<   2015年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧


フユシャク続報  シロフフユエダシャクとクロテンフユシャク

1月に入ってからのフユシャクは、今現在ウスバフユシャクの最盛期のようだが、少しずつ他のフユシャクも見られるようになってきた。

まず、シロフフユエダシャク

シロフフユエダシャクのオス 2015年1月11日
d0146854_2141479.jpg
d0146854_21411832.jpg

上2枚の写真は同一個体。
この日はとても風が強い日で、一回りして戻ってみたら、上翅が開いて下翅が見えていた。

また、この個体の傍にはもう一個体
d0146854_21434433.jpg

それに、たぶんシロフフユエダシャクだと思われる羽化不全個体もいた。
d0146854_21445919.jpg

同じ日に3個体が近い場所で見られたので、もしかしたら兄弟なのかもしれない。

メスは、本日やっと目にした。

シロフフユエダシャクの♀ 2015年1月25日
d0146854_2147924.jpg



珍しく擬木柵ではなく、自然の樹木についているフユシャクガ目に入った。

2015年1月23日
d0146854_21491333.jpg

d0146854_21492475.jpg

羽化して間もないのか、翅を閉じているので、種類がよくわからなかった。
しばらくしてもう一度見に行くと、翅を開いていたので、クロテンフユシャクとわかった。

d0146854_215182.jpg
d0146854_21511673.jpg

フユシャク類のメスもたくさん見かける。
今見られるフユシャクの多くはウスバフユシャクだとは思うが、交尾している時でないと識別できない。

ウスバフユシャクの交尾ペア
d0146854_21563945.jpg
d0146854_21572131.jpg

交尾の最初のころは、メスはオスの翅の下に隠れているので、脚だけが見える。

d0146854_21573199.jpg

だんだんにメスが姿を現し、やがて完全に離れる。

d0146854_21574095.jpg

こうして近くにいる場合は、交尾後のペアだと思って間違いないだろう。

ところで、今の時期薄茶色い小さな蛾がひらひらと飛んでいるのが見られる。
ウスバフユシャクは、昼間でも飛ぶのだろうか。

シロフフユエダシャクのオスの羽化不全を見た風の強い日、みき♂さんが、シモフリトゲエダシャクのオスを見つけたと連絡くださった。それも残念ながら羽化不全だった。
風が強い日は、羽化不全になりやすいのだろうか。

羽化不全のシモフリトゲエダシャク 2015年1月17日
d0146854_2233970.jpg

以上、写真はすべて井の頭公園にて。
[PR]

by 2008oharu | 2015-01-25 22:04 | | Comments(2)

春を待つウラギンシジミ

11月に見つけた越冬態勢のウラギンシジミは、今のところまだ健在だ。

椿で越冬するウラギンシジミ 2014年12月22日の状態 井の頭公園
d0146854_1413260.jpg

その後、みき♂さんが、珍しくモチノキで越冬するウラギンシジミを発見された。

d0146854_1414284.jpg

写真は2014年12月22日のものだが、この個体も、今のところ健在。

そして、マナティさんに教えてもらったもう一個体。

2015年1月10日の状態。井の頭公園
d0146854_1416046.jpg

これも椿で越冬中。

この冬は、同じ一角に3頭も越冬しているのが見られた。
ウラギンシジミは、このように葉にしがみついただけの状態で、何も食べず、葉の表面を伝ってくる水滴を時々飲むだけで、寒い冬をひたすら耐えて過ごす。

3頭とも無事に春を迎えられるだろうか。迎えてほしい。
[PR]

by 2008oharu | 2015-01-15 14:21 | | Comments(2)

迎春

d0146854_15424658.jpg

明けましておめでとうございます。

昨年の「公園昆虫記」のトピックスは、

●ヒオドシチョウの蛹化・羽化が見られたこと。この「公園昆虫記」を初めて以来、MFでヒオドシチョウが見られたのは初めてだったし、その蛹化や羽化の観察は初体験だった。
今年はどうなるのだろうか。

●「井の頭かんさつ会」でクモを取り上げることがきっかけで、かなり集中的にMFのクモをチェックし、たくさんの種類を見つけることができた。その後、以前から一度見たいと思っていたトリノフンダマシ(MFにはいない)を探しにプチ遠征し、なんとか見ることができたこと。

●成虫さえなかなか出遭えないスミナガシやアオバセセリ。それらの自然状態の幼虫を見ることができたこと。

●新しい蛾観察ポイントを教えてもらって、ヤママユガやシャチホコガなどのライファーが一気に増えたこと。

●コシアカスカシバが大発生したため、その生態観察ができたこと。

●その他、フチグロトゲエダシャクやイラガセイボウなど、いくつかの新しい出遭いがあったこと。

などだった。いろいろな情報をお寄せくださった方々に感謝します。
今年はどんな出遭いがあるだろうか。

今年もどうぞよろしく。

さて、MFでは、あいかわらずフユシャクがメイン。

↓シロオビフユシャク オス 2014年12月31日 玉川上水縁
d0146854_1612470.jpg

↓シロオビフユシャクのメス 2015年1月2日 玉川上水縁
d0146854_162196.jpg

それと、昨年末に、イチモジフユナミシャクのメスが産卵しているのを見た。

↓産卵中のイチモジフユナミシャク。2014年12月31日 井の頭公園
d0146854_1635968.jpg

卵はやはり緑色で、つながって出てきている。
今年行ってみたら、メスはもちろん、卵もついていなかった。

しかし、今季はイチモジフユナミシャクが例年になく多く見られたので、春には幼虫なども探してみたい。
[PR]

by 2008oharu | 2015-01-06 16:07 | | Comments(2)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31