スプリング・エフェメラルを探して

雪が降ったと思ったら、初夏の陽気になったりと、気候条件が予測できない日々が続いたが、みき♂さんやyamapさんから次々とスプリング・エフェメラルの情報が届き、あわててプチ遠征した。
情報を頼りに丘陵地の公園を3つめぐる。

まず、コツバメ
d0146854_09555472.jpg
これは、手強かった。
一つ目の公園のポイントでは、飛んでいるのは目にしたが、止まってくれず、写真は撮れなかった。二つ目の公園では、食草のアセビがたくさん植わっている場所で待ち続けたが、一向に現れなかった。そして、三つ目の公園で、やっと枝先の止まるコツバメを撮ることができた。
この場所でテリをはっているらしく、何回か同じような場所に止まったが、なかなかよい角度から撮れなかった。
d0146854_09555494.jpg
d0146854_09555408.jpg
結局コツバメ撮影はこの個体のみに終わった。

ミヤマセセリ
d0146854_10010863.jpg
ミヤマセセリはあちこちで、いやというほど飛んでいた。しかし、気温が高くて元気が良すぎで、なかなかじっくりは撮らせてくれない。
まずは定番のヒメオドリコソウにて。
d0146854_10010994.jpg
d0146854_10010860.jpg
キイチゴの仲間の花に
d0146854_10010958.jpg
そして桜に
d0146854_10010993.jpg
ミヤマセセリは林床を低く飛んでいることが多い。
多分地面の蛹から羽化してくるメスを探しているオスの行動ではないかと思う。
d0146854_10010834.jpg
こちらはメス。このメスに飛んできたオスがアタックしようとしていたが、メスが応じずあきらめて飛び去った。いきなりのシーンでカメラが間に合わず、アタックシーンも撮りのがした。
オスはまた、水分を吸っているシーンも多い。
d0146854_10010928.jpg
オスにとって必要なミネラルなどを補給しているのだろうか。
yamapさんは、交尾シーンもご覧になっていたので、私も期待したが、残念ながら出会えなかった。

なにしろ暑くて、長時間動き回るとばてそうなぐらいだった。遠くにツマキチョウが飛んでいるのも見かけたが、追いかける気になれない。ツマキチョウは地元でも見られるはずなので、またの機会に。
d0146854_10215978.jpg







[PR]

by 2008oharu | 2018-03-30 10:24 | | Comments(4)
Commented by mikiosu at 2018-03-30 15:34
こんにちは。
コツバメ&ミヤマセセリ、背景も綺麗に抜けていい感じじゃないですか。
ツマキチョウ、つい先ほど♂の枝どまりも撮れました♪
Commented by yamap at 2018-03-30 23:54 x
コツバメの表羽を見てみたいですが、
葉っぱに止まると絶対に絶対に羽を開かないし、
飛び出しを撮ろうとしてもあまりの動きの速さに連写にも捉えられずでした。
飛んでいる時のかすかな青い残像は、人間の欲を駆り立てる魅惑に満ちていますが、でももし捕らえて触ってしまったら、きっと脆く失われてしまうだろうと思いました。
Commented by 2008oharu at 2018-03-31 07:40
みき♂さん、情報ありがとうございました。コツバメは満足とは言えない出会いでしたが、見られただけでも良しとします。私も昨日は地元でツマキチョウが見られました。
Commented by 2008oharu at 2018-03-31 07:42
yamapさん、yamapさんの情報を頼りに探して、見ることができました。ありがとうございます。コツバメの表翅は昨年1度だけカメラに写っていたことがありますが、擦れたメスだったので、残念でした。手強いチョウですね。
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31