4~5月の蛾から



の冬は例年になくフユシャクとの出会いが少なく、また春の大物蛾(トビモンオオエダシャクやオカモトトゲエダシャク、それにイボタガなど)との出会いもなく、テンションが下がりっぱなしだった。

そんな中で出会った蛾のいくつかをピックアップ。

オオミズアオ
d0146854_21262266.jpg

地元で見られる(今のところ唯一のヤママユガ科)。それでも年々数が少なくなってきている感じがして、危機感が募る。今年は1化の羽化に2回遭遇。5月1日と5月27日。それ以外にも、千切れた翅は何枚か見ている。

d0146854_21264172.jpg
オオギンスジアカハマキ。(現在はアカが入らないそうなので訂正します。)地元産。きれいな蛾だ。
d0146854_21264588.jpg
クロハネシロヒゲナガ。こちらは埼玉産。地元でも見られる。他にホソオビヒゲナガも見られる。4月と5月に出会った。
d0146854_21264817.jpg
オオトビスジエダシャク。4月。毎年地元で見られる。
d0146854_21265333.jpg

マエキトビエダシャク。地元産。4月。これも毎年地元で見られる。
d0146854_21265652.jpg
フタナミトビナミシャク。4月。地元産。毎年見られる。
d0146854_21270196.jpg
マドガ。5月初旬。写真は他所だが、もちろん地元でもよく見られる。
d0146854_21273835.jpg
シマケンモン。4月の地元産。地元でとても多い。
d0146854_21271455.jpg
アサケンモン。5月の地元産。毎年見られる。
d0146854_21275994.jpg
ウンモンスズメ。地元産。一昨年地元で大発生したあと、昨年は全く出会えなかった。今年見られてうれしい。
d0146854_21284664.jpg
マエキリンガ。5月の地元産。毎年見られる。
d0146854_21285199.jpg
カクモンヒトリ。5月の地元産。
d0146854_21492364.jpg
キアシドクガ。5月の地元産。数年前から大量に発生するようになり、今の時期、林部でひらひらと飛び回っている。(画像が酷い)
d0146854_21490898.jpg
クロモンアオシャク。5月。都内他所。初見。とても美しい。

その他にもいろいろ見ているが今回は割愛。

[PR]

# by 2008oharu | 2017-05-31 21:53 | | Comments(0)

ゴマダラオトシブミ

ゴマダラオトシブミは「オトシブミハンドブック」の表紙を飾るオトシブミである。
大きくて目立つ模様が魅力的だ。しかし、今年はいろいろな遠征先でオトシブミやチョッキリを目にしたが、ゴマダラオトシブミを含めて未見のものに出会う機会はなかった。

そんな折、yamapさんがゴマダラオトシブミを発見!
オトシブミは出現の時期が短いので、この期を逃したら見損なうと思い、ちょっと遠いが足を伸ばす。
件の栗畑であちこち探すと、揺籃はたくさん見つかったが、成虫の方はなかなか見つけられなかった。
yamapさんたちも、そうとう粘ってやっとのことで発見されたそうなので、そう簡単には見つからないのだろう。

しばらく別の場所へ移動して、他のものを観察して時間をつぶし、再度気持ちを新たにしてまた探す。
そして、やっと見つけた!
d0146854_23063046.jpg
d0146854_23062910.jpg
葉と葉の間に潜んでいた。yamapさんが見つけた個体も背中の一部だけが黄色く、半分は黒い個体だったそうだが、私が見つけたのは、全体がほぼ黒い。
風が強く、落ち逃げされないように撮るのはとても難しかった。

見つけられたのはうれしかったが、ゴマダラ模様がはっきりしない個体だったので、少し消化不良だった。
二日後、マナティさんと再挑戦することにした。二人で探せば、もっとよく見つかるかもしれない。
ついて最初の栗の木をチェックしていると、葉裏に黄色いものが目に入った。
d0146854_23063108.jpg

d0146854_23063059.jpg
黄色くて黒いゴマダラのある個体だ!
d0146854_23063178.jpg
d0146854_23063054.jpg
二人で夢中で撮影。一度逃げられたが、しばらくしてから戻るとまたその木で見つかった。

しかし、結局見つかったゴマダラオトシブミはこの1匹だけだった。なかなか手ごわい。揺籃はほとんどの栗の木についているので、もっと成虫がいてもおかしくないとは思うのだが。

ちなみに揺籃は、このような感じ。
d0146854_23063094.jpg
d0146854_23063120.jpg
「オトシブミハンドブック」には、「クリ林などには普通に見られる」と書いてあるが、地元の栗の木にはいないようだ。やはりもう少し自然度が高い、栗の木の密度が高い場所にいるのかもしれない。

この栗畑には、他にもいろいろなオトシブミやチョッキリが見つかった。それはまた次の機会に。

情報をくださったyamapさん、ありがとうございました。






[PR]

# by 2008oharu | 2017-05-27 23:28 | 甲虫 | Comments(4)

アサマイチモンジ(2)

d0146854_07141122.jpg
アサマイチモンジを観察した場所は、スイカズラの他に、エノキ、シャリンバイ、ウマノスズクサなど多数の植物がおりなすブッシュになっていて、アサマイチモンジの他にも、ジャコウアゲハ・アカボシゴマダラ・アゲハ類などいろいろな種類のチョウがやってくる。

アサマイチモンジを観察していると、食草のスイカズラだけでなく、なぜかシャリンバイにもよく止まる。初めはただ休憩のために止まるのかと思っていたが、よく見ると、シャリンバイに止まったアサマイチモンジは口吻を伸ばしていることが多いのだ。
d0146854_07193000.jpg
口吻を伸ばしながら葉の表を移動するアサマイチモンジ
d0146854_07193870.jpg
やがて、主脈上にある汁のようなものを探り当て、盛んに吸い始めた。
d0146854_07193723.jpg
別の場面では、やはりシャリンバイの枝を移動して、枝についた汁のようなものを吸っているように見えた。
d0146854_07193767.jpg
d0146854_07193717.jpg
たぶん、アブラムシのようなものがついていて、それが排出する汁を吸っているのではないか。
家に帰ってシャリンバイについて調べてみると、アブラムシやカイガラムシがよくつくらしいこともわかった。

あたりにはスイカズラの花が咲いていたし、シャリンバイの花も咲いていたが、アサマイチモンジはそれらの花には一度も訪れなかった。もっぱら樹液のようなものを好むチョウらしい。

この場所は、食草のスイカズラがあり、餌となる樹液(排出液?)もあり、アサマイチモンジには理想的な生息地になっているのかもしれない。

「森と樹と蝶と」「小さな蝶たち」などの著者、西口親雄氏によると、アサマイチモンジはかって「スイカズラ王国・中国の西部を中心に、日本の温帯域にまで分布を広げ、ゆうゆうと生活していた。ところが、(食草を同じくする)イチモンジチョウの出現でふるさとを追われ、日本という隔離列島で、なんとか生き残ることができた。」そして、その後さらに進化したミスジ型イチモンジチョウによって、イチモンジチョウも大陸を追われてきたという。

今、スイカズラがたくさんある状態なら、アサマイチモンジとイチモンジチョウは日本で共存できるはずだが、スイカズラが減ってしまうと、アサマイチモンジはまたイチモンジチョウに圧力を加えられるかもしれないと氏は懸念している。

この場所のスイカズラも、以前はフェンスにたくさん絡まっていたそうだが、今はフェンスからはきれいに刈り取られている。どうかこれ以上減らさないで、アサマイチモンジの生息地を守ってほしい。





[PR]

# by 2008oharu | 2017-05-26 07:45 | | Comments(4)

アサマイチモンジ(1)

d0146854_21404595.jpg
アサマイチモンジは、2009年に地元で一度だけ見たことがある。そのときの様子はこちら↓

http://parkinsect.exblog.jp/10395232/

私の目撃例は、雑誌「多摩虫」No.55の「東京都小金井市でアサマイチモンジ目撃撮影」(大橋 田鶴子)で紹介されるぐらい珍しい例だったようだ。
以前は近隣でも繁殖していたらしいが、近年は東京では絶滅危惧種になっている。

今回またヘムレンさんに埼玉県の繁殖地へ連れて行ってもらって、久しぶりに目にすることができた。
そこは、アサマイチモンジの食草であるスイカズラがフェンスと水路で遮られた先に茂っている場所だった。

オスは盛んにあたりを飛び回り、縄張り争いをしたり、メスを見つけると言い寄ったりしている。
d0146854_21505556.jpg
d0146854_21505587.jpg
d0146854_21505538.jpg
しかし、どのメスもすでに交尾は終えているようで、オスのアタックを受け入れるものはいなかった。しつこいオスから身を隠すように葉裏に移動することもあった。
d0146854_21505699.jpg
そして、ときどきスイカズラに止まっては、産卵していた。
d0146854_21505609.jpg
産卵は葉裏にすることもあれば(上の写真)、葉の表に産み付けることもある。
d0146854_21505653.jpg
d0146854_21505752.jpg
水路を隔てた遠くだが、400mm望遠レンズで卵を撮ってみる。
d0146854_21505625.jpg
イチモンジチョウやコミスジの卵に似ていた。

つづく





[PR]

# by 2008oharu | 2017-05-25 22:00 | | Comments(2)

オツネントンボ他

成虫越冬するイトトンボのうち、ホソミオツネントンボ、ホソミイトトンボはなんとか見ることができたが、オツネントンボだけは未見だった。

ヘムレンさんたちと遠征中に、昨年ホソミオツネントンボを見た場所に再訪。ここで首尾よく3種目を見ることができた。

オツネントンボ(アオイトトンボ科)
d0146854_18444076.jpg
オツネントンボのオス。オツネントンボは成熟しても青くならない。オスは複眼の後ろ部分が青みを帯びる。
d0146854_18444143.jpg
産卵
d0146854_18444015.jpg
オスの頭のピントが合っていないが、メスは複眼の後ろが青くない。草に腹端をつけて産卵している。
d0146854_18444098.jpg
別の角度から。

ホソミイトトンボ(イトトンボ科)
d0146854_18493859.jpg
ホソミイトトンボはこの5月に都内の公園で観察できた。また2月に越冬個体も見ている。この場所には少なかった。
d0146854_18493704.jpg
産卵。

ホソミオツネントンボ(アオイトトンボ科)
d0146854_18522564.jpg
d0146854_18522685.jpg
ホソミオツネントンボは昨年の夏にこの場所でたくさん見たし、越冬個体は地元でも見られる。今回も一番多くいた。
d0146854_18522667.jpg
d0146854_18522404.jpg
d0146854_18522525.jpg
集団産卵。

交尾はあっという間に終わるのか、ハート形になったところは撮れなかった。


[PR]

# by 2008oharu | 2017-05-23 18:56 | 蜻蛉 | Comments(4)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30