11月の蛾から2017

11月の蛾は低調。ハイライトのウスタビガとクロスジフユエダシャクを差し引くと、ほとんど掲載すべきものが残らない。

毎日のように目につくのは、ニトベエダシャクとチャエダシャク
d0146854_23400287.jpg
d0146854_23400965.jpg
キノカワガ
d0146854_23403411.jpg
このキノカワガは忍者度が高い。
d0146854_23411716.jpg
こちらはそれほどでもない。

ミドリハガタヨトウ
d0146854_23415907.jpg
ヒメノコメエダシャク
d0146854_23425224.jpg
そして、例年なら交尾・産卵がかなり確実に見られるはずのミノウスバさえ、今年は飛び回っている2個体しか見つけられなかった。(心当たりのマユミやマサキなどをくまなく点検したのだが。)
d0146854_23463677.jpg
d0146854_23463533.jpg
秋のキリガや越冬キリガなども見つからない。
このぶんでは、フユシャクも寂しいことになりそうだ。





[PR]

by 2008oharu | 2017-12-01 23:49 | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31