅がすでに千切れている。
すでにピークを過ぎたのか、探し方の問題かわからないが、今年は地元ではこの1頭しか見るチャンスがなかった。

↓ミズイロオナガシジミ 2014年5月30日
d0146854_20564420.jpg

同じ日に、ミズイロオナガシジミは3頭見た。写真に撮れたのはこれのみ。
新鮮な個体のように見える。

↓ウラナミアカシジミ 2014年5月31日
d0146854_20573962.jpg

2~3頭見たように思う。

一応3種は無事生息していることが確かめられた。

ここ数年、ウラナミアカシジミとミズイロオナガシジミはそれぞれの幼虫をいちどは目にする。
擬木柵などを這っていることが多いので、食樹から落下したのだろうと思っていたが、今年はその一つが擬木柵で蛹になった。
残念ながら幼虫の時から傷のようなものがあり、蛹も形が崩れていて、しばらくすると千切れてありにたかられていたので、写真には撮っていない。

しかし、アカシジミの幼虫は見たことがないのだ。

もしかしたら、ミズイロオナガシジミとウラナミアカシジミは、食樹を離れて蛹になることが多く、徘徊している姿を目にしやすいのかもしれない。それに対して、アカシジミは食樹についたまま蛹化するのではないか。

あくまで憶測なので、これから調べてみたい課題だ。
[PR]

by 2008oharu | 2014-06-07 21:09 | | Comments(0)

5月の上高地 コヒオドシ他

5月27日ー28日に、鳥見が目的で上高地へ行った。
心の中では、クモマツマキチョウが見られたらいいなと思っていたが、時期が早かったのか、探す場所が違っていたのか、残念ながら出遭うことはできなかった。

寒い朝は蝶の動きはほとんどなかったが、少し暖かくなると、茶色っぽい蝶が目につき始めた。昨年の夏に見たコヒオドシらしい。

↓コヒオドシ 2014年5月27日 上高地にて
d0146854_2157015.jpg

↓翅に切れ込みがある個体
d0146854_21572519.jpg

↓翅がかなりちぎれている個体
d0146854_21573970.jpg

↓裏翅 
d0146854_21582239.jpg

どの個体も、イラクサ類(正確な名前はわからない)に止まる。
きっと産卵に来たメスに違いない。
これらのコヒオドシはたぶん越冬明けの個体で、これから産卵し、また夏に新成虫が発生するのだろう。

次に日の昼間には、花に来ているコヒオドシもいたが、鳥見に忙しく写真は撮れなかった。

次に見たのは、シロチョウたち。
これがなかなか止まらないので、何であるかよくわからない。
頭の中で確か高地にすむシロチョウがいたはずだがと思ったが、遠目にはモンシロチョウとスジグロシロチョウに見えた。

何とか止まった個体を撮り、あとで家に帰ってよくチェックすると、もしかしたらヤマトスジグロシロチョウだったかも。

↓ヤマトスジグロシロチョウ疑惑のスジグロシロチョウ 2014年5月27日 上高地にて
d0146854_2295235.jpg
d0146854_2210937.jpg


28日には気温がかなり上がり、アゲハ類も飛んでいたが、写真は撮れなかった。
コヒオドシの花止まりを撮り逃がした代わりに、モンキチョウを撮った。
これは、どう見ても普通のモンキチョウだった。

↓モンキチョウ 2014年5月28日 上高地にて
d0146854_22142578.jpg


今度上高地のようなところへ行くチャンスがあったら、普通種に見える蝶もしっかり識別できるように撮ろうと反省。
[PR]

by 2008oharu | 2014-06-05 22:17 | | Comments(2)

地元のヒオドシチョウ 蛹化と羽化

2014年5月17日。地元井の頭公園に見慣れない幼虫がいると連絡が入ったので、行ってみた。
見ると、タテハチョウの幼虫のようだ。
キタテハでもアカタテハでルリタテハでもない。
いろいろ推測して、未見のヒオドシチョウの幼虫ではないかと思った。
幼虫はすでに前蛹の体勢になっていたが、時間が経つごとにいつの間にか数が増えていって、十数匹になった。

↓ヒオドシチョウの前蛹 2014年5月17日 井の頭公園
d0146854_223793.jpg

ヒオドシチョウは山地や丘陵地、近くは野川公園などで見たことがある蝶だが、私は井の頭公園で見るのは初めてだった。

前蛹なので、次の日は蛹になるだろうと思い、その様子を観察することにした。

↓蛹化の開始 2014年5月18日 同場所
d0146854_2253618.jpg

頭部の後ろが割れ、幼虫の殻がジッパーを開けるように開いて行って、蛹の体が現れ、最後に幼虫の殻を落とす。

↓蛹の完成 
d0146854_22110100.jpg

その間の様子を、スライドショーにしてみた。

ヒオドシチョウの蛹化

この間、ほんの数分であった。
この日十数匹の前蛹はほとんどが蛹になった。

これだけの蛹から無事に羽化できるのはどれくらいだろうか。寄生されたり、鳥に食べられたりするものも多いだろうが、ぜひ羽化の様子も観察したいと思った。

その後、案の定、毎日少しずつ蛹は減っていった。ほとんどが根こそぎ取られていたので、たぶん鳥が捕ったのだろう。
羽化の予定日には、なんと3頭しか残らなかった。

ヒオドシチョウの蛹は、他のチョウの蛹のように、色合いが劇的に変化することはないらしいので、ほとんど一日中張り付くように観察してまる一日無駄にしたあと、やっと羽化が始まった。

↓羽化直前の蛹 2014年6月2日 同場所
d0146854_22192156.jpg

チョウの翅のヒオドシ色模様が透けて見える。

↓蛹の殻を破って、チョウが頭を出す。
d0146854_2220119.jpg

↓全身が殻から出る。この間1分も経たない。
d0146854_22211449.jpg

↓殻にぶらさがり翅を伸ばす。
d0146854_2222656.jpg

翅が完全に伸びきるまでの間に、羽化液を排出する。これは蛹の間にできた老廃物なのだが、その液がまるで血のように真っ赤なのだ。

↓地面に落ちた羽化液
d0146854_22234489.jpg


この間の様子もスライドショーにしてみた。

ヒオドシチョウの羽化

今まで地元では見たことがなかったヒオドシチョウがなぜ、今年はこんなに見られるのだろうか。今年は越冬明けのヒオドシチョウがあちこちでよく見られている。
何かヒオドシチョウの発生に都合の良いことが起きているのだろうか。

実は見落としていただけで、昨年地元でヒオドシチョウを見た人がいたということがあとでわかった。
そして、今年地元のヒオドシチョウの幼虫は、もう1か所発生していた。その蛹は1週間ほど早く羽化し、少なくとも4個体ぐらいが近くの樹液に来ていることもわかった。

↓先に羽化した地元のヒオドシチョウ 2014年6月1日 井の頭公園
d0146854_22342595.jpg

d0146854_22343687.jpg

ヒオドシチョウは年1化で、越冬した成虫が春に卵を産む。なんでも150個ぐらいかためて産むらしいので、その卵が孵れば、食樹(エノキ)をかなり食害するそうだ。それらの幼虫が無事に成長すれば、いきなり大発生ということが十分起こり得る。
井の頭公園でも、昨年羽化した成虫が無事に越冬し、産卵したのだろうか。

この先、ヒオドシチョウは井の頭に定着するのか、今季だけの現象なのか。夏眠はどこでするのか。
いろいろ謎が多いので、今後も注意して観察したい。
[PR]

by 2008oharu | 2014-06-02 22:42 | | Comments(8)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30