<   2014年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧


10月の蛾から 初見編

今年の秋は、蛾がよく見られるポイントに何回もプチ遠征したので、かなりいろいろな蛾に出遭うことができた。その中から、10月に見た初見(たぶん)の蛾一覧。

↓キアミメナミシャク 2014年9月29日 東京都下
d0146854_8513595.jpg

これは9月末に見たものだが、名前を特定したのが10月になってからなので、紹介しておく。
模様がとても複雑。

↓キリバエダシャク 2014年10月8日
d0146854_8535250.jpg

↓クロミスジシロエダシャク 同日同場所
d0146854_8543936.jpg

人間の目には美しい模様と映るが、視線を頭と反対側に導く戦略なのか。

↓モンウスギヌカギバ 同日同場所
d0146854_8562419.jpg

この蛾の模様もなかなか不思議だ。

↓クロズウスキエダシャク 同日同場所
d0146854_8565196.jpg

こちらは地味目

↓オオアヤトガリバ 同日同場所
d0146854_8575473.jpg

これも大変複雑な装い。

オオノコメエダシャク改め、ヒメノコメエダシャク 同日他所
d0146854_8592331.jpg

この日は途中でみき♂さんと出遭って、ご一緒に見て回ったときにみき♂さんが見つけられたもの。
ヒメノコメエダシャクは井の頭でも見ているが、これはたぶんオオノコメエダシャクだろう。
と思ったが、やはりヒメノコメエダシャクのようだ。

↓ゴボウトガリヨトウ 2014年10月24日 東京都下
d0146854_91375.jpg

少し傷んでいるが、派手目の色合いだ。

↓ソトウスアツバ 同日同場所
d0146854_923219.jpg

この手の模様の蛾は似たものがとても多くて同定がやっかいだ。

その他、まだまだ名前を調べていない地味な小さな蛾はたくさん残っている。
[PR]

by 2008oharu | 2014-10-31 09:05 | | Comments(2)

ヒメヤママユ

あちこちでヒメヤママユが出始めていると知って、私もそのポイントへ行ってみたが、見つけられなかった。
前の日はいたとか、次の日はいたという情報に、つくづく運がないと半ばあきらめかけていたが、もう一度挑戦することにした。

最初のポイントでは、影も形も見当たらなかった。(つまり翅さえも落ちてなかった。)
それで、しかたなく、次のポイントへ足を延ばす。
ここでは、電柱を1本1本見上げて蛾の影を探すのだ。
そして、ここでも諦めかけていたころ、やっとその影が見つかった。

↓ヒメヤママユ 2014年10月26日 東京都下
d0146854_21504843.jpg

電柱の目の高さについていた個体。

その電柱には、上の電球の部分にも1匹ついていた。

d0146854_21522488.jpg

どちらもオスのようだ。

ここは、昨年ヒメヤママユを見た場所で、千切れた翅も落ちていたので、やはりかなり確実なヒメヤママユ・ポイントになっているようだ。

2匹見つけられたので、帰ろうかとも思ったのだが、欲が出て、さらに別のポイントへ。

かなり捜し歩いて、やっともう1匹見つけた。

d0146854_21555735.jpg

背景の電柱も汚れているし、蛾もかなり擦り切れてはいるが、3匹も見られたことがうれしい。

この電柱は古いタイプで、蛍光灯あるいはLEDではないので、蛾が来ていたのかもしれないと思った。

そのあと、もう1か所回ってみたが、そこではヒメヤママユの残骸しか見当たらなかった。
しかし、執念で(笑)歩き回ったおかげで、今年もヒメヤママユを見ることができてうれしかった。
ヒメヤママユの配色はとても美しいと思う。

おまけ:
↓クスサン 2014年10月11日 東京都下
d0146854_2224411.jpg

今年もクスサンはよい個体と出遭えなかった。
来年こそは、もっときれいな個体と出遭いたい。

そして、次はいよいよ今年最後のヤママユガ、ウスタビガだ。
[PR]

by 2008oharu | 2014-10-28 22:06 | | Comments(2)

アサギマダラとウラナミシジミ

この秋、井の頭公園で最初にアサギマダラを見たのは、9月19日だった。次の日も同じ場所にいて、その後いなくなった。次いで9月28日、また公園内の別の場所で見る。

↓井の頭公園に現れたアサギマダラ 2014年9月28日
d0146854_22314622.jpg

そして、10月16日にも現れた。

↓10月16日のアサギマダラ
d0146854_22331593.jpg

d0146854_22332338.jpg

アサギマダラは渡りをする蝶として有名だが、井の頭公園にも初夏と秋に通過するのが見られる。
今まで井の頭で観察したのは、全部オスだった。
飛来したアサギマダラは、フジバカマの花などがあれば吸蜜行動も見られるが、比較的暗い場所で休んでいることが多い。

メスは、食草のキジョランが生えている場所でしか見たことがない。
井の頭にキジョランがあったら、果たしてメスも産卵しに来るのだろうか。

同じく渡りをする蝶、ウラナミシジミ。
この秋初めて見たのは、9月20日。写真は撮れなかった。次の日、別の場所でまた見た。

↓ウラナミシジミ。2014年9月21日。 井の頭公園の萩の花にて
d0146854_22424618.jpg

いよいよ渡ってきたかと思ったら、その後しばらく見つけられず、だいぶたってから、やっとまた現れた。

↓2014年10月12日 井の頭公園のコセンダングサにて
d0146854_2245947.jpg

d0146854_22451689.jpg
d0146854_2245238.jpg

このコセンダングサがたくさん咲いている一角には、昨年もウラナミシジミがたくさん見られたのだが、今年もこの日は3~4頭集まっていた。
しかし、よく見ると、どのウラナミシジミも一応花の部分に止まっているが、吸蜜はしていない。それどころか、ほとんど動きもしなかった。
まるで、いっせいに渡ってきて一休みしているというような感じがした。

↓翅を開いて吸蜜中のウラナミシジミ 同日同場所
d0146854_2249589.jpg

この日吸蜜を確認できたのは、この個体のみ。

その後天気のせいもあって、よう確かめてはいないが、数頭したウラナミシジミはほとんど見当たらなかった。

渡りの蝶たちの行動は、いろいろ謎が多い。
[PR]

by 2008oharu | 2014-10-23 22:56 | | Comments(2)

オオアオイトトンボ他

今年は、あまり多くのトンボの種類と出遭うことなく、秋が深まってきてしまったが、トンボの中では寒さに強いと言われるオオアオイトトンボとは出遭うことができた。

↓オオアオイトトンボ  2014年10月16日 井の頭公園
d0146854_21145566.jpg
d0146854_2115458.jpg
d0146854_21151361.jpg

この一角には、2~3匹のオオアオイトトンボがいて、時々縄張り争いをしていた。
すべて♂のようだった。

鳥見に行った長野県で見たこのトンボは、キトンボだろうか。

↓キトンボ 2014年10月18日 長野県
d0146854_2117454.jpg

残念ながら、この角度からしか撮れなかった。
このトンボも、かなり晩秋まで見られるトンボらしい。

ここでは、もう1種のトンボがいたが、識別点が分かるような角度からは撮ることができなかった。
いちおう、不明種として載せておく。

↓不明なアカネ 2014年10月18日 長野県
d0146854_21212010.jpg
d0146854_21214894.jpg

今年こそ、久しぶりにホソミオツネントンボが見たい。
[PR]

by 2008oharu | 2014-10-21 21:23 | 蜻蛉 | Comments(2)

モンキチョウの乱舞

東京郊外の野原で、モンキチョウが乱舞していた。

↓何頭かのモンキチョウが絡み合って、飛ぶ。2014年10月10日。東京都下
d0146854_21423029.jpg

黄色い翅の蝶がオスで、白っぽいのがメスのはずだ。
この原っぱには、コセンダングサが生えていて、その花で吸蜜しながら、メスをめぐって絡み合って飛んでいた。

MFの井の頭公園では、モンキチョウが好むような明るい原っぱは少なく、モンキチョウはあまり見られない。
それがある日、いきなりモンキチョウだらけになっている場所があった。
そこは、やはりコセンダングサが茂っている一角だったが、私がときどきチェックしたときは、モンキチョウはまったくいなかった。

↓コセンダングサの花で吸蜜するモンキチョウ 2014年10月14日 井の頭公園
d0146854_2148248.jpg

このモンキチョウは、反対側の翅が千切れている。
d0146854_21491895.jpg

↓同じ場所のモンキチョウのメス 同日同場所
d0146854_2150020.jpg

このメスの翅もかなり傷んでいる。

オスたちは、この翅の傷んだメスを見つけると、盛んに求愛行動をとる。
d0146854_21515631.jpg

↓よく見ると、メスの翅に脚をかけている。
d0146854_21523587.jpg

しかし、メスは、ひたすら吸蜜中で、オスを相手にはしない。

↓他のオスが邪魔しに来ると、追い払う
d0146854_21532319.jpg

↓時には他種が邪魔しに来る
d0146854_21535174.jpg

私が見ている範囲では、ペアになれたものはいなかった。

ところで、このモンキチョウたちは、いったいどこからやってきたのだろうか。
2~3日後には、モンキチョウの数はかなり減っていた。
またどこか、別の場所に移動していったのだろうか。

キャベツ畑のモンシロチョウや、萩の花に来るキタキチョウなどが集団化しているのは、きっとメスの産卵場所や羽化場所を求めてオスが集まってきているのだと思う。
もしかしたら、メスの吸蜜場所にも、オスたちが集まってくるのかもしれない。

d0146854_21422220.jpg

[PR]

by 2008oharu | 2014-10-16 22:08 | | Comments(2)

初見の直翅類

MFの公園では、種類も個体数も少なかった直翅類だが、プチ遠征先で、少し新しい種類を見つけた。

↓セスジササキリモドキ 2014年9月4日 東京都下
d0146854_2164960.jpg
d0146854_2165948.jpg

この場所では、9月2日にも見ているので、ごく普通に見られる直翅類なのかもしれない。

ヒメササキリモドキ ヒメツユムシ(訂正) 2014年9月4日 東京都下
d0146854_2191135.jpg

あまりにも薄い緑色なので、はっきり撮れなかった。脚を伸ばしてべたっとくっついていた。

↓クサヒバリ 2014年9月13日 東京都下
d0146854_21105941.jpg

別の昆虫を撮っているときに遠くにいるのが目に入って、かなり適当に撮ったので、酷い画像になってしまった。クサヒバリは、前にも見たか聞いたかしたような気もするが、写真に撮ったのは初めてだったと思う。

初見ではないが、井の頭にはいない直翅類としては、

↓キリギリス 2014年8月13日 東京都下
d0146854_21161170.jpg

盛んに鳴いていたので、探したら見つかった。
井の頭にいるとしたら、放虫されたものだと思う。

井の頭で最もポピュラーなのは、

↓アオマツムシ 2014年9月19日 井の頭公園
d0146854_21175647.jpg

ご存知、秋の夜のお騒がせ虫。
秋も深まると昼間から鳴き始める。

↓サトクダマキモドキ 2014年9月16日 写真は他所
d0146854_2123748.jpg

この2種は、木の上で暮らす直翅類なので、井の頭公園のような雑木林には比較的多くいるのだろう。

↓ササキリ 2014年9月22日 井の頭公園
d0146854_21253635.jpg

名前の通り、笹原に生息しているので、これも笹原が比較的広がっている公園にでは毎年見られる。しかし、今年は少なめ。

その他、セスジツユムシ・カネタタキ・ウスグモスズ・ウマオイ・地面で暮らすコオロギ類もそこそこ見られた。
[PR]

by 2008oharu | 2014-10-15 21:28 | バッタの仲間 | Comments(2)

バッタが少ない

↓産卵するトノサマバッタ 2014年10月10月10日 東京都下
d0146854_16504461.jpg

今年、井の頭公園では、トノサマバッタをとんと見ない。
というか、トノサマバッタは井の頭公園には以前からほとんど生息していなかったと思う。
それが、2011年、突如としてある一角にトノサマバッタがたくさん見られるようになった。
幼虫から成虫まで、緑色のや茶色いのや黒いのまで。
産卵するのも見られた。
子どもたちが大喜びでバッタを追いかけ、捕まえて遊んでいた。

しかし、トノサマバッタの大盛況はその年だけのことで、すぐにじり貧となり、いつものトノサマバッタのいない公園に戻ってしまった。

トノサマバッタが繁殖するには、草が生えた開けた土地と、産卵できるじゃり地のような場所が必要だ。
2011年は、偶然にもそのような条件が整った年だったのだろうか。
最近はまた、例のデング熱の問題もあってか、草刈りは徹底的に行われ、トノサマバッタばかりか、全体に直翅類の種類や数がとても少ないように思う。

↓ツチイナゴの幼虫 2014年9月9日 東京都下
d0146854_1724411.jpg

d0146854_1725993.jpg
d0146854_173919.jpg

同じ日に見たツチイナゴの幼虫。一番上は、若齢幼虫。
涙目が特徴。
ツチイナゴも井の頭公園ではめったに見ない。

↓ツチイナゴの成虫 2014年10月8日 東京都下
d0146854_1753944.jpg

場所は違うが、約1か月で成虫になった。
ツチイナゴの幼虫はたいてい緑色なのに、成虫は茶色くなる。

しかし、ただ一度茶色い幼虫をみたことがある。

↓茶色いツチイナゴの幼虫 2010年11月7日 東京都下
d0146854_1763656.jpg


↓ヒナバッタ 2014年10月10日 東京都下
d0146854_17143772.jpg
d0146854_17144728.jpg

このバッタも、トノサマバッタがいるような環境に多いような気がする。
今回もトノサマバッタが産卵しているところと同じ場所で見た。
ここには、毎年トノサマバッタとヒナバッタがたくさん見られる。

井の頭公園界隈でみたバッタは、

↓オンブバッタ(交尾中) 2014年9月24日 玉川上水縁
d0146854_17171953.jpg

これはさすがに井の頭公園内でも見られる。

↓クルマバッタモドキ 2014年7月19日 井の頭公園に隣接する公園にて
d0146854_1719734.jpg


↓イナゴ(コバネイナゴかな)。2014年9月17日 井の頭公園内
d0146854_1720488.jpg

イナゴでも見られると写真に撮りたくなるほど、公園内ではあまり目にしなかった。

今年はそれほど熱心に探したわけではないので、正確なデータにはならないが、とにかくバッタ類は少なかったという印象だった。
[PR]

by 2008oharu | 2014-10-13 17:24 | バッタの仲間 | Comments(2)

赤トンボたち

やっと、アキアカネが里に下りてくる季節になった。

今年はなんだか赤トンボ(アカネ類)の種類や個体数が少ないような気がする。
ただ、私が出遭えなかっただけかもしれないが。

アキアカネは、6月ごろ里で羽化し、その後涼しい高地へ行ってしまう。
このところ、夏に高地へプ旅行する機会ができて、そこでたくさんのアキアカネが飛んでいるのは見てきた。

↓アキアカネ 2014年8月8日 入笠湿原にて
d0146854_15575112.jpg

アキアカネは暑さに特に弱いそうで、秋めいたころ成熟して里に下りてきて交尾産卵する。そろそろ産卵が見られてもいいころだ。

↓コノシメトンボ 2014年8月24日 井の頭界隈
d0146854_1614574.jpg

d0146854_1615416.jpg

コノシメトンボは毎年ごく普通に見られるアカネ類で、今年は特にコノシメトンボしかいないのではないかと思うような状況だった。

↓ノシメトンボ 2014年8月24日 井の頭公園
d0146854_1631377.jpg

コノシメトンボやノシメトンボは、涼しい高地へは行かないが、盛夏中は、林の涼しいところで暑さをしのいで暮らしていることが多い。

↓ミヤマアカネ(オス) 2014年9月9日 東京都下 
d0146854_1671556.jpg

↓同(メス) 同日同場所
d0146854_1672367.jpg

ミヤマアカネは井の頭公園ではたまにしか見られないが、自然度の高い里山ではたくさん見られるようだ。
この日、この場所では、あたり一角にたくさんのミヤマアカネが集まっていた。
そして、数日後同じ場所へ行ってみると、たった1匹しかいなかった。
水辺に産卵に行ったのかもしれない。
9月29日、別の郊外で目の前の水たまりに尾つながりになって産卵行動をとるミヤマアカネのペアを見たが、写真にとることはできなかった。

↓マユタテアカネ 2014年9月18日 東京都下
d0146854_16114943.jpg
d0146854_16115680.jpg
d0146854_16123100.jpg

この場所は小さな池だが、そこにいたアカネ類は、すべてマユタテアカネばかりだった。
オスが何匹も縄張り争いをしながら、メスを見つけると交尾・産卵していた。(それを邪魔するオスの活動も。)
同種が集まることによって、婚活がしやすくなるのだろうか。

そういえば、アキアカネが産卵しているときも、たくさんのアキアカネが集まっていることが多い。

↓リスアカネ 2014年9月9日 東京都下
d0146854_1617367.jpg

この場所にいたアカネ類も、リスアカネが多かったように思う。

井の頭公園でも、ミヤマアカネ、リスアカネやマユタテアカネ、マイコアカネやネキトンボなどを見たことはあるのだが、たいてい単独個体だった。
改めて思い返してみると、井の頭公園界隈でアカネ類が産卵しているのを見たのは、アキアカネとノシメトンボぐらいしかなかった。
私が見落としているだけかもしれないが、他のアカネ類は、どこで産卵しているのだろうか。
[PR]

by 2008oharu | 2014-10-05 16:29 | 蜻蛉 | Comments(2)

9月の蛾から その他いろいろ

先ず、初旬に一度ヤママユを見ることができて満足していたのだが、まだ見られると聞いて、メスが見られたらいいなと行ってみた。

↓ヤママユのメス 2014年9月29日 東京都下
d0146854_22471831.jpg

図鑑やネットで見たことのあるきれいな黄色。
翅はあまり傷んでいなかったが、すでに弱っているようで、触ってみても、飛ぶことはなかった。
写真を撮っているとき、通りがかった子供連れの家族が、びっくりしていた。

次の日に行ったみき♂さんが、ぼろぼろのメスと卵をご覧になったそうだが、同じ個体だったのだろうか。
卵も見たかった気がする。

この日は、あと2個体のヤママユガ見られた。

↓ヤママユのオス 同日同場所
d0146854_22511299.jpg
d0146854_22514977.jpg

前回見たのとはだいぶ色が違っていた。
片方は床に落ちているような感じで、もう一方は一応まだ壁に張り付いていた。
次回は、もう少し自然な場所で見てみたいと欲が出てきた。

↓シロシタバ 2014年9月29日 東京都下
d0146854_22561723.jpg

こちらは人家の壁のやや高いところについている。
とにかくスズメガ並に大きかったのでびっくりした。
名前は家に帰って調べてわかったのだが、シロシタバとわかっていれば、下の翅を見てみたかった。

↓ウコンエダシャク 2014年9月18日 東京都下
d0146854_22582826.jpg

こうやってみると、お面(マスク)のような感じがする。目のように見える部分は透けている。

↓ミドリリンガ 2014年9月29日 東京都下
d0146854_231485.jpg

ミドリリンガはこの場所で何度か見たのだが、どれも色あせていたり、擦り切れていた。これはましな方。
新鮮な個体だったら、もっときれいに見えるのだろう。

↓カクモンヒトリ  2014年9月16日 東京都下
d0146854_234038.jpg
 
この時期、ヒトリガの仲間がとても多く見られた。

↓ウンモンシロエダシャク 2014年9月29日 東京都下
d0146854_2341331.jpg

こちらは林道の下草の上に止まっていたもの。
エダシャクは似たようなものがたくさんいる。

その他、まだいろいろ出遭ったが、今回は省略。

9月の蛾といえば、井の頭公園では、ホシホウジャクやオオスカシバが秋の花の蜜を求めて元気に飛び回っている。

↓ホシホウジャク 2014年9月22日 井の頭公園
d0146854_2393951.jpg

d0146854_23102127.jpg

昼間はべったり壁などにはりついている蛾たちも、夜はこのように元気に飛び回って花の蜜などを吸っているものがいるはずだ。いつかそんな姿が捉えられたらいいのだが。
[PR]

by 2008oharu | 2014-10-01 23:13 | | Comments(2)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31