春を待つカメムシたち 2018

もうすでに春なのかもしれないが、カメムシたちの春は、若葉が伸び始めるころなので、もう少し先になるのだろう。この冬たまたま見かけたカメムシたちを取り上げてみる。

地元のカメムシたちは、成虫越冬が多い。普通は、落ち葉の中とか、建物の隙間などで越冬している。

落ち葉をめくってみたら見つかったエサキモンキツノカメムシ(1月)

d0146854_10025649.jpg
建物の隙間にいたキマダラカメムシ(3月)
d0146854_10025777.jpg
しかし、なんらかの事情で真冬なのに擬木柵などを歩き回っているカメムシも目にする。(そのような状態の方が目につきやすい)

擬木柵をうろつきまわるヒメハサミツノカメムシ(1月)。色が赤っぽく変色している。
d0146854_10025641.jpg
クモヘリカメムシ(1月)
d0146854_10025708.jpg
ツヤアオカメムシ(1月)
d0146854_10025661.jpg
ナカボシカメムシ(3月)
d0146854_10133703.jpg
幼虫越冬しているのは、ヨコヅナサシガメやヤニサシガメだ。これらの幼虫たちは、暖かい日には動き回って狩りもするようだ。

ヤニサシガメの幼虫(3月)
d0146854_10030694.jpg
そして、クヌギカメムシの仲間は、卵で越冬し、冬の間に孵化する。

孵化し始めたクヌギカメムシの仲間(2月5日)。卵についていたゼリー状物質から抜け出てくる。
d0146854_10025728.jpg
ゼリー状物質を吸う幼虫たち(2月9日)
d0146854_10025799.jpg
2令に脱皮し始めた幼虫たち。(2月18日)
d0146854_10025802.jpg
葉が伸び始めるまで、ゼリー状物質を吸いながら3令までここで過ごすはず。(写真は3月1日の状態)
d0146854_10205889.jpg
今年は、今までのところアカスジキンカメムシの幼虫に出会わなかった。


[PR]

by 2008oharu | 2018-03-21 10:26 | カメムシ | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31