丘陵地の春

地元では相変わらず、フユシャクも見られないし、チョウも飛ばない。
そこで、3月10日、一足先に春が来ている丘陵地へプチ遠征(例によってヘムレンさんとみき♂さんにお供して)。

ベニシジミ

日当たりのよい斜面では、すでにベニシジミが数頭羽化して活動していた。
それもいきなり交尾シーン。

d0146854_22013949.jpg
吸蜜シーンも。
d0146854_22013943.jpg
新生ベニシジミの春型は美しい。
d0146854_22014033.jpg
d0146854_22014029.jpg
モンキチョウ

新生モンキチョウはすでに見ているが、ここでも2頭ほど飛んでいた。
d0146854_22013910.jpg
ビロードツリアブ
チョウではないが、春を告げるアブのスプリングエフェメラル、ビロードツリアブも期待通り飛んでいる。
d0146854_22014063.jpg
トイレには、これも春の蛾、アトジロエダシャク
d0146854_22023016.jpg
スジグロシロチョウの蛹が2個、もうすぐ羽化しそうだ。
d0146854_22015242.jpg
アカボシゴマダラの幼虫も新芽の展開を待ち望んでいる。
d0146854_22014806.jpg
そしてコナラの枝には卵が。
d0146854_22015797.jpg
初めアカシジミの卵ではないかと思われていたが、ムラサキシジミではないかという意見も聞かれた。
卵はあまりにも小さくて、私のカメラTG-4では形から判別できるようには撮れない。
時期としては、卵越冬のアカシジミがふさわしいと思うのだが、成虫越冬のムラサキシジミだとしたら、孵化しなかった卵ということか。私にはなんとも判断できない。

地元の公園にも早く春が来てほしいものだ。




[PR]

# by 2008oharu | 2017-03-12 22:17 | | Comments(0)

越冬中の卵や幼虫など

近隣の公園でミドリシジミの卵が見られるとAさんから聞いて、行ってみた。

ハンノキに産み付けられたミドリシジミの卵

d0146854_10061846.jpg
d0146854_10062323.jpg
ハンノキの冬芽の近くに産み付けられている。新葉が伸びてくるころ孵化するのだろうか。
この公園はミドリシジミの成虫が見られる都内の公園で、以前に幼虫も見たことがあり、これで蛹以外の3ステージを見ることができた。ゼフィルスの卵としては、ウラゴマダラシジミ以来の2例目。
もっと身近なアカシジミやミズイロオナガシジミの卵も見てみたいものだ。

コムラサキの幼虫

d0146854_10150534.jpg
コムラサキは地元の公園やその近隣の公園でも見られるチョウなので、以前からときどき越冬幼虫を探していたのだが、一度も見つけられなかった。写真は埼玉県へ遠征したついでによった公園で、みき♂さんが見つけてくれたもの。話に聞いて想像していたものより大きく感じた。地元でもぜひ見つけたい。コムラサキは終齢幼虫・蛹は見ているが、卵は未見。

アサギマダラの幼虫(小さい方から順に)

d0146854_10211010.jpg
d0146854_10211602.jpg
d0146854_10212142.jpg
ここ2~3年、毎冬観察している場所で、今年も観察。ここは、アサギマダラの繁殖の北限になっていると思われる場所。けっこう寒く雪も降るのに生きていけるようだ。
12月にはまだとても小さかったが、少し成長してきている。この日は少し暖かい日だったせいか、少し動いてキジョランの葉を食べているように見えた。アサギマダラは卵・幼虫・蛹・成虫の全ステージを自然の中で観察できているが、幼虫の終齢をまだ見ていない。今年は見られるだろうか。

おまけ:ヤママユの繭(2個体)
d0146854_10225983.jpg
d0146854_10230532.jpg
こちらもプチ遠征先でみき♂さんが見つけたもの。
ヤママユは、卵と成虫は見ているが、蛹(繭)は初めて。幼虫もまだ見ていない。





[PR]

# by 2008oharu | 2017-02-25 10:26 | Comments(0)

2月にチョウが舞う公園

地元では、ウラギンシジミやムラサキシジミ、ムラサキツバメなどの成虫越冬チョウたちが次々と姿を消し、今季は観察対象がほとんどなくなってしまった。

そんなとき、既にモンキチョウが羽化して飛んでいるという公園にヘムレンさんが案内してくれるというので、みき♂さんといっしょに出かけた。4月の陽気と言われた2月17日のことだ。

そこでは、オオイヌノフグリやホトケノザ・ヒメオドリコソウなどの早春の花が日当たりのよい斜面に咲いている。そして、初めはちらほらだったが、気温が上がるにつれてチョウたちがあちこちで飛び始めた。

モンキチョウ

モンキチョウは以前は生活史が不明と言われていたが、今では早春に羽化するチョウだとわかったらしい。それにしても2月中旬にすでに羽化して飛び回っているのには驚いた。

モンキチョウのオス
d0146854_23102171.jpg
d0146854_23100902.jpg
モンキチョウのメス
d0146854_23101649.jpg
吸蜜や交尾産卵行動は撮れなかったが、メスは産卵しているのではなかと思われた。

この日は、成虫越冬チョウたちも元気に飛び回っていた。

テングチョウ
d0146854_23134353.jpg
キタキチョウ
d0146854_23135681.jpg
キタテハ
d0146854_23140191.jpg
ムラサキシジミ
d0146854_23140865.jpg
d0146854_23141405.jpg
口吻を伸ばしている。

ウラギンシジミ
d0146854_23141853.jpg
d0146854_23142322.jpg
何かの糞を吸おうとしているようだ。

この日は暑いぐらいの陽気だったが、また寒い日には越冬態勢に入るのだろうか。
チョウたちの生き生きした姿を見ていると、早く本格的な春が来てほしいと思われる。




[PR]

# by 2008oharu | 2017-02-22 23:22 | | Comments(6)

その後のフユシャク


この冬、地元の公園のフユシャクは種類も個体数も少なく、「あれが出てからブログを書こう」と思っていても、なかなか「あれ」が見つからなくてブログの更新も滞ってしまう。そろそろフユシャクも終盤なので、とりあえずここまでもまとめをしておこう。

ナミスジフユナミシャク

ナミスジフユナミシャクのオス 1月7日と1月12日 井の頭公園
d0146854_10150112.jpg
d0146854_10150861.jpg
同じ建物内にいたので、同じ個体かもしれない。

ナミスジフユナミシャクのメス 1月10日 井の頭公園

d0146854_10152382.jpg
他にも数個体見てはいるが、いずれにしてもちらほらという状況だった。そして、本来ならクロオビフユナミシャクも見られるはずなのに、私は見逃した。(見た人もみるようだ。)それだけ個体数が少ないということだろう。

シロフフユエダシャク

シロフフユエダシャクのオス 2月8日 井の頭公園

d0146854_10260068.jpg
同 2月4日 井の頭公園
d0146854_10265607.jpg
このころ、日中でもひらひら飛んでいる薄茶色い蛾がを何度が目にしたが、なかなか止まったところを見つけられず、正体がわからなかった。上の写真はやっと止まったところを見つけられたもの。シロフフユエダシャクだった。以前にシロフを撮ろうとしたら飛ばれてしまったこともある。昼間もわりと活動するタイプのようだ。

シロフフユエダシャクのメス 2月5日 井の頭公園
d0146854_10312601.jpg
同 2月20日 井の頭公園
d0146854_10320195.jpg

ヒロバフユエダシャク

ヒロバフユエダシャクのオス 1月29日 井の頭公園
d0146854_10335480.jpg
ヒロバフユエダシャクのメス 2月20日 井の頭公園
d0146854_10340332.jpg

オスとメスが見つかる時期がとても離れていて、個体数も少ない場合、うまく出会って子孫を残せるのかも気がかりだ。

このあと、シロトゲエダシャクやトギレフユエダシャクは果たして見られるだろうか。







[PR]

# by 2008oharu | 2017-02-21 10:41 | | Comments(0)

新春第1弾 フユシャク亜科編

新春を迎えてすでに1か月が経ってしまった。(汗)
このブログを書くのは今年になって初めてになる。
長い越冬状態だったので、新年の挨拶をするのも気が引けるが、おめでとうございます。
ことしもよろしく。

こんなに長い間ブログをアップしなかったのは、地元のフィールドの昆虫の状況があまり芳しくなく、記事にしたいような観察ができないという理由もある。

とりあえず、その状況を書き留めておく。

昨年末までに出現したフユシャクは、クロオビフユエダシャク、チャバネフユエダシャク、イチモジフユナミシャクの3種だった。イチモジフユナミシャクはそれなりに見られたが、他の2種は数も少なかった。
そして、例年なら少なくともウスバフユシャクはいやというほど見られるはずなのに、今年に入ってからもなかなか出てこない。

他所で今年初めてウスバフユシャクを見たのは1月10日のこと。ここでは、数個体見られた。

d0146854_22350360.jpg
次の日の1月11日、地元でもやっと見ることができた。
d0146854_22350994.jpg
そして、月末の29日にやっと交尾ペアを見る。
d0146854_22375759.jpg
30日の交尾ペア
d0146854_22385523.jpg
脚がオスの翅の下からのぞいている。
d0146854_22394973.jpg

フユシャク亜科には他にクロテンフユシャク、ウスモンフユシャク、シロオビフユシャク、クロバネフユシャクなどが地元で見られるはずだが、それも今のところ極めて少ない。
d0146854_22413266.jpg
1月10日にやはり他所で見たシロオビフユシャク。地元ではオスは見ていない。
一応メスはいるので、出現はしているはずだ。

d0146854_22445165.jpg


シロオビフユシャクの卵と思われるもの
d0146854_22453463.jpg
クロバネフユシャクもオスは見ていない。
メスと思われるものが壁で産卵している。尾端の毛を卵に擦り付けている。(1月18日)
d0146854_22472259.jpg
あと見たのは、クロテンフユシャク(1月18日)ぐらい。
d0146854_22484310.jpg
なんとも寂しい状況だ。
他に、フユナミシャク亜科・フユエダシャク亜科のものも出現してきているが、それも少ない。
地元だけの状況なのか、それとも他所でも同じような状況なのか、知りたいところだ。















[PR]

# by 2008oharu | 2017-01-31 22:55 | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30