うれしい誤算

前の記事で、飼育中のゴマダラチョウが行方不明になり、
鳥に食べられたのだろうと推測していたが、
なんと無事に蛹化していたのを発見した。

見失ったとき、蛹になるために移動したのではないかと
エノキを植えた植木鉢を中心に、あちこちを点検したのだが、
その時は見つからなかった。
それが、昨日の朝、ふと植木鉢を見たら、緑色の蛹がついているではないか!
d0146854_21155285.jpg


今度こそ鳥などに襲われないようにと、あわてて植木鉢ごと部屋の中に取り込み、
出かけた。
夜帰ってみると、なんだか蛹が透けてきたように思い、
羽化が間近いのではないかと期待。
でも、なんと今朝起きたら、もう完全に羽化してしまっていた。
せっかく羽化の瞬間を見るチャンスだったのに、朝寝坊でチャンスを逃した。
でも、長い冬を乗り切り、無事に成虫に羽化できて、とてもうれしい。

d0146854_21153182.jpg


ほんとは、幼虫を見つけた場所(井の頭三角公園)でリリースすべきなのだろうが、
庭でリリースする。
少し羽化が早いような気がするが、仲間に出会って、子孫を残せるといい。
d0146854_211676.jpg

d0146854_21162388.jpg


この飼育観察でわかったこと。
○3月25日に休眠状態から目覚め、動き始めて、エノキに登る。
○少し緑色になってくる。エノキの葉を少し食べる。
○数日して、動かなくなり、ちょっと心配したが、脱皮するためだった。
○脱皮した幼虫は体に赤い筋が入っていて、エノキの新芽に似ている。
○幼虫の赤い色は、日が経つにつれて薄くなり、最後は緑一色になる。
○蛹になるときは、エノキを離れることもあるようだ。
 結局越冬幼虫は4齢であったことがわかる。また終齢期間は12日ぐらい。
○蛹の期間は2週間+。
○エノキは水揚げが大変悪いので、葉を切って与えて育てることはできない。
[PR]

# by 2008oharu | 2008-05-01 21:31 | | Comments(0)

コミスジ

コミスジを今年初めて見たのは、4月22日だったが、写真にはうまく撮れなかった。
昨日・今日の暑さで蝶の活動もかなり活発になり、コミスジも多く飛んでいたので、
今日は狙って撮った。新緑に映えてきれいだった。

d0146854_22191521.jpg


この蝶を初めてカメラに収めたのは2004年5月3日。
図鑑で調べてコミスジであることがわかった。
ミスジチョウは、翅の白い筋に形状で識別することも初めて知った。
それ以降、ミスジチョウを見るたびにチェックしているが、
コミスジ以外のミスジチョウの仲間には未だお目にかかれない。

食草は萩ということだが、幼虫や蛹にもお目にかかったことがない。

ぜひ、どちらも見てみたいものだ。

コミスジの表翅。 2008年4月30日。 玉川上水にて。
d0146854_22193190.jpg

コミスジの裏翅。同時同場所。
d0146854_22205396.jpg

[PR]

# by 2008oharu | 2008-04-30 22:22 | | Comments(0)

オトシブミ

d0146854_2375050.jpg

2008年4月21日 井の頭三角公園付近

この昆虫も、エノキをチェックしていたときに見つけた。
オトシブミの揺り籠はよく目に付くが、成虫をしっかり見たことはなかった。
このオトシブミの名前は、図鑑によると、ハギツルクビオトシブミとか、
エゴツルクビオトシブミというらしい。
とにかく首が異様に長い。
揺り籠を作るときに便利そうだ。

何日か経ってみると、揺り籠があっちでもこっちでも見られるようになった。
エゴツルクビオトシブミはエゴノキ科に揺り籠を作るそうだ。
みると、作りかけのものや、雌雄が近くにいるのも見られた。
作った揺り籠は、他のオトシブミと違って、切り落とさないそうで、
正確には「落とし文」ではないのかも。
d0146854_2382268.jpg
d0146854_238354.jpg

2008年4月27日 井の頭公園自然文化園分園入り口付近
[PR]

# by 2008oharu | 2008-04-27 23:11 | 甲虫 | Comments(2)

エノキと虫たち

ゴマダラチョウの幼虫を観察するために、エノキをチェックして見つけたこと。
まず、四月当初のエノキの葉は、とても柔らかく瑞々しく、
人間の私が見ていても、おいしそうに感じる。
それが日が経つにつれて、かじられた跡や穴が目立つようになり、
虫こぶのようなものも現れ、あるいは巻かれた状態のものもできる。
葉の中を虫の動いた軌跡が見えるものもある。

それもそのはず、先に紹介したナナフシモドキ以外にもいろいろな虫が目に付くようになった。

イタドリハムシ
d0146854_2163266.jpg

ヒメビロウドコガネか。
d0146854_22215114.jpg

ムネアカアワフキ
d0146854_219552.jpg

アオバハガタヨトウの幼虫
d0146854_2173278.jpg

エノキハムシの幼虫
d0146854_21111678.jpg


そして、それらを捕食する虫やカナヘビなども現れてくる。
鳥も子育ての最盛期を迎える。
[PR]

# by 2008oharu | 2008-04-24 21:18 | 総合 | Comments(0)

生き残るのは至難の業?

2008年4月19日。玉川上水のゴマダラチョウの幼虫。最後の姿。
d0146854_2122346.jpg


ゴマダラチョウの幼虫のその後の顛末は、
我が家の庭のゴマダラチョウは、12日を最後に行方不明。
小さなエノキなので、隠れようもなく、鳥に捕食されたと思われる。

玉川上水で見つけたゴマダラチョウの幼虫は、かなり豊かな葉の茂るエノキにいたが、
我が家のゴマダラと同じぐらいの成長段階で、やはり行方不明に。

さらに、もう1頭みつけたゴマダラチョウの幼虫は、実生の小さなエノキにいて、
まるまると太った姿をしていたが、本日1時に撮った写真が最後の姿となった。
3時ごろ見ると、もうどこにも姿は見つからなかった。

思い出せば、2005年の晩秋、善福寺の小さなエノキに9頭のゴマダラチョウがついていて、
翌年の4月、たった1頭無事に越冬を終え、そのエノキの葉に登ってきたことがあった。
けれど、その幼虫もすぐにいなくなってしまった。

どの幼虫もやっと長い越冬を無事に終え、脱皮してからも
体の色を少しずつ周りのエノキの葉に色に変えてカモフラージュしながら
がんばってきたようだが、
それでも最後まで生き抜くのは至難の業のようだ。

藪のそこここには、今子育て真っ最中のシジュウカラ・エナガ・スズメたちが、
必死で雛の餌を集めている。
たぶん、ゴマダラチョウの幼虫も小鳥の餌になったのだろう。

なんとか蛹になるところまで観察したかったのだが、観察対象の在庫がなくなってしまった。

d0146854_21243526.jpg

まるまる太ったゴマダラチョウ。2008年4月21日。玉川上水。
[PR]

# by 2008oharu | 2008-04-22 21:30 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31