ヒゲナガガ

毎年5月上旬に出現する蛾。
体は小さいが(ハルジオンの花と比べるとわかる)、名前の通り触覚がとても長い。(特にオス)
このヒゲを半ば開いてひらひらとバランスをとりながら飛ぶ姿はちょっとユーモラス。

善福寺の下池岸、玉川上水縁などでよく見られる。

↓ホソオビヒゲナガガのオス。翅が金色に光ってきれい。2008年5月4日善福寺にて。
d0146854_20545478.jpg

d0146854_20551172.jpg

↓メスの触覚はやや短い。2008年5月9日玉川上水にて。
d0146854_21124164.jpg


↓クロハネシロヒゲナガガのオス。2008年5月6日野川にて。
d0146854_2057165.jpg

↓メス
d0146854_20572340.jpg

[PR]

# by 2008oharu | 2008-05-09 21:14 | | Comments(0)

ヒメウラナミジャノメ

d0146854_21124365.jpg

↑2008年5月6日。野川公園にて。

この日、ベニシジミとともに野川公園で非常にたくさん見られた。
終齢で幼虫越冬するので、5月ごろ一斉に羽化するのだろうか。
ハルジオンの花でよく吸蜜している。

この蝶も雑草の茂る草原に多く見られるので、
善福寺や井の頭ではめったに見られない。
野川公園の他には、神代植物園の水生植物園に多い。

写真に撮ったものを見ると、やはり翅が無傷のものはほとんどない。
↓この写真の右の翅は、鳥の嘴状に千切れている。
d0146854_2126349.jpg


↓また、この写真の右の翅は、全体的に縮んでいるので、羽化のとき失敗したのかもしれない。
でも、元気に飛んでいた。
d0146854_21282595.jpg


表の後翅の蛇の目模様の数には変異があるようだ。
あるいは、小さい蛇の目は消えてしまいやすいのか。
全部はっきり出ているものは6個。小さいのが消えてしまうと2個に見える。
d0146854_2139641.jpg

↑5個まではっきり見えている個体。2007年5月20日神代植物園にて。
[PR]

# by 2008oharu | 2008-05-08 21:54 | | Comments(0)

モンキチョウ

d0146854_21313366.jpg

↑野川の岸辺。2008年5月6日。オスのモンキチョウ。

モンキチョウも普通種なのだが、井の頭や善福寺ではあまり見られない。
この蝶も草原を好む蝶のようだ。

昭和記念公園へ行ったとき、あたりにこの蝶が乱舞していてびっくりした。
野川の川岸などでも多く見られる。
井の頭では三角公園の広場にシロツメクサなどが茂っているとき見られた。

d0146854_21332154.jpg

↑2004年8月16日。武蔵野公園にて。メスのモンキチョウ。

黄色っぽいのはオスで、メスは白い。
飛んでいるときしか翅の表が見られないので、飛びものに挑戦したが惨敗。
オスは、縄張りを飛び回り、他のオスに絡んだり、
メスを追いかけたりしていた。

↓かろうじて見えた表翅。2006年6月24日。井の頭三角公園にて。
d0146854_21353412.jpg


↓シロツメクサに産卵するメス。同年、同じく井の頭三角公園にて。
d0146854_21393875.jpg

[PR]

# by 2008oharu | 2008-05-07 21:46 | | Comments(0)

ベニシジミ

今日は井の頭公園から野川公園へ足を伸ばした。
はっきりしない天気が続いていたが、今日は久しぶりに快晴で初夏の陽気。
きっと蝶がたくさん見られると思ったからだ。
案の定、特に珍しい蝶は見られなかったが、普通種が勢ぞろい。
その中でもベニシジミとヒメウラナミジャノメが旬のようだった。

野川公園のベニシジミ。鮮やかな表翅。
d0146854_22475821.jpg


ベニシジミはありふれた普通種のシジミチョウなのだが、
きれいな紅色が目を惹き、つい出会えばカメラを向けたくなる。
特に、春型は前翅の赤が鮮やかなのできれいだ。

しかし、善福寺公園や井の頭公園では、それほど多く見られない。
ベニシジミの好む明るい開けた草原(くさはら)が少ないからだろう。
唯一見られることが多い場所は三角公園の広場である。
今日もまずそこで見つけた。

井の頭三角公園のベニシジミ。裏翅の色合いもなかなかきれい。
d0146854_22494512.jpg


野川公園では、まさに乱舞しているかのよう。
ハルジオンで蜜を吸っていることが多い。
また、縄張りを争ってか、他の蝶に出会うと争う。

写真に撮って見ると、翅が無傷のものはなかった。

歴戦の雄姿。ぼろぼろの翅のベニシジミ。野川公園にて。
d0146854_2248306.jpg


写真はすべて2008年5月6日。

なお、ベニシジミの幼虫の食草の一つ、スイバの花が野川の岸辺にたくさん咲いていた。
d0146854_22532918.jpg

[PR]

# by 2008oharu | 2008-05-06 23:00 | | Comments(0)

ヨコヅナサシガメの羽化

4月29日に井の頭でヨコヅナサシガメの羽化を観察した。
2匹が羽化していた。すでに体は黒くなっていて、
側にまだ羽化していない幼虫たちや脱殻があった。

羽化した成虫。
d0146854_17425534.jpg

脱殻
d0146854_17431361.jpg

終齢の幼虫たち。
d0146854_1743334.jpg


もう少し早い時間帯だったら、羽化の瞬間が見られるかもしれないと思っていたが、
いつも途中で寄り道するので、見逃してしまう。
5月1日に見たときは、それでも成虫の体に若干赤味が残っていた。
d0146854_17412743.jpg


まだ幼虫が何匹か残っていたが、天気が悪く見にいけなかった。
今日はどうかと行ってみると、羽化はしていたが、成虫の体はまだ赤い!
もう幼虫は残っていないので、これが最後のチャンスだったが、
とにかく羽化して間もない成虫が見られてよかった。
d0146854_1740351.jpg

2008年5月4日 井の頭公園小鳥の森。羽化直後の成虫。
[PR]

# by 2008oharu | 2008-05-04 17:45 | カメムシ | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30