オナガバチたち

長い産卵管を持ち、腹も長細いハチがたくさん、スギかサワラの木の幹に集まっていた。
オナガバチの仲間(寄生蜂)らしい。

よく見ると、3種類いる。

↓オオホシオナガバチのメスか? 2010年7月25日。井の頭
d0146854_2104770.jpg
d0146854_211116.jpg

上の写真はよく見ると、腹の先から伸びる産卵管を木の幹の中に突き刺している。
ハラナガバチの仲間は、木の幹の中にいるキバチやカミキリムシの幼虫に産卵するらしい。

長い産卵管は、三本に分かれているそうだが、2本のように見える写真しか撮れなかった。
3本のうち2本は産卵管を支え保護する鞘のようなものらしい。

↓こちらは、そのオスのようだ。同日同場所。
d0146854_2144738.jpg

一回り大きさが小さく、産卵管がない。
不思議なのは、オスたちが一箇所に何匹か集まっていることだ。

↓オナガバチのオスたち。
d0146854_2161025.jpg

一体全体何をしているのだろうか。

家に帰ってネットで調べていると、面白い動画が見つかった。
オナガバチのオスたちは、一箇所に集まって、メスが羽化してくるのを待っているというのだ。
確かに、他の虫の幼虫を食べつくして成長し、羽化をするときは木の幹から出てくるのだろう。


↓別の種類のオナガバチ(シロフオナガバチか。)同日同場所。
d0146854_2194348.jpg

こちらは、白黒のまだら模様。
この木の皮の下には、たくさんの幼虫が生息しているということか。

さらに驚くべきことには、ニセオナガバチというのもいて、それは、オナガバチのように木の幹に
産卵管を突き刺して産卵する力はないのだが、オナガバチの作った穴に産卵管を差し入れて、
同じ幼虫に産卵し、オナガバチの幼虫も殺して、寄生生活をするらしい。
[PR]

by 2008oharu | 2010-07-27 21:13 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30