12月の蛾から イチモジフユナミシャク編

12月も蛾の出が悪い地元の公園だったが、イチモジフユナミシャクだけは例年に比べて多かった。

今年最初に成虫を見たのは12月20日のこと。オスが擬木柵についていた。
d0146854_13501428.jpg
翌日は2頭に増えていたが、そのうちの1頭は前日と同じ個体のようだ。
d0146854_13514436.jpg
向きが少し変わっているが、だいたい同じ場所にいた。夜の間に一度飛んでまたここへ戻ったのか、あるいはずっとこの位置にいて少し動いただけなのか。トイレなどにいる個体も、何日も同じ場所にいることが多い。
d0146854_13514846.jpg
少し線が細いもう1頭。22日も同じような場所にいた。

23日、メスが見つかった。
d0146854_13553379.jpg
お腹がパンパンに膨らんだきれいなメスだ。
24日にもメスがいたが、翅に入る線が違うので別個体かもしれない。
d0146854_13570227.jpg
この日もオスは2個体見つかる。
そして26日には、みき♂さんから連絡があって、メスが4個体いるという。
そのうちの1頭は翅がよく伸びていなかった。
d0146854_13591655.jpg
翌日もメスが2個体
d0146854_14002967.jpg
そのうちの1頭。やはりお腹がすごく膨らんでいる。
そして、28日には、なんとオス3個体、メス5個体(そのうち1頭は死んでいた)見つかった。
クモの糸にからめられて死んでいた個体
d0146854_14024098.jpg
これらのイチモジフユナミシャクは、だいたい同じ場所で見つかる。特に飛べないメスは、大きく分けると2か所で発生しているようだ。イチモジフユナミシャクの食草はケヤキとかソメイヨシノらしいので、それぞれ1本の木から発生した兄弟たちなのかもしれない。

これだけの期間続けて同じような場所にメスがいたわけだが、擬木柵に卵が産みつけられている様子はなかった(と思う)。メスたちは、交尾後移動して産卵したのだろうか。

イチモジフユナミシャクの幼虫はとても地味な緑色のイモムシのようだが、まだはっきり確認していない。来春はこのあたりをもう少し丁寧に探して確認したいものだ。






[PR]

by 2008oharu | 2017-12-30 14:10 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31