正月もフユシャク フユシャク亜科編

この冬、私が初めてウスバフユシャクを目にしたのは1月6日のこと。例年より少し遅いような気がするが。
d0146854_22133371.jpg
d0146854_22133383.jpg
下は桜の木の根元で羽化したての個体。

13日、交尾後のペア
d0146854_22134638.jpg
19日にも交尾後と思われるペア
d0146854_22134690.jpg
フユシャク亜科の仲間は、昼間でもこ交尾中のペアが見られることが多い。
フユシャク亜科の仲間のメスは、単独でいるとなかなか識別ができないが、交尾中であれば間違いはないはずだ。

16日にはウスモンフユシャクのペアも見た。
d0146854_22193198.jpg
交尾初期は、メスがオスの翅の下に隠れていることが多く、見落としやすい。上は少し見え始めているのでわかる。
d0146854_22193129.jpg
同一ぺアをメス側に焦点を当てて撮ってみる。あまり特徴はわからないが。
19日にも交尾ペアがいた。
d0146854_22193165.jpg
こちらは交尾後半で、メスの体がかなり現れてきている。

クロテンフユシャクは15日に発見
d0146854_22232639.jpg
20日にも見つけた。
d0146854_22232611.jpg
交尾ペアはまだ見つからない。

最後に、クロバネフユシャクの交尾ペア(19日)
d0146854_22270171.jpg
クロバネフユシャクを見たのは久しぶり。
メスの方に焦点を当てる。
d0146854_22270165.jpg
シロオビフユシャクのメスに比べて、やはり黒っぽい。
このメスはまるまるしていて、卵をいっぱい持っていそうだ。

平地で見られるフユシャク亜科には、他にホソウスバフユシャクというのがいるらしいが、私は未だ確認できない。後半に出てくるそうなので、今年も注意して見ていきたい。





[PR]

by 2008oharu | 2018-01-24 22:33 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31