<   2014年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧


9月の蛾から シャチホコガ編

プチ遠征先で見た初見のシャチホコガから

↓イシダシャチホコ 2014年9月16日 東京都下
d0146854_18191374.jpg
d0146854_18192696.jpg

ついている場所が人工物なので、余計に目立つのだと思うが、大きくて、模様がちょっと派手で、存在感がある。
この場所で日を改めて2個体見たので、近所に食樹があるのかもしれない。

↓アオバシャチホコ 2014年9月16日 東京都下
d0146854_18213124.jpg
d0146854_18213869.jpg

イシダシャチホコと同じ場所にいた。
「青葉」という名前の意味がよくわからなかったが、家で幼虫を調べたら、薄緑のきれいな色だったので、幼虫の色からついた名前かもしれない。
この蛾も大きく、毛の黄色い部分が金色に光って見える。
やはり同じ場所に2~3個体いた。

↓ハイイロシャチホコ 2014年9月18日 東京都下
d0146854_18245547.jpg

地味目の中ぐらいの大きさの蛾

↓スズキシャチホコ 同日同場所
d0146854_18254386.jpg

こちらは大きい蛾、白地に黒い線で模様が入った地味目の蛾

↓ナカスジシャチホコ 2014年9月16日 東京都下
d0146854_1827630.jpg

こちらは植木の葉の上にいたが、すでにかなり弱っていた様子。
家に帰って名前を調べてわかったのだが、上から見るとなかなか面白い模様に見えるようなので、それが撮れなくて残念。

幼虫では、

↓クビワシャチホコ  2014年9月23日 井の頭公園
d0146854_18314154.jpg

マナティさんが教えてくれた幼虫で、井の頭公園では初見。
カエデが食草らしい。
ちょっと刺激を感じると、頭をそりかえして背中に付ける。いかにもシャチホコガの幼虫らしいポーズをとる。
そのとき、かなり体も揺らすので、捕食者もびっくりしそうだ。

↓シャチホコばった幼虫
d0146854_18323925.jpg


初見ではないが、元祖シャチホコガの幼虫が今年もやっと見られた。

↓シャチホコガの幼虫 2014年9月5日 井の頭公園
d0146854_18352790.jpg

これに勝る異形の幼虫はなかなかいないだろう。
[PR]

by 2008oharu | 2014-09-30 18:37 | | Comments(2)

今年のヤドリガ

ヤドリガに関しては、昨年、セミヤドリガの成虫の羽化が見られたのが大きな収穫だった。
この様子は昨年のブログに書いた。

昨年のブログ

昨年はセミが多かったせいか、セミヤドリガもよく目につき、幼虫が落下して来て蛹になる様子もよく目にした。

今年は、セミが少なく感じたし(気温の上下が激しかったせいか?)、セミヤドリガも昨年ほど多くは目にしなかった。

↓ヒグラシについたセミヤドリガ 2014年8月17日 井の頭公園
d0146854_9592921.jpg

セミヤドリガは、ヒグラシのみでなく、アブラゼミにもミンミンゼミにもつくことは、以前からの観察でわかっている。

昨年はまた、ハゴロモヤドリガの幼虫もたくさん観察されたが、これは、今年も相変わらず多い。

↓テングスケバの幼虫についたハゴロモヤドリガの幼虫 2014年8月23日 玉川上水縁
d0146854_1005093.jpg

↓テングスケバの成虫についたハゴロモヤドリガの幼虫 同日同場所
d0146854_102259.jpg

この場所にはイネ科の植物が多く茂り、テングスケバがたくさん生息しているのだが、ヤドリガに寄生されていない個体を探す方が難しいほど、ほとんどが寄生されたいる。

ここでちょっと疑問に思うのは、テングスケバは幼虫から成虫になるとき脱皮するわけだが、そのときハゴロモヤドリガの幼虫はどうなるのだろうかということだ。
引き続き移動して成虫にとりつくのか、幼虫と成虫にとりついている個体は別々の個体なのか。

↓ツマグロスケバの成虫とハゴロモヤドリガ 同日同場所
d0146854_106929.jpg

テングスケバが多くいる一帯には、ツマグロスケバも多い(食草は違うはずだが)。やはりかなりの確率で寄生された居る。

しかし、何度探しても寄生されている幼虫は発見できない。これも、もう一つの疑問だ。幼虫には寄生しないのだろうか。もしそうだとしたら、それはなぜか。

↓ツマグロスケバの幼虫。同日同場所
d0146854_1085382.jpg

そして、肝心のハゴロモ類(アミガサハゴロモ・ベッコウハゴロモ・スケバハゴロモ・アオバハゴロモなど)に寄生している幼虫をなかなか見つけられないでいる。

また、ハゴロモヤドリガの羽化もなかなか見られない。

ところで、プチ遠征さきで、井の頭公園では未だ未確認のウンカを見た。

↓タテスジグンバイウンカ 2014年9月9日 東京都下
d0146854_1013444.jpg

あちこち見ているうちに、1個体、寄生されているのを見つける。

↓ハゴロモヤドリガに寄生された個体 同日同場所
d0146854_10144751.jpg

すばしこく動き回るので、わかりやすい角度からは撮れなかったが、ハゴロモヤドリガのはずだ。

ハゴロモヤドリガはホストに事欠かず、なかなか繁栄している蛾のようだ。
[PR]

by 2008oharu | 2014-09-26 10:18 | | Comments(2)

飛びものが撮れない

トンボ界のツバメ(と私が勝手に呼んでいる)ヤンマは、トンボの中でも一際飛ぶことに特化しているので、脚が弱くて体を支えきれず、ぶら下がって止まるといわれている。

そのぶら下がっている状態を見つけられれば写真を撮るのは簡単なのだろうが、そううまく見つけられるものではない。

ヤンマも縄張り占有行動をとっているときは、一定の場所をいったりきたりして飛ぶので、それが撮れれば、体の模様も目で追うより確かめられるし、同定もしやすい。

けれど、私の腕では、なかなか飛びものを撮ることができないのだ(涙)。

先日もオニヤンマらしきものが目の前を何度もホバリングしながら行ったり来たりしていたのに、撮れたのはこんな写真のみ。

↓オニヤンマ 2014年9月18日 東京都下
d0146854_17422985.jpg

その前は、初見のルリボシヤンマがやはりゆっくり占有行動をとっていたのだが、ぶれぶれ。

↓ルリボシヤンマ 2013年8月21日 他県
d0146854_17442921.jpg

ギンヤンマすら、飛んでいるところはまともに撮れたことがない。

↓ぶら下がるギンヤンマ 2014年8月19日 練馬区
d0146854_17465273.jpg

↓つながって産卵中のギンヤンマ 2014年8月3日 練馬区
d0146854_1748652.jpg

結局ギンヤンマはいつもこういう写真ばかり。

マルタンヤンマとヤブヤンマは、案外見つけやすいところでぶら下がっていることが多いので撮れる。

↓マルタンヤンマ 2014年8月19日 練馬区
d0146854_1750034.jpg

↓ヤブヤンマ 2013年7月14日 練馬区
d0146854_1750571.jpg

でなければ、息絶えた個体。

↓ヤブヤンマ 2014年6月15日 井の頭公園
d0146854_17515288.jpg

このヤブヤンマは、木の葉の間に翅が挟まったかして、きれいな体のまま息絶えていたもの。

来年こそ、飛びものが撮れるように練習して、ヤンマをいろいろ撮りたい。

いや、ヤンマに限らず、オオヤマトンボだって、飛んでいるところは撮れたことがないし、空中で戦ったり、つながったりするトンボが撮れれば、もっといろいろな発見ができるはずなのだ。
[PR]

by 2008oharu | 2014-09-25 17:58 | 蜻蛉 | Comments(0)

地元のミドリヒョウモン

私が井の頭公園でミドリヒョウモンを確認したのは2009年ごろだった。
近隣の公園には以前からいることがわかっていたので、井の頭にいても不思議ではないが、井の頭では数がとても少ないので、なかなか目につかなかっただけかもしれない。

その後、2011年、こんなシーンを見かけた。

↓ミドリヒョウモン(メス) 2011年9月24日 井の頭公園にて 
d0146854_832386.jpg

d0146854_8321716.jpg

暗い林縁部の樹木の幹に止まっているので、初め何をしているのかわからなかった。
しかし、よく見ると、腹の先を曲げて幹に押しつけるようにしているがわかる。
これは産卵のポーズだ。

ミドリヒョウモンの幼虫の食草はスミレ類なのに、なぜ木の幹に産卵しようとしているのか。
手持ちの図鑑で調べてみると、「食草付近の杉や桜などの樹幹や板塀・石などに産み付けられる」とあった。
上の写真は杉かその仲間だったと思う。

翌年も産卵行動をとるメスに出遭った。

↓産卵行動をとるミドリヒョウモンのメス 2012年9月22日 井の頭公園にて
d0146854_8413317.jpg

こちらは、桜の幹。

2013年9月22日にもミドリヒョウモンの産卵行動は見られ、この時はシデ類に来ていた。(写真はよく撮れなかったので省略)

このように、細々ながらミドリヒョウモンは井の頭公園で繁殖しているはずなのだが、未だ幼虫や蛹は確認したことがないし、公園で羽化した成虫も確認できていない。

今年もそのミドリヒョウモンの産卵行動が見られる季節となった。
今回は、お仲間と一緒に産卵していると思われる木の幹をチェックし、やっと卵を確認できた。

↓ミドリヒョウモンの卵 2014年9月14日 井の頭公園にて
d0146854_8494431.jpg

この木はコナラである。

これらの木の根元には、確かにタチツボスミレが群生している。
ミドリヒョウモンは卵と1令で越冬するとあるので、来春忘れないようにこのあたりのタチツボスミレをチェックし、幼虫を探したいものだ。

一方、ミドリヒョウモンのオスたちは、秋の花々で吸蜜していることが多い。

↓キバナコスモスにて 2013年9月7日 井の頭公園
d0146854_8533439.jpg

↓ニラの花にて 2014年9月14日 玉川上水縁にて
d0146854_8543295.jpg

今年は、同じ場所に3頭のミドリヒョウモンのオスが飛び回っているのも見た。

↓アザミ(ノハラアザミか)にて 2014年9月19日 井の頭公園
d0146854_8561043.jpg

↓ヨメナの仲間(シロヨメナ?)にて 同日同場所
d0146854_8565372.jpg

↓ツルボにて 同日同場所
d0146854_857276.jpg


秋に井の頭公園に現れるミドリヒョウモンは、高地から降りてくるのか、どこかで夏眠していたのか、その辺の事情もよくわからない。
[PR]

by 2008oharu | 2014-09-20 09:03 | | Comments(2)

タカネトンボ 他

タカネトンボというトンボもMFにはいないので、今まで見たことはなかった。
見られそうな場所の情報を知り合いから得たので、ためしに行ってみる。

小さな池にマユタテアカネがたくさんいたので、それを見ていたら、タカネトンボらしきものが飛んできた。
オスのようで、しばらくテリトリー巡回を繰り返したのち、周りの植栽に止まった。

↓タカネトンボ 2014年9月16日 東京都郊外
d0146854_8445095.jpg
d0146854_84515.jpg

望遠レンズを持たないで行ったので、これが限界だが、初見のトンボがまた見られたのでよかった。

タカネトンボはエゾトンボ科に属する。ヤンマ類のように、ぶら下がり状態で止まるようだ。

タカネトンボが巡回をしているとき、一度ルリボシヤンマが飛んできたが、テリトリー争いをやったのち、ルリボシヤンマの方が追い払われ、その後私が見ている間は二度と来なかった。

実は、この場所はタカネトンボとルリボシヤンマがけっこう多く見られる場所だったらしいのだが、知人が見ているときに、大きな網を持った人が現れ、根こそぎ捕っていってしまったのだそうだ。

聞いていたもう一つ別の場所にも行ってみたが、そこにはタカネトンボもルリボシヤンマも他のトンボもまったく見られず、通りがかりに網を持った人には出遭った。

一応こういう公共の場所では捕獲は自粛を呼びかけられているはずなのに残念なことだ。
(前回紹介したスミナガシの幼虫も、どうも持ち帰られてしまったらしい。)
研究・調査のために許可を得て行う場合以外は、公園や公共施設での捕獲は自粛してほしい。

この日は、ちょっと大きな地震があったので、早めに帰った。

井の頭公園での今季のトンボ情報から。
今季は池がかい掘りされたあとで、どんな変化があるか興味があった。
総じて、トンボの個体数は多くなった印象がある。

↓コフキトンボのメス(赤色帯型) 2014年7月10日 井の頭池
d0146854_8565932.jpg

コフキトンボが以前から池に生息していたかどうかは定かではない。
普通のコフキトンボはシオカラトンボとよく似ているので、遠目ではなかなか区別できないからだ。
この赤色のオビトンボは、遠目でもとても目立ったので、それと分かった。

↓チョウトンボ 2014年7月27日 井の頭池
d0146854_921098.jpg

d0146854_921944.jpg

チョウトンボは近隣の公園で最近よく見られるようになったトンボだが、井の頭池では私は見たことがなかった。しかし、目撃したのはこの日だけで、翌日にはもう見つからなかったので、迷い込んできただけかもしれない。

↓ウチワヤンマ 2014年6月19日 井の頭池
d0146854_945847.jpg

遠くの杭に止まっているので、大きくは撮れない。
ウチワヤンマは、私が観察し始めたころは、毎年必ず見られたのに、だんだん目につかなくなった。
今年は、かいぼり中にヤゴが見つかったし、1匹カイツブリが捕獲しているのを見た後でも、また目撃できたので、複数生息していることがわかった。

↓ウチワヤンマのヤゴ 2014年1月29日 井の頭池
d0146854_985420.jpg

↓オナガサナエ 2014年7月27日 井の頭池
d0146854_993654.jpg

オナガサナエは、今まで玉川上水縁などでは毎年見られたが、池の周りにいるのを見たのは初めて。

その他、ギンヤンマやオオヤマトンボなど毎年見られるトンボも多数元気に飛び回っていた。
[PR]

by 2008oharu | 2014-09-17 09:28 | 蜻蛉 | Comments(0)

アオイトトンボ

トンボはごく身近なものしか見てこなかったので、40~50種ぐらいしか見ていない。
蝶の幼虫を見に行ったついでにみき♂さんに案内していただいて、この日は初見のアオイトトンボを見ることができた。

↓オアイトトンボ 2014年9月13日 武蔵村山市
d0146854_11443330.jpg

オオアオイトトンボは何度か見たことがあるので、このように翅を半ば開いて斜めに止まる様子はよく似ていると思った。

初めは数が少ないかと思ったが、歩いて行くうちにあちらにもこちらにもいるのがわかり、年1化の羽化のピークだったのかもしれない。

初めの写真は望遠で撮ったもの。あちこちで見られたので、コンデジやマクロレンズでも撮ってみた。

↓マクロレンズで。
d0146854_11494952.jpg
d0146854_11495958.jpg

↓コンデジで
d0146854_11502049.jpg

大きく拡大しないとあまり違わない(苦笑)。

交尾ペアもいたが、草の隙間からしか撮れなかった。
メスの翅がフレームアウトしている。
d0146854_11514466.jpg


メタリックに輝くブルーがきれいだったが、成熟すると白く粉をふくようになるようだ。

おまけ:
今年撮ったイトトンボのペア

↓アオモンイトトンボ 2014年7月27日 井の頭公園
d0146854_11541925.jpg

↓モノサシトンボ 2014年6月27日 井の頭公園
d0146854_1155342.jpg

思い返すと、今年はクロイトトンボが少なかったのか、ただチャンスを逃しただけなのか、ペアは撮っていなかった。
[PR]

by 2008oharu | 2014-09-15 11:58 | 蜻蛉 | Comments(2)

スミナガシとアオバセセリの幼虫

スミナガシとアオバセセリの幼虫は、とても特徴がはっきりしている幼虫なので、一度は見てみたいと常々思っていた。(成虫すらも、なかなかお目にかかれないが。)

そんな気持ちを察してくださった方が、見られる場所を教えてくださったので、絶好のチャンスとありがたく見に行くことにした。

スミナガシもアオバセセリもアワブキを食樹にしている。この木が識別できるようにと、「多摩森林科学園」でチェックしておいたにもかかわらず、いざ探すとなると、記憶があやふやになり、うろうろ探し回っていたら、ちょうど教えてくださった方に出遭い、無事たどり着けた。

そして、いました、スミナガシ!
外側へ曲がった角の形。体に緑の鞍掛け状の模様。図鑑で見た通りの幼虫だ。

↓スミナガシの幼虫 (若齢) 2014年9月9日。武蔵村山市
d0146854_202634100.jpg

↓同(終齢前ぐらいか)
d0146854_20264573.jpg

葉の食痕は、コミスジなどに似ている。
ちなみに、以前飼育個体の蛹は見ているが、蛹もまたユニークだ。

↓スミナガシの蛹 飼育個体 2009年3月26日
d0146854_20351540.jpg


この日は、すでに時間も遅くなり、アオバセセリ・ポイントまではたどり着けそうもなかったので、スミナガシの幼虫が見られたことに満足して帰った。

数日後、アオバセセリの方も見に行こうと計画していたところ、みき♂さんと同じポイントをご存知のBANYANさんとご一緒することになった。

地図を頼りに行くつもりだったが、、結局BANYANさんに案内してもらったので、すぐにたどり着くことができた。

アワブキを探すと、アオバセセリが綴ったらしい葉が4か所ほど見つけられた。

↓アオバセセリの幼虫が綴った葉 2014年9月13日 
d0146854_20423068.jpg

↓綴りを開いてみる
d0146854_20444657.jpg

↓別個体
d0146854_20445717.jpg

↓記念撮影を
d0146854_20463320.jpg

アオバセセリは、チョウも他のセセリチョウとは色模様がぜんぜん違うが、幼虫もとても派手だ。いかにも南方由来という感じがする。
葉を開いたとき、中にこんな幼虫がいたらびっくりするという効果なのかもしれない。

実はアオバセセリの幼虫も飼育個体では見たことがあるのだが、やはり自然の状態で見るのでは感動が違った。
飼育個体では、蛹化したものも見ている。

↓蛹化したては色がまだ赤い。 2009年10月8日
d0146854_20503287.jpg

↓少し経つと白っぽくなる。
d0146854_2051285.jpg


今回、アワブキの木をなんとか覚えたことと、幼虫の見つけ方も少しわかったので、来年は自分でも探してみたい。
もちろん、成虫もぜひ見たいものだが。

いろいろな方にお世話になり、ありがとうございました。

追記:
ネットで検索していたら、「日本蝶類学会」の面白い記事がヒットした。
こちら
[PR]

by 2008oharu | 2014-09-14 20:58 | | Comments(6)

ハグロトンボの暮らし

ハグロトンボは毎年見られるカワトンボの仲間で、たぶんその多くは神田川や玉川上水などで幼虫時代を過ごしているのだろう。

当然ながらとてもたくさん見られる年と、あまり目にしない年があるのだが、今年はことのほか多いように思う。

神田川沿いの住宅地の一角にハグロトンボの集団がいると分かったのが今年の収穫だ。
写真は住宅地なので撮りにくかったが、雰囲気はこんな感じ。

↓ハグロトンボの集団。2014年7月12日~13日 神田川沿い
d0146854_11332028.jpg

数えると30匹はいる。
人が近づくとひらひらと飛んで逃げるが、遠くへはいかない。

d0146854_11345216.jpg

オスもメスもいっしょに喧嘩したり交尾したりすることもなく、翅を休めている。

たぶん、川から羽化した成虫たちは、まだ未成熟で、昼間はこういう緑陰で休憩し、夕方餌取りに飛び立つのではないだろうか。
川の縁には千切れた翅が散乱していたので、天敵にに襲われたのかもしれない。

9月になってどうしているか見に行くと、さすがにもう集団はなかった。
そのかわり、川の水草の上にたくさんのハグロトンボが止まったり飛んだりしていた。
既に成熟したのだろう。

そして、9月10日のこと。
オスたちが追いかけっこをしているのを見ていたら、1匹のオスがメスを捉まえた。

↓メスの頭を押さえたオス 2014年9月10日 神田川にて
d0146854_1141221.jpg

この状態で、2~3匹の他のオスが邪魔に入ってきて、混乱状態になったが、写真はぶれぶれで撮れなかった。

↓メスがオスとつながる 同日同場所
d0146854_11423226.jpg

メスが腹を曲げて、オスから精子を受け取る体勢(ハート形)になった。

それでもお邪魔虫たちが何度もやってくる

↓近づいてくるオスとペア
d0146854_11442798.jpg

見ていると、交尾中のオスは、近づいてくる他のオスを、翅を動かして追い払おうとしている。
何度もこのような行動をとることによって、オスの翅はどんどん傷んでくるのだろう。

d0146854_1146722.jpg
d0146854_11461441.jpg

やがて、オスとメスは離れ、メスはあちこちの水草に乗っては、腹の先をを水中の水草につけて、卵をうみつける。

その間もオスはメスの移動のあとを追い、他のオスが近づかないように見張っていた。
d0146854_1147342.jpg


子孫を残すための苦労はなかなかですね。
[PR]

by 2008oharu | 2014-09-11 11:51 | 蜻蛉 | Comments(2)

モス撮りプチ遠征

知り合いの方から、蛾が比較的容易に見られるポイントがあると聞き、さっそく試しに行ってみた。

そしてのっけからうれしい悲鳴

↓ヤママユ(オス) 2014年9月2日 八王子市
d0146854_12231852.jpg

実はヤママユというものを今まで見たことがなかったのだ。
なんて大きいのだろう。最大開張150mmぐらいあるとは聞いていたが、それくらいありそうだ。

このチャンスになんとか裏翅も見てみたいと手に乗せようとしたが、脚でぶら下がるには重すぎたのか、下に落ちてしまい、その後私の体に止まったり、あちこちばたばたと飛んだ挙句に高みに飛んでいってしまった。
この美しさは、コンデジでは写しきれないので、やはりマクロレンズがほしくなる。

その他、なんとか名前が判明した、初見のきれいどころなどをピックアップ

↓ヤスジシャチホコ 同日同場所
d0146854_12294414.jpg

↓クワゴマダラヒトリ
d0146854_12302710.jpg

↓ウスギヌカギバ
d0146854_12312217.jpg

この蛾の模様は、翅の先の方が頭だと思わせる擬態になっているのではないだろうか。

↓ウスベリケンモン
d0146854_12321825.jpg

↓ナカジロナミシャク
d0146854_12325281.jpg

↓ヨツモンマエジロアオシャク
d0146854_12333931.jpg

これは、ちょっと遠かったので、コンデジ10倍ズームぎりぎりで撮った。ちょっと残念な移り具合になってしまった。

以上はほんの一部だが、小さい蛾はまだまだたくさん見つかった。

最後にMFで最近見かけた蛾をおまけに

↓アカエグリバ 2014年9月2日 井の頭公園付近
d0146854_12364623.jpg


蛾は、山奥や林の中ではうまくカモフラージュされていて、なかなか見つけられないが、自然度が高めの場所にある建物の壁や自販機、電柱などでは、姿も目立ち、見つけやすいということを再確認した遠征だった。
また、行ってみたい。
[PR]

by 2008oharu | 2014-09-07 12:39 | | Comments(4)

イラガセイボウ ハチらしくない色のハチたち

ハチといえば、だいたい黒と黄色の警戒色をまとった昆虫のイメージがある。
スズメバチ・アシナガバチ・ミツバチなど、刺されると痛い・毒があるハチたちは、この警戒色をまとって、近寄るな・食べるなと警告していると言われる。
この警告は、人間にも十分刷り込まれているので、先に紹介したコシアカスカシバを初め、「虎の威」を借りるベイツ型擬態を進化させてきた昆虫たちにだまされる。

ところが、中にはハチなのに、ハチらしくない色合いのハチももちろんいる。

●イラガセイボウ
先日、みき♂さんが、セイボウがいると連絡くださったので駆けつけた。

↓イラガセイボウ(と思う) 2014年8月31日 井の頭公園
d0146854_735387.jpg

イラガセイボウは、イラガの繭に穴を開けて寄生するハチで、よく図鑑に載っているので有名だが、実際に見たのは初めてだった。

図鑑通り、青と緑が顆粒状に輝く美しい色だ。

しかし、翅が半分千切れていて、動きも鈍い。観察している間は、せいぜい歩き回るだけで、飛ぶことはなかった。
Aさんによれば、イラガセイボウのオスは、オス同士で戦ってよく翅が千切れるのだそうだ。
この個体もオスで戦ったあとなのだろうか。

MFでは、イラガセイボウはもちろん、イラガ自身すらも、あまり多くはない。(他のイラガの仲間はけっこういるのだが。)それなのに、2~3日後にまたイラガセイボウが見つかった。

↓別個体のイラガセイボウ 2014年9月3日 井の頭公園
d0146854_7441693.jpg
d0146854_7442471.jpg

上は、同じ個体の別角度写真。場所は31日の個体とは違う場所。よく見るとやはり翅が片方半分に切れているが、切れ方が違うので別個体とわかる。
この個体も動きは鈍く、歩き回るだけだった。

こうして続けて2個体ものイラガセイボウに出遭えたので、どこかでイラガも繁殖していたのだろうと思われる。

イラガセイボウ以外の色違いのハチで、毎年MFで見られるのは、ルリモンハナバチだ。

↓ルリモンハナバチ 2014年7月20日 井の頭公園のキバナコスモスにて
d0146854_749778.jpg

d0146854_7491861.jpg

このハチは、キバナコスモスやキツネノマゴなどに訪花して蜜を吸っているのを見かけることが多い。
きれいなので、見つかるといつも写真に撮りたくなる。

↓ハラアカハキリヤドリ 2014年7月18日 井の頭公園のミソハギにて。
d0146854_7521390.jpg

↓同 2014年7月20日 井の頭公園のキバナコスモスにて
d0146854_753256.jpg

ハラアカハキリヤドリは、ハラアカヤドリハキリバチという名前に変わったそうだ。
このハチは腹部が赤いのが特徴。ルリモンハナバチと同じ時期同じ場所で見られることが多い。

オオハキリバチの巣に入って食べ物を横取りするという労働寄生蜂らしい。
[PR]

by 2008oharu | 2014-09-04 07:57 | | Comments(6)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30