正月もフユシャク フユエダシャク編

シモフリトゲエダシャクのメスを見つけたのは1月18日

d0146854_20563277.jpg
このメスは大きくて見応えがある。
翌日行ってみると、少し動いていたが、まだ同じ擬木柵にいた。
d0146854_20563214.jpg
正面顔も撮ってみる。
d0146854_20563257.jpg
オスはお仲間が10日に見ているが、私は見逃した。もともと地元三鷹市の公園では個体数がそれほど多くないフユシャクなのだ。結局このメスは20日まで同じ場所にいたが、次に見た時にはいなくなっていた。オスに出会えたのならいいが。

18日にはシロフフユエダシャクにも出会えた。
d0146854_20563292.jpg
写真はオス。メスは木柵の方に2個体いた。
d0146854_20563262.jpg
こちらはまるまるとしていて、明らかに産卵前、
d0146854_20563125.jpg
こちらはちょっと細身で翅が目立って見える。産卵後だろうか。

その後冬が降ったりしてあまり観察に行けなかった。
そして、今日31日に、なんとかヒロバフユエダシャクのオスに出会えた。
d0146854_20562315.jpg
こちらは珍しくコナラの幹についている個体。まだメスは見ていないが、1月中に地元の公園の常連さんたちは概ね出現してしまった。

現時点では、もちろんまだウスバフユシャク・クロテンフユシャク・ナミスジフユナミシャクなども見られているが、あとは、めったに見られないシロトゲエダシャクなどが見られるかどうか。


[PR]

by 2008oharu | 2018-01-31 21:13 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31