<   2017年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧


今季のセミから

今日も時折小雨の降る天気だったが、セミたちは元気よく鳴いていた。地元ではニイニイゼミ・アブラゼミ・ミンミンゼミ・ヒグラシ・ツクツクボウシがすでに出揃っていて、たまにクマゼミの声も聞かれている。

そんなセミたちとの出会いのシーンをいくつか。

ニイニイゼミの羽化
d0146854_20255622.jpg
d0146854_20255749.jpg
7月15日の午後5時ごろ。私にとっての今季初めての羽化シーン。

ニイニイゼミの産卵
d0146854_20255668.jpg
d0146854_20260241.jpg
こちらは8月13日。若木の細い枝に2匹のニイニイゼミが止まっていて、どちらも産卵していた。

産卵された枝の様子
d0146854_20260592.jpg
ちょっと手の届かない位置になったので、卵の撮影はできなかったが、以前に卵はみたことがある。白くて長細い形をしていた。

枝を動き回って場所を決め、産卵する様子を動画に撮ってみた。

https://www.youtube.com/watch?v=ygyXSFBtHbo

アブラゼミの幼虫
d0146854_20321046.jpg
8月4日午後3時ごろのこと。住宅街の舗装道路を横切るように歩いていたアブラゼミの幼虫。このままでは踏まれるか轢かれるかしそうなので、そっと近くの家の植え込みへ移動させた。どうなったかはわからない。

アブラゼミの羽化
d0146854_20323146.jpg
こちらは8月14日の8時過ぎの様子。擬木柵で羽化している。

ミンミンゼミ
d0146854_20353279.jpg
7月22日。今季初めてカメラに収まったミンミンゼミ。

ミンミンゼミが鳴く様子も動画で撮ってみた。(別個体)

https://www.youtube.com/watch?v=el98aqiLeyk

別に珍しくもない様子だが。

セミの観察のの中で、なかなか出会いがないのが交尾(過去に2~3回はあったが)。さらに幼虫の孵化はまったく見たことがない。とても身近な昆虫ではあるが、観察できるシーンは限られている。






[PR]

by 2008oharu | 2017-08-16 20:41 | その他の昆虫 | Comments(0)

ルリイトトンボとオオルリボシヤンマ

2000m級の高原のイトトンボ、ルリイトトンボ。昨年ヘムレンさん、みき♂さんと探しにいったときは、時期が違っていたのか、見られなかった。今年もリベンジ。

いました!

ルリイトトンボ
d0146854_09460831.jpg
池に向かう途中の道にすぐに見つかった。あっちにもこっちにも。足元にもいて踏んでしまいそうなくらいだ。
d0146854_09460942.jpg
高原の清んだ空気の中で、るり色が鮮やかだった。
ほとんどがオスで、単独のメスは見当たらなかった。
池に出ると、尾つながりのペアはいたので、メスもどこかにはいたのだろう。
d0146854_09460997.jpg
尾つながりのペアが交尾に至る様子を観察していたが、どのペアも交尾には至らなかった。
d0146854_09460908.jpg
産卵の様子も見られなかったが、ちょっと衝撃的なシーンは目にした。
d0146854_09461629.jpg
ルリイトトンボを貪るアキアカネ。

オオルリボシヤンマ
d0146854_09561031.jpg
産卵するメスを監視するオス

オオルリボシヤンマは昨年も目にしたと思うが、やはり数が今年の方が圧倒的に多い。特にメスがあっちでもこっちでも産卵していた。
d0146854_09561291.jpg
d0146854_09561238.jpg
d0146854_09561273.jpg
オスは、メスを追って飛び回ったり、メスの産卵を警護していることが多く、なかなか撮れない。
d0146854_09560982.jpg
無理やりカメラに収めたのは、これくらい。
d0146854_09561021.jpg
ついでにメスの飛翔(ご愛嬌)
d0146854_09560951.jpg
この池にはタカネトンボも飛んでいた。
これもご愛嬌写真
d0146854_10014531.jpg
追記:
清んだ高原の池には、ゲンゴロウも泳いでいた。
d0146854_10024056.jpg
心配していた天気もまずまずで、高原のトンボたちを満喫できた日だった。
ヘムレンさんお世話様でした。




[PR]

by 2008oharu | 2017-08-13 10:06 | 蜻蛉 | Comments(2)

7月の蛾から 2017高原編

チョウやトンボを撮りに高原へ行ったとき、ちらりと見かけた蛾たちからピックアップ。

キスジホソマダラ
d0146854_10291191.jpg
ヤナギランに来ていた。

クロホソマイコモドキ
d0146854_10291961.jpg
初め目にしたときは赤く見えたのに、写真に撮ってみたら、赤くない。名前も「アカ」ではなく「クロ」だった。構造色なのかな。

セグロベニアシトゲガ
d0146854_10291872.jpg
もう少し大きくきれいに撮りたかった。名前の通り、背黒紅で脚に棘がある。

モモブトスカシバ
d0146854_10292081.jpg
これは地元でも見られる蛾だ。

マエキカギバ
d0146854_10292067.jpg
バイバラシャチホコかな?
d0146854_10292563.jpg
模様が擦れているのではっきりはわからない。これらはSAなどで見たもの。

最後に名前がわからない地味な蛾 →キトビエダシャクと教えていただきました。
d0146854_10292188.jpg
d0146854_10292051.jpg
ミヤマモンキチョウがいるような高度の高い草原の昼行性の蛾だ。特徴があまりはっきりしないので、名前が調べにくい。高原の蛾は図鑑などに載っていないものが多く、調べるのに苦労する。

8月は大物蛾が見られるといいのだが。

[PR]

by 2008oharu | 2017-08-01 10:41 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31