トリノフンダマシを探す

クモ熱が高まったついでに、以前から一度は実物を見てみたいと思っていたトリノフンダマシを探しにプチ遠征。
とりあえず、水の傍のススキの葉を探してみることにする。
あたりをつけた場所で、ちょっと探すと、葉にしみのような赤い点がついている。
葉を引き寄せてよく見ると、クモだはないか!

↓アカイロトリノフンダマシ 2014年7月15日 八王子市
d0146854_2325295.jpg

思っていたよりずっと小さいが、トリノフンダマシの仲間に違いない。
名前は家に帰ってから調べた。

そばにもっと小さいクモがいたが、あまりに小さく写真にはうまく撮れなかった。
たぶん、オスだったのだろう。

他の場所を一周いたが、いる気配がないので、またもとの場所に戻り、もっとあちこちを探してみると、何か天道虫のいびつな形状のものが目に入った。さっきのより大きい。
いろいろな角度から写真を撮るうちに、もぞもぞ動いた。

↓アカイロトリノフンダマシ黒色型。同日同場所
d0146854_2381449.jpg

この名前もあとで調べたもの。
たぶん、この大きさが成虫の大きさで、先に見つけたのはまだ幼体だったのだろう。

この場所がトリノフンダマシ・ポイントらしいとわかり、さらに近くを念入りに調べると、もっと大きいのがいるではないか!

↓オオトリノフンダマシ 同日同場所
d0146854_23103128.jpg

これは、図鑑で見たあのオオトリノフンダマシだとすぐわかった。
さっきのよりやはりかなり大きい。

そのそばに、やはり小さ目のクモがいたので、なんとか写真に撮ってみる。
これもたぶん、オオトリノフンダマシのオスだろう。

↓オオトリノフンダマシのオス
d0146854_23133971.jpg

結局、この日はこの2種のみしか見つけられなかったが、とにかく初めてトリノフンダマシの仲間を、自力で見つけ出すことができて、まずまずの成果だった。

アカイロトリノフンダマシは、「とりのふん」にはぜんぜん似ていない。むしろ「テントウムシダマシ」なのだが、そういう名前の昆虫が他にいるので、そうも呼べない。

たぶん、本家トリノフンダマシは確かにトリノフンに似ているのだろう。

ところで、ススキに小さなカタツムリがついていて、ぱっと見トリノフンダマシに見える。
「トリノフンダマシ」ダマシマイマイとでも名付けたくなった。

他の種類のトリノフンダマシも見つけたいものだ。
[PR]
Commented by みき♂ at 2014-07-20 03:51 x
こんにちは。
蜘蛛は結構熱心に撮っておりますが、トリノフンダマシはまだ見たことがありません。
2種+♂まで撮られて羨ましいです!
Commented by おはる at 2014-07-21 07:43 x
おはようございます。
トリノフンダマシは葉裏にいることが多いので、なかなか偶然に目につくということはなさそうですね。
この日は、チョウもトンボもほとんどいなかったので、これが見つからなかったら、くたびれもうけになるところでした。
by 2008oharu | 2014-07-19 23:21 | 昆虫でない虫 | Comments(2)

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31