猛暑とアカネたち

今季、アキアカネを初めて見たのは6月24日。

↓アキアカネ 2013年6月24日。井の頭公園
d0146854_21403952.jpg

アキアカネは6月ごろから羽化し始め、7月以降高地の涼しいところへ移動するので、だいたい標準的な羽化開始だった。

その後、東京は例年になく梅雨の明けるのが早く、明けたと思ったら途端に35度前後の猛暑が襲ってきた。
そんななか、公園ではアキアカネが次々に羽化し、日陰の林縁部に一度に数個体見られる日が続く。

↓2013年7月10日のアキアカネ
d0146854_2148283.jpg

↓2013年7月13日のアキアカネ。この日は同じ木に4個体いた。
d0146854_21481173.jpg

↓2013年7月15日のアキアカネ この日は、ナツアカネに混じって1個体。
d0146854_21483585.jpg

↓2013年7月27日のアキアカネ まだ残っているのかとびっくり。
d0146854_21505692.jpg

アキアカネは他のアカネ類より暑さに弱く、30度を超す日々が続くと生きていられないので、涼しい高地へ避暑に行くのだという説明を何かで読んだのだが(何で読んだか忘れて確かめられない)、梅雨明けの連続猛暑の中でも、アキアカネが落命しているのを目にしたことはなかったし、そういう情報もなかった。

日陰で暑さをしのいでいるのだから大丈夫というのなら、他のアカネ類の処し方とかわらない。
他のアカネ類は概ね地元で日中は日陰などで過ごして夏を越しているのだから、アキアカネも同様の過ごし方ができそうに思える。
アキアカネだけが高地へ移動するのは、何かほかの理由がありそうだ。

それはさておき、現在はアキアカネはほとんど見られなくなり、予定通り次々と高地へ移動していったのだと思われる。
地元に残っているアカネ類で今季見られたのは今のところ、コノシメトンボ・ナツアカネ・マイコアカネ・ミヤマアカネだ。

↓コノシメトンボ 2013年7月15日。例年一番多く見られるアカネ。今季も多い。
d0146854_2253531.jpg

↓ナツアカネ 2013年7月10日。 アキアカネより少し遅れて羽化。
d0146854_2272799.jpg

↓マイコアカネ 2013年7月18日。今季はすでに2個体見られたが、見られない年もある。
d0146854_2282254.jpg

↓ミヤマアカネ 2013年7月28日。これがMFで見られたのは2例目。
d0146854_22103280.jpg

上はすべて井の頭公園。
アカネ類は他にリスアカネ・ネキトンボ・マユタテアカネ・ノシメトンボなどが見られる可能性があるが、今季はまだ目にしていない。

たくさんの種類が見られる多様で豊かな環境が守られるよう願ってやまない。
[PR]

by 2008oharu | 2013-07-30 22:14 | 蜻蛉 | Comments(2)
Commented by みき♂ at 2013-08-01 03:36 x
こんにちは。
今年もマイコアカネが見られましたか。
昨年はちょっとしか見かけなかったので、今年はたくさん見たいです。
Commented by おはる at 2013-08-05 17:28 x
マイコアカネ、井の頭で2個体見られたので、今年は多い年かもしれません。秋になってきれいな色になってから見られるといいですね。
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28