<   2017年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧


9月の蛾から① 2017

9月に見た蛾から、いくつかをピックアップ

ヒメヤママユ(9月30日山梨県)
d0146854_20144472.jpg
ヒメヤママユを9月に見たのは初めて。
こちらは今まで見たことのない色合い。(みき♂さんが男児トイレから救出したもの)
d0146854_20144322.jpg
普通は上翅の上部が白っぽいのに、これは下部と同じような色になっている。
d0146854_20144413.jpg
光の具合で色が違って見えるが同一個体。このあと飛んで行った。
ヒメヤママユは例年10月も20日過ぎに見てきた。いつもはだいたい東京都の低山地で見ていたので、山梨県の方が早いのかと思ったが、ちょうど昨日(29日)に東京都でも記録されていた。今年はやはり早めなのか。

それにしても、クスサンがなかなか見られないのが残念。

ヤママユは8月5日に見て以来、9月20日まで出現し続けている。
d0146854_20224983.jpg
d0146854_20225689.jpg
d0146854_20230272.jpg
この日は合計6個体見られた。(東京都)

ゴマフボクトウ
d0146854_20262681.jpg
ゴマフボクトウは9月に2度見た。コンビニやSAで見たので、場所が不確か。
d0146854_20263200.jpg
翅を振るわせて飛び立つ寸前。
d0146854_20263659.jpg
よく見ると触角がとても面白い形をしている。

アシブトチズモンアオシャク(東京都)
d0146854_20301156.jpg
チズモンアオシャクと似ているが、線の入り方が違うようだ。

ハガタエグリシャチホコ(東京都)
d0146854_20322394.jpg
模様の立体感がすごい。

ウスイロギンモンシャチホコ(埼玉県)
d0146854_20335573.jpg
初見のシャチホコガ。

つづく。





[PR]

by 2008oharu | 2017-09-30 20:38 | | Comments(2)

高原のヒョウモンチョウいろいろ

今年まだ取り上げなかった高原のヒョウモンチョウたち

ウラギンスジヒョウモン(7月上旬)
d0146854_20051511.jpg
今年はこの日のみ。

クモガタヒョウモン(7月中旬)
d0146854_20055398.jpg
クモガタヒョウモンを見たのは久しぶり。今年はこのカットのみ。

コヒョウモン(7月中旬)
d0146854_20062547.jpg
d0146854_20062580.jpg
ミヤマシロチョウやミヤマモンキチョウを撮りに行った日に見た。かわいいヒョウモンチョウだ。

ウラギンヒョウモン(7月中旬・8月中旬)
d0146854_20060246.jpg
d0146854_20060634.jpg
ギンボシヒョウモン(7月中旬・8月中旬)
d0146854_20053468.jpg
d0146854_20054081.jpg
今年はいつもは比較的よく見るオオウラギンスジヒョウモンやメスグロヒョウモン(翅の一部のみ見たが)に出会うチャンスがなかった。

[PR]

by 2008oharu | 2017-09-29 20:16 | | Comments(0)

高原のヒョウモンチョウたち ミドリヒョウモン編

8月中旬の高原で見たミドリヒョウモンのメス
d0146854_11423873.jpg

ミドリヒョウモンは6月中旬ごろ新生個体を目にする。時には地元でも見られるが、今年は遠征先の栃木県で初見した。
d0146854_11421765.jpg
人工物に止まっていて、写真としてはつまらないが、記録のために撮る。

その後、ミドリヒョウモンは高原へ移動するのか、あるいは平地のどこかで夏眠することがあるのか、平地では姿が見られなくなる。そして夏の高原へ行くと、ヒョウモンチョウの中で一番目につくのはミドリヒョウモンだ。

7月中旬のミドリヒョウモンのオス
d0146854_11423527.jpg
d0146854_11423529.jpg
この地で羽化したのか、まだ傷も擦れもないきれいな個体だ。

そして、8月中旬
d0146854_11423614.jpg
d0146854_11423694.jpg
d0146854_11423791.jpg
まだまだたくさん見られるが、少し翅が傷んだり、擦れたりしている個体も増える。

9月初旬
d0146854_11423891.jpg
かなりぼろぼろ。
d0146854_11423804.jpg
d0146854_11423864.jpg
メスにアタックしたり、オス同士であらそったりで傷んでいくのだろう。

9月中旬、地元の公園に数頭のミドリヒョウモンが現れた。
d0146854_11423919.jpg
d0146854_12055077.jpg


上がオスで下がメス。模様が擦れすぎていて、よく見ないと判別できないものや、翅が半分しかないものもいた。
過去には、メスが産卵しているのも見たことがある。
地元で産卵した記事はこちら

http://parkinsect.exblog.jp/21130395/

ミドリヒョウモンは高原などに行くとあまりにたくさんいて敢えて写真を撮らずスルーしてしまうことも多いが、その生活史は興味深い。
[PR]

by 2008oharu | 2017-09-28 12:16 | | Comments(0)

スジボソヤマキチョウとヤマキチョウ

スジボソヤマキチョウは、2013年に入笠湿原で初めて見た。こういうチョウがいることは図鑑などを見て知っていたので、それを初めて見ることができてうれしかった。その後は高原へ行く機会もなく、ずっと見られなかったが、ヘムレンさん・みき♂さんに誘われて山梨県や長野県の高原へ行くチャンスができ、昨年・今年とまた見ることができた。

今年また、9月上旬に入笠湿原へ行った。スジボソヤマキチョウがいつになくたくさん見られた。
d0146854_20565607.jpg
d0146854_20565635.jpg
d0146854_20565792.jpg
d0146854_20565769.jpg
スジボソヤマキチョウは、アザミの仲間やタムラソウに来ることが多いが、マツムシソウにも来ていた。数頭が乱舞しているような場面もあった。

写真の整理もしないまま日時が過ぎてしまったが、みき♂さんから、入笠湿原で撮ったスジボソヤマキチョウの中に、ヤマキチョウがいたという連絡があった。あわてて未整理のスジボソヤマキチョウ・ファイルを調べる。チェックすべきは、翅裏の黒い斑紋の並び方らしい。

ヤマキチョウ
d0146854_21024184.jpg
これだった。黒い点と縁の点が一直線にならないのがヤマキチョウだという。
d0146854_21024087.jpg
ヤマキチョウは絶滅危惧Ⅱ類で、もちろん初見だった。
それから、2013年に撮ったスジボソヤマキチョウの写真もチェックしてみた。すると、点が一直線にならない個体がやはりあった。
d0146854_21052804.jpg
遠かったので、はっきりしないが、これもヤマキチョウだったのか。

スジボソヤマキチョウだけでもめったに見られないのに、中に絶滅危惧種のヤマキチョウが混ざっていたというのは、うれしい驚きである。





[PR]

by 2008oharu | 2017-09-17 21:10 | | Comments(2)

高原のシジミチョウたち ミドリシジミ亜科以外


7月~9月、ヘムレンさん・みき♂さんたちと高原にプチ遠征したときに、ヒメシジミ・ミヤマシジミ・クロツバメシジミなど、ミドリシジミ亜科以外のシジミチョウにも出会った。こうしたシジミチョウたちは、それぞれ絶滅危惧種なので、やはり見られてうれしい。

ヒメシジミ(準絶滅危惧種:7月上旬)
d0146854_09463704.jpg
青がきれいなヒメシジミのオス。上翅と下翅の重なる部分に青くないところがある。省エネってわけでもないだろうが。
d0146854_09464661.jpg
ヒメシジミのメス。少し擦れている。
d0146854_09465567.jpg
メスにアタックするオス。
d0146854_09461676.jpg
こちらはペアリング成立。メスの一部が葉隠れになってしまったが。かなり長いことつながっていた。

ミヤマシジミ(絶滅危惧種Ⅱ類:9月上旬)

d0146854_09520251.jpg
ミヤマシジミも7月上旬に見られたが、ぼろぼろのメスが産卵中の時期で、写真としてはうまく撮れなかった。9月上旬に、食草が生えた草原で、ペアが見つかった。メスにアタック中。
d0146854_09520624.jpg
成立
d0146854_09572253.jpg
d0146854_09514119.jpg
食草はたくさんあったが、ミヤマシジミはこの1ペアしか見つからなかった。
連結を解いたあとのメスとオスの開翅。
d0146854_09572607.jpg
d0146854_09572946.jpg

クロツバメシジミ
(準絶滅危惧:7月上旬)
d0146854_10010321.jpg
d0146854_10005990.jpg
クロツバメシジミについては、昨年交尾・産卵・幼虫・蛹の全生活史を観察することができたが、今年も健在ぶりを見ることができてよかった。

昨年の記事はこちら
http://parkinsect.exblog.jp/23542040/

これらの絶滅危惧種が絶滅せずにこれからもみられることを願う。




[PR]

by 2008oharu | 2017-09-15 10:06 | | Comments(0)

いろいろなハチたち

オオセイボウつながりで、最近たまたま目にしたハチたち(特に狩蜂系)をいくつかピックアップしてみる。

ルリモンハナバチ
d0146854_09030609.jpg
ルリモンハナバチは、毎年キツネノマゴとかキバナコスモスに来ているのを見てきたが、今年は来ないので、なかなか出会えなかった。別の場所を散策していた時、アキノタムラソウのような花で、青いハチがいるのが目に入った。ルリモンハナバチだ。望遠レンズを持っていなかったので、かなり遠くにいるのをマクロで無理やりとったので画像が酷い。

図鑑などによると、ルリモンハナバチは「スジボソフトハナバチなどに労働寄生する」と書かれている。労働寄生とは、要するに獲物を横取りするってことだろうけれど。毎年ルリモンハナバチは見られるけれど、そのスジボソフトハナバチというのはどういうハチなのだろうか。

ある日また散策中、あまり見たことのないハチが目に入った。
d0146854_09031636.jpg
d0146854_09031570.jpg
ヨウシュヤマゴボウの葉に執着するように、何度も止まっては少し離れ、また戻ってくるという謎の行動をとっていた。葉をよく見ると、噛み痕がついていたが、別に食べたわけでもない。

家に帰って調べると、このハチこそ、スジボソフトハナバチだった。そして、ネット上には、このハチが葉などに噛みついてぶら下がっている写真がたくさん載っている。そういう姿勢で休むらしい。そういえば、スズメバチなども、枝や茎に噛みついた状態で休んでいるのを見たことがある。

ハラアカヤドリハキリバチ
d0146854_09145544.jpg
長ったらしい名前で、しかも以前は「ハラアカハキリヤドリ」と呼ばれていたのに、改名されている。たいていルリモンハナバチと同じ時期に同じような場所に現れる。こちらも労働寄生蜂だ。この日はキツネノマゴに数匹来ていたが、翅がぼろぼろ。きれいに撮れなかったので2~3日後に行ってみると、もう1匹もいなかった。

オオフタオビドロバチ(だと思うが)
d0146854_09180255.jpg
d0146854_09175895.jpg
地面から土をとって団子作りをするハチがいたので、またスズバチかなと思ってみたら、ドロバチの仲間、たぶんオオフタオビドロバチのようだった。このハチは竹筒のようなものの中に獲物を入れて卵を産み付け、泥でふたをするらしい。このハチが花に来ているのはときどき見たが、どろを集めているところは初めて見た。

クモバチの仲間(コトゲアシクモバチか)
d0146854_09230434.jpg
こちらは全身真っ黒はハチで、クモを捕えている。クモバチは以前ベッコウバチと呼ばれていた。初めにベッコウ色をしているハチが命名され、その後次々と仲間のハチが確認されたためか。有名な「オオモンクロベッコウ」などは、名前がいかにも矛盾している。でも慣れた名前が変わると、覚えにくい。
クモバチは、クモに卵を産み付けて幼虫の餌にする狩り蜂。

ジガバチの仲間
d0146854_09274006.jpg
オオセイボウを見たオミナエシには、ジガバチも来ていた。みき♂さんによれば、このジガバチはちょうど穴を土でふさいでいるところだったそうだ。私は間に合わず、ふさぎ終わったところしか見られなかった。ジガバチは、蛾の幼虫を捕まえて穴の中に入れ、卵を産み付けて幼虫の餌にする。

オミナエシに来ているところは、お尻しか撮れなかった。
d0146854_09322153.jpg
親蜂は、いろいろな花に来る。

そのほか、地元のフィールドにはクロアナバチ(直翅類を狩る)も飛び回っていたが、撮れなかった。



[PR]

by 2008oharu | 2017-09-07 09:37 | Comments(2)

オオセイボウ

みき♂さんに教えてもらって、オオセイボウを見に行った。

オミナエシの咲く花壇に来たオオセイボウ
d0146854_19314859.jpg
d0146854_19323521.jpg
オミナエシの蜜を吸いながらあちこちに飛び回るので撮るのが大変だった。
d0146854_19334399.jpg
d0146854_19334668.jpg
d0146854_19333569.jpg

d0146854_19333067.jpg
初めの写真を拡大してみる。
d0146854_19382377.jpg
青から緑への色のグラデーションが篆刻されているみたいで、きらきら輝いている。
素晴らしく美しい蜂だが、イラガセイボウなどと同じく、このハチも寄生蜂なのだ。
寄生する相手はスズバチらしい。スズバチはこのハチが巣に近づいてくると怒って攻撃するのだが、オオセイボウのこの美しい体はまるで鎧のように固く、攻撃を受け付けないのだという。

寄生されるスズバチはこちら。
d0146854_19445720.jpg
どろをこねて団子状にし、巣を作る。巣の中には蛾の幼虫を捕えて入れ、そこに卵を産み付けて幼虫の餌にする。こちらもなかなかの狩り蜂なのだが、オオセイボウに狙われたら、かなわないのだろうか。

スズバチの巣作りの様子は以前に以下にまとめた。

http://parkinsect.exblog.jp/14396784/

[PR]

by 2008oharu | 2017-09-06 19:48 | | Comments(2)

高原で出会ったチョウの幼虫3種

高原にチョウなどを撮りにいったついでに、ちょっと目にしたチョウの幼虫。

ヒメキマダラヒカゲ
d0146854_13170149.jpg
7月中旬、ゴイシシジミを見ていた時に、笹の上にいるのをめにした。
左が頭で角があるが、尾にも突起がある。黄色い縞模様が特徴だ。

成虫はこちら(8月中旬の高原にて)
d0146854_13170181.jpg
d0146854_13170227.jpg
ササの上にいるのは、産卵のためだったかも。
d0146854_13170043.jpg
ジャノメチョウ
d0146854_13220884.jpg
8月中旬。これもササの上。とても小さいので若齢幼虫のようだ。
同じ日に見かけた成虫はかなりぼろぼろだった。
d0146854_13220742.jpg
d0146854_13220838.jpg
コチャバネセセリ(8月中旬)
d0146854_13235444.jpg
d0146854_13235406.jpg
d0146854_13235449.jpg
ササに独特の切れ込みが入っていて、丸まっていたので、なにかの幼虫がいそうだと覗いてみた。ちょっとササを広げると、やはり幼虫がいる。もしかしたら蛹化しようとしているのかもしれない気がして、全開はしなかった。

成虫は7月中旬に見ている。
d0146854_13235324.jpg
d0146854_13235326.jpg
どれも地味なチョウだが、平地ではほぼ見られないものばばかりなので、幼虫まで見られたのはうれしい。




[PR]

by 2008oharu | 2017-09-04 13:29 | | Comments(0)

8月の蛾から 幼虫編

8月に地元三鷹市の公園で出会った蛾の幼虫たち

ホソバシャチホコ
d0146854_22201781.jpg
1日に数頭見た年もあったが、今年はこれだけ。

トビモンオオシャチホコ(の顔面)
d0146854_22213784.jpg
この春は成虫に出会わなかった。そろそろ蛹になるころか。来春には成虫になって姿を見せてほしい。

イラガ
d0146854_22224594.jpg
ビロードスズメ
d0146854_22230761.jpg
成虫の姿が見たい。

ホシホウジャク
d0146854_22241096.jpg
もう、成虫も出ている・

ホシヒメホウジャク
d0146854_22252065.jpg
セミヤドリガ
d0146854_22260232.jpg
ヒグラシについている幼虫
d0146854_22260985.jpg
セミから離れて蛹化するために下りてきた幼虫。揺りかごの中の赤ちゃんみたい。
以前見た成虫の羽化
d0146854_22273332.jpg
プライヤエグリシャチホコ
d0146854_22324185.jpg
成虫はとても多いが、幼虫はあまり目につかない。よくスズバチに狩られる。

ヨツボシホソバ(あるいはウンナンヨツボシホソバ)
d0146854_22335984.jpg
コケを食べるので、よく苔の中で見る。ウンナンヨツボシホソバが増えているそうだが、違いがわからない。
成虫も見た。
d0146854_22340697.jpg
フタトガリコヤガ
d0146854_22362207.jpg
こちらは杉並区の公園にて。芙蓉につく。









[PR]

by 2008oharu | 2017-09-01 09:04 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30