<   2015年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


ヒガンバナと蝶

ヒガンバナに来る蝶の写真は、季節感がありフォトジェニックだからか、この時期あちこちのブログなどで紹介されている。

私も過去に何度かカメラを向けてきたが、あまりはっきりした意図もなく撮ったのでろくな写真は撮れていない。今年はみき♂さんに影響されて、ちょっと気合を入れて撮ってみた。(もちろん大した写真にはならなかったが。)

クロアゲハとヒガンバナ
d0146854_10434742.jpg

モンキアゲハとヒガンバナ
d0146854_10442510.jpg

カラスアゲハとヒガンバナ
d0146854_10451880.jpg

ナガサキアゲハとヒガンバナ
d0146854_10461976.jpg

ナミアゲハとヒガンバナ
d0146854_10465318.jpg

このように、ヒガンバナはアゲハチョウにとても好まれる花である。
アゲハチョウは赤い色を識別することができるチョウなので当然の結果ともいえる。

その他にもオナガアゲハ・ミヤマカラスアゲハ・ジャコウアゲハも吸蜜に来るそうなので、それらが生息している場所で待てば、ほとんどの種類のアゲハチョウを撮ることができそうだ。

ちなみに過去の写真をチェックしてみると、キアゲハも来ている。

キアゲハとヒガンバナ 2004年9月17日
d0146854_1051798.jpg

他のチョウは来ないのかというと、キタキチョウは来ることがある。

キタキチョウとヒガンバナ 2014年9月27日
d0146854_10521665.jpg

キタキチョウは、赤い色ではなく何か別の方法で蜜のあることを識別しているのだろうか。

ところで日本で咲くヒガンバナは3倍体で種を作らないので、チョウを蜜で誘う必要はないらしい。いわば無償提供しているので、生物としては無駄なエネルギーを使っていることになる。
そのうち蜜を提供しないヒガンバナが進化してくるかもしれないので、こういう写真が撮れるのも今のうちという可能性も?
[PR]

by 2008oharu | 2015-09-25 10:58 | | Comments(2)

ルリモンハナバチ他

井の頭公園でルリモンハナバチを見つけて以来、毎年「今年もいるかな」と探すのが恒例となった。
最初に見たのはキツネノマゴに来ていた個体だが、その後キバナコスモスにも来ることがわかり、以降だいたいキバナコスモスをチェックするようになった。

今年も見ることができた。

d0146854_051561.jpg
d0146854_052527.jpg

ネットなどをチェックしていると、ルリモンハナバチを毎年探しているのはどうやら私だけではないようだ。今年はさらに、ルリモンハナバチを撮るためにプチ遠征するという人がいたので、相当な人気なのだと分かった次第。そして、みんなキツネノマゴやキバナコスモスに来ることを知っている。
たまたま出現期と花の開花期が一致しているためか、それとも特に好む理由があるからかはわからないが。

それに、このハチがなぜるり色をしているのかということや、生活史などまだまだ分からないことがおおいまま今年も写真を撮っただけで終わってしまった。

ルリモンハナバチが出現するころ、同時に見られるのがハラアカヤドリハキリバチ。旧名ハラアカハキリヤドリをやっと覚えたのに、名前が変わってしまい混乱する。

d0146854_015783.jpg

このハチも、生活史などわからないまま、今年もこのワンカットを撮って終わってしまった。
いつか、そうだったのかとわかる日が来るといいが。

毎年夏の高原で見かけるマルハナバチの仲間で、いつもうまく撮れなかったオオマルハナバチが、今年はなんとか撮れた。

d0146854_018748.jpg

(左下で別のハチがクモの犠牲になっているのは、家に帰ってきてから気付いた。)

d0146854_0181730.jpg


今花で見かけるキンケイハラナガツチバチたち。これも交尾や産卵行動を観察しようと思いつつ、今年は写真すら撮っていないことに気付く。

d0146854_02650100.jpg

今年初めて目にしたはオナガコバチの仲間
こういうハチとの出会いは偶然なので、二度と見られないかもしれない。
[PR]

by 2008oharu | 2015-09-22 00:33 | | Comments(0)

小さくてちょっとおかしなカメムシ目たち

アカハネナガウンカ

d0146854_23133283.jpg
d0146854_23134355.jpg

これは残念ながら地元の公園では見られない。
今年もプチ遠征先で見たのだが、ちょうど発生のピークだったようで、葉裏に何匹も何匹もついていたのが印象的。つくづくユニークなご面相の虫だ。

ブチミャクヨコバイ

d0146854_23161737.jpg

ユニークな顔と言えば、やはりこのブチミャクヨコバイも外せない。こちらは地元でもよく見られる。

ちょうど脱皮した直後
d0146854_23172628.jpg

そして、幼虫は奇怪な形をしている。
d0146854_2318579.jpg

クサビウンカの仲間

d0146854_23191746.jpg

やはりおかしなご面相。地元産。

オビマルツノゼミ

d0146854_23204183.jpg
d0146854_23205072.jpg

地元産。毎年藤の葉などをチェックすると見られる。
外国産のツノゼミに比べるとかなり地味だが。

ホシアワフキ

d0146854_23232260.jpg
d0146854_23233137.jpg

これはプチ遠征先にて。地元ではシロオビアワフキは見たことがあるが、これはシロオビではなさそう。ただし同定にはあまり自信がない。
目を横切る線が人相(いや虫相か)を悪くしている。

トビイロハゴロモ

d0146854_2326173.jpg

これもプチ遠征先にて。初見。遠くて小さくてよく撮れなかったが、おかしなポーズをしている。

タテジマグンバイウンカ

d0146854_23275581.jpg

これも同じプチ遠征先で撮った。昨年も同じところにいた。地元では見たことがない。

小さくても、いろいろ凝ったつくりのユニークな体をしているものが多いのが昆虫の魅力だ。

追記:
ミミズク

d0146854_1114096.jpg

この昆虫もおかしな形をしたカメムシ目の一員として欠かせない。
地元の公園にて。2015年9月15日。撮れたて。
[PR]

by 2008oharu | 2015-09-13 23:31 | カメムシ | Comments(2)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30