大量発生したヤブヤンマ

今年の上半期の最大のトピックスは、ヤブヤンマの大量発生だった。

5月10日のこと。鳥観仲間の方がトンボがぶら下がっているというので見てみると、ヤブヤンマのようだった。

d0146854_09514070.jpg
d0146854_09513938.jpg
2頭いて、どちらもヤゴの抜け殻の傍にぶら下がっている。すでに腹も伸び翅もきれいに広がっているが、ここで羽化した個体に違いない。あたりを探してみると別の場所にヤゴの抜け殻があと2つみつかったので、少し前から発生が始まっていたのだろう。

ここは2~3年前に作られた人工的な池で、ヤブヤンマがこの池から発生したのは初めてだったのではないかと思われる。

その後気になって時々チェックしてみたが、驚いたことにヤブヤンマの羽化は次々と続き、7月8日までの間に私が確認しただけで20頭以上が羽化してぶら下がっていた。

草地でも羽化
d0146854_09591637.jpg
フェンスでも羽化
d0146854_09592962.jpg
腹の先が水に浸かっている場所で
d0146854_09592418.jpg
中には羽化に失敗して固まってしまったものもいた。

この枝は羽化時に好まれる枝のようだ。抜け殻がいっぱい重なっている。
d0146854_10025323.jpg
抜け殻に着目してみると、さらに多くの数が羽化していたことがわかった。
d0146854_10035957.jpg
フェンスにも20個ほどのヤゴの抜け殻がついている。全部を総合すると、この池から羽化したヤブヤンマは少なく見積もっても50頭はいたようだ。

羽化したてのヤブヤンマは未成熟で、成熟するまで別の場所へ移動して餌などを捕っているのだろう。近くの広場で大きめのヤンマが飛び回っているのを目にしたことがあるので、それがここで羽化したヤブヤンマだったのかもしれない。

6月も下旬ごろになると、池を周遊するヤブヤンマの姿が見えるようになった。成熟したオスがメスを探しに来たり、メスが産卵しに来たりしているようだった。

産卵するメス(6月26日~7月22日)
d0146854_10093268.jpg
d0146854_10094904.jpg
d0146854_10095302.jpg
ヤブヤンマは直接水中には産卵しない。岸辺の土の中などに産卵する。

周遊後休むオス
d0146854_10120178.jpg
ブルーの目が美しい。

ヤブヤンマはそれほど珍しいトンボではないが、1か所からこれほど大量に発生したということには驚かされた。たぶんこの池が新しくできたものだったので、競争相手も天敵もいない状態で、昨年産み付けられた卵の生存率が非常に高かったのだろう。

この池から発生したと思われる水生昆虫(幼虫時代を水中で過ごす昆虫)もこの春大量に発生していた。(セスジユスリカ・カゲロウの仲間・トビケラの仲間など)これらは、ヤゴの餌になっていたと思われる。
d0146854_10172684.png
今後、ヤブヤンマの生息数はどのように推移していくのだろうか。競争相手や天敵が増えていって、大量発生は収まっていくのではないかと推測はできる。
生態系の推移を考えていく上でとても面白い現象だった。









[PR]

# by 2008oharu | 2018-08-17 10:23 | 蜻蛉 | Comments(2)

7月の蛾から

猛暑の7月。旅行へ行ったり、外出を控えたり、そしてフィールドにほんとうに蛾が少ないなどの結果、あまりめぼしい成果はない。

オオアヤシャク(7月31日)シャクガ科アオシャク亜科
d0146854_09514497.jpg
7月に見た一番大きい蛾(笑)
あとは、ちびちびした蛾ばかり。

ミツボシツマキリアツバ(7月8日)ヤガ科
d0146854_09514484.jpg
d0146854_09514320.jpg
翅を閉じているところが見られた。

アオフトメイガ(7月8日)メイガ科
d0146854_09514418.jpg
d0146854_09514412.jpg
サクラマルモンヒメハマキ(7月8日)ハマキガ科
d0146854_09593892.jpg
モトキメンコガ(7月1日、8日)ヒロズコガ科
d0146854_09514382.jpg
d0146854_09514483.jpg
交尾しているところが見られた。

プライヤエグリシャチホコ(7月26日)シャチホコガ科
d0146854_09594124.jpg
オオシマカラスヨトウ(7月8日)ヤガ科
d0146854_09514417.jpg
あちこちで見られたが、これは腹の模様がはっきり見えたのでナンカイカラスヨトウではないとわかった。

あとはスズメガも見ていない。(千切れた翅はあった)
すでにヤママユガも出始めているもようなので、気があせる。


[PR]

# by 2008oharu | 2018-08-03 10:07 | | Comments(0)

沖縄宮古島で出会った昆虫など(チョウ以外)

たまたま目についた昆虫たちです。

クマゼミ
d0146854_16184393.jpg
d0146854_16184485.jpg
宮古島には他のクマゼミがいるのかどうかわからない。一応クマゼミとしておく。やはり鳴きだすとうるさかった。

マダラコオロギ
d0146854_16184480.jpg
d0146854_16184451.jpg
d0146854_16184469.jpg
南国仕立てのカラフルなコオロギ。最後の写真は幼虫。すごくたくさんいた。サンコウチョウが捕食してのも、このコオロギだったようだ。

モリバッタの仲間
d0146854_16184483.jpg
サトウキビ畑にもたくさんのバッタ(イナゴ)がいたが、写真には撮れなかった。
畑の害虫かもしれないが、ミフウズラなどの鳥たちのご馳走にもなっているようだった。

オオジョロウグモ
d0146854_12461648.jpg
キクイタダキを捕食したとかいう伝説のあるクモ。森にはたくさんいたが、お腹は大きくない。

最後に昆虫でもクモでもないが、
d0146854_16184307.jpg
ナキオカヤドカリだろうか。

大型のガが見られるかと期待していたが、まったく目にしなかった。(小型の蛾はとんでいたけれど)

[PR]

# by 2008oharu | 2018-07-23 16:43 | Comments(0)

宮古島で出会ったチョウたち

沖縄の宮古島へ行った。鳥観が主目的だったが、合間に出会ったチョウを撮りたいとも思っていた。
旅先ではなかなか一瞬の出会いをものにすることは難しく、すべて見たという証拠写真でしかないが。

オオゴマダラ

d0146854_09072806.jpg
d0146854_09072825.jpg
オオゴマダラは本島や石垣島などで目にはしてきたが、なかなか写真に撮るチャンスがなかったので、今回野生の個体を撮れたのはうれしい。動物園などの個体は何度もみてきたので、感動は少ないが。

シロオビアゲハ
d0146854_09073793.jpg
d0146854_09073778.jpg
ぼろぼろの個体なのは残念。これも自然状態では初撮り。

スジグロカバマダラ
d0146854_09074391.jpg
d0146854_09074380.jpg
これも自然状態では初撮り。同じ場所に何頭か群れていた。

カバマダラ
d0146854_09075805.jpg
d0146854_09075803.jpg
カバマダラは、以前神奈川県に飛来したものを見たことがある。スジグロカバマダラもカバマダラも飛翔力が強く、本州の沿岸域まで飛来することがよくあるようだが、越冬するのは難しそうだ。カバマダラも同じ場所に数個体群れていた。

アオタテハモドキ
d0146854_09075895.jpg
これは一番撮りたかったもののひとつ。このカットを撮ったあと角度を変えて撮りたくて寄ったところで飛ばれてしまい、見失った。翅をきれいに開いた状態が見られなくて残念。このチョウも東京に現れて話題になったことがある。

リュウキュウウラナミシジミ
d0146854_09075094.jpg
地味なシジミチョウが目に入り、よく見るクロマダラソテツシジミかなと思ったが、念のため撮ったら、違っていた。リュウキュウウラナミシジミらしい。初見。念のため撮ってよかった。

ナミエシロチョウ
d0146854_09075714.jpg
カワカミシロチョウと似ているが、裏翅が黄色いことなどからナミエシロチョウと判断した。初見。

カワカミシロチョウ
d0146854_09075831.jpg
こちらは裏翅が白いのでカワカミシロチョウだと思われる。これは以前にも見たことがある。

オオシロモンセセリ
d0146854_12483335.jpg
このカットのみ。初見。


イシガケチョウ
d0146854_09264775.jpg
イシガケチョウは奄美大島でも撮った。右の葉の上の黄色い粒は卵だろうか。

沖縄に真夏に行ったのは久しぶりだったが、さすがに夏だとチョウもいろいろ見られることがわかった。







[PR]

# by 2008oharu | 2018-07-17 09:29 | | Comments(0)

タマムシあれこれ

ヤマトタマムシは間違いなく美しい。しかし、なかなか目線の高さで見ることがかなわない昆虫である。
私が地元で初めてタマムシを見たのはかれこれ10年以上前のことだが、その時も遥か遠くの木から木へ飛んでいくところだった。それ以外は、たいてい死骸だったり、羽化不全だったり、もっと酷い時は翅だけだったりすることが多い。下の写真は以前のやらせの写真である。つまり捕まえたタマムシを近くの葉の上にのせて撮ったというわけ。
d0146854_13555754.jpg
今年も、初めてタマムシを見たのは足元近くから急に飛びだして、遥か向こうの木の上に止まったものだった。
d0146854_14014251.jpg
これ以外は、生きたタマムシをまだ見ていない。
そんなある日、朽ちかけた木の切り株をチェックしていたとき、ふと目に留まったものがあった。玉虫色に光る物体だ。
d0146854_14025322.jpg
よく見ると、中身を食べられてしまったタマムシの遺骸のようだ。お仲間と掘り出してみる。
d0146854_14042075.jpg
d0146854_14042564.jpg
d0146854_14042807.jpg
頭と胸がない。近くに胸の部分は転がっていた。
d0146854_14052678.jpg
タマムシの幼虫は朽木の中で育ち、中で羽化して出てくる。きっと穴から出ようとしているときに、鳥などに襲われたのだろう。その切り株をもう一度よく見ると、あちこちに穴が開いているので、タマムシが他にも羽化したものと思われる。
無事に出てくるところを見たかった。

こちらはウバタマムシ
d0146854_14083052.jpg
やはり食樹である松の切り株の根元付近にいた。そして、あたりにはこれもまたたくさんの穴が開いている。羽化あとに違いない。

おまけ:
タマムシにはいろいろな種類があることがわかったのも、観察を続けてきたおかげである。

こちらはムネアカナガタマムシ
コメントでケヤキナガタマムシとご指摘いただき、訂正しました。
d0146854_14135252.jpg
名前の通り長い。ナガタマムシの仲間にはやはりきれいな色をしたものがいる。
d0146854_14170569.jpg
以前に撮ったシラホシナガタマムシと思われるもの。

チビタマムシの仲間も小さいがよく見るとなかなかきれいだ。
d0146854_14135805.jpg
ヤノナミガタチビタマムシか。
この夏もタマムシコレクションを増やしたい。





[PR]

# by 2008oharu | 2018-07-10 14:46 | 甲虫 | Comments(4)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31