<   2017年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


コツバメを待つ

スプリングエフェメラル第2弾。
数日前からコツバメが出ているというポイントへ、いつものメンバーでプチ遠征。
コツバメの食草アセビの花が咲いている場所へ着いたのは10時半過ぎ。
晴れているが風が強く、前回は他のチョウも吸蜜に来ていたらしいのだが、この日は全くチョウは飛んでこない。待ちくたびれて、あちこち散策したり昼食を調達したりして再び戻ってきてみると、ちょうど12時ごろ出たという。

それでもまた出てくるだろうと信じて待つこと30分ほど、願いかなって2回目の出現。
d0146854_11132846.jpg
アセビに止まったが、このカットのみですぐに飛んでいってしまった。
諦めきれずにさらに待つこと1時間弱、やっとまた飛んできた。同じ場所だ。今度は100mmマクロで撮った。
d0146854_11132979.jpg
もふもふ感がすごい。前脚で口吻をすりすりしている。汚れをとっているのだろうか。
やがて口吻を伸ばしてアセビの花の蜜を吸いだしたが、口吻が花茎の陰になってよく撮れなかった。
d0146854_11132897.jpg
一応今季初のコツバメが撮れたので、今回はよしとし、撤収した。

遠征先では、他にミヤマセセリ(吸蜜には間に合わなかった)、新生モンシロチョウ、スジグロシロチョウも撮れた。

ミヤマセセリ
d0146854_21153358.jpg
d0146854_21153325.jpg
モンシロチョウ
d0146854_21153241.jpg
d0146854_21153243.jpg
スジグロシロチョウ
d0146854_21153300.jpg
三寒四温の日々で予測がなかなか難しいが、少しずつ今季初撮りのチョウの種類が増えてきてうれしい。

[PR]

by 2008oharu | 2017-03-24 21:56 | | Comments(2)

丘陵地の春 その2

前回の丘陵地遠征からちょうど1週間後、再びヘムレンさんの案内で丘陵地へ。
第一の目的は、ヘムレンさんが発見したオオミドリシジミの卵を見ること。

d0146854_11143103.jpg
コナラの芽もとに産み付けられた卵は、芽がかぶさるように生長して来ていて、教えてもらってもなかなか見つけられなかったし、撮るのはもっと難しかった。
これを見つけたヘムレンさんの眼力に脱帽。

さらに、ミヤマセセリが見られるのではないかというポイントへ。
しばらく待つと、日当たりのよい丘陵地の斜面に黒っぽい影が飛ぶ。待望のミヤマセセリだった。

d0146854_11143207.jpg
d0146854_11143376.jpg
さらに場所を移して早春の野草が花咲くフィールドへ。
期待違わず、ここではミヤマセセリがオオイヌノフグリやハコベなどで吸蜜する姿も見られた。

d0146854_11143293.jpg
d0146854_11143263.jpg
チョウのスプリングエフェメラル第1弾を早々に見ることができてよかった。

初めのポイントでは、成虫越冬チョウのヒオドシチョウも出てきて、ときどきミヤマセセリと絡みながら元気に飛び回る。

d0146854_11143203.jpg
d0146854_11143196.jpg
なかなかきれいな個体なので、よい場所で越冬できたに違いない。

翌日も4月の陽気で、地元の公園でもモンシロチョウはもちろん、なんとツマキチョウも目にしたが、写真は撮れなかった。
今年は何種のスプリング・エフェメラルに出会うことができるだろうか。

おまけ:トイレ入り口にいたシロトゲエダシャク(3月のフユシャク)
d0146854_11143198.jpg


[PR]

by 2008oharu | 2017-03-21 11:30 | | Comments(2)

丘陵地の春

地元では相変わらず、フユシャクも見られないし、チョウも飛ばない。
そこで、3月10日、一足先に春が来ている丘陵地へプチ遠征(例によってヘムレンさんとみき♂さんにお供して)。

ベニシジミ

日当たりのよい斜面では、すでにベニシジミが数頭羽化して活動していた。
それもいきなり交尾シーン。

d0146854_22013949.jpg
吸蜜シーンも。
d0146854_22013943.jpg
新生ベニシジミの春型は美しい。
d0146854_22014033.jpg
d0146854_22014029.jpg
モンキチョウ

新生モンキチョウはすでに見ているが、ここでも2頭ほど飛んでいた。
d0146854_22013910.jpg
ビロードツリアブ
チョウではないが、春を告げるアブのスプリングエフェメラル、ビロードツリアブも期待通り飛んでいる。
d0146854_22014063.jpg
トイレには、これも春の蛾、アトジロエダシャク
d0146854_22023016.jpg
スジグロシロチョウの蛹が2個、もうすぐ羽化しそうだ。
d0146854_22015242.jpg
アカボシゴマダラの幼虫も新芽の展開を待ち望んでいる。
d0146854_22014806.jpg
そしてコナラの枝には卵が。
d0146854_22015797.jpg
初めアカシジミの卵ではないかと思われていたが、ムラサキシジミではないかという意見も聞かれた。
卵はあまりにも小さくて、私のカメラTG-4では形から判別できるようには撮れない。
時期としては、卵越冬のアカシジミがふさわしいと思うのだが、成虫越冬のムラサキシジミだとしたら、孵化しなかった卵ということか。私にはなんとも判断できない。

地元の公園にも早く春が来てほしいものだ。




[PR]

by 2008oharu | 2017-03-12 22:17 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31