9月の蛾から 2018

9月も気候不順が続き、あまりフィールドに出なかったので、蛾との出会いも少なかった。

うれしかったのは、8月に見られなくて諦めていたコシアカスカシバが、9月に入ってから見られたこと。9月の中旬ぐらいまで活動していた。

コシアカスカシバ(9月3日)
d0146854_08382303.jpg
ホシホウジャク(9月18日)
d0146854_08383787.jpg
この昼間活動するスズメガは、飛びものをうまく撮るという挑戦欲を刺激するので、毎年出てくると必ずトライしてしまう。アベリアやこのカクトラノオ(ハナトラノオ)で待っていれば必ずと言っていいほど現れる。

ついでに8月にも見たオオスカシバも。こちらはアベリアにて。
d0146854_08384320.jpg
ホシヒメホウジャクは、残念ながらアズチグモに捕獲された個体しか見られなかった。
d0146854_08385492.jpg
変なところでじっと動かないのでよく見たら、アズチグモが捉えていたのだ。アズチグモはアベリアの花の色とそっくりだ。

スズメガの成虫には相変わらずなかなか出会えないが、こちらはセスジスズメ
d0146854_08384841.jpg
羽化途中なのか、翅が伸びきっていない。

秋になると急に増えるのがシロスジノメイガ
d0146854_08390990.jpg
今年も一斉に現れた。

ミツモンキンウワバか
d0146854_08391670.jpg
識別点がはっきりしない。

オオシマカラスヨトウか
d0146854_08391972.jpg
これも識別点を見られない。

ヒロバツバメアオシャク
d0146854_08385859.jpg
ウスキヒメシャク((だと思う)
d0146854_08392348.jpg
他にもいくつかまだ識別していない小さな蛾は見られた。

[PR]

by 2008oharu | 2018-10-01 08:56 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31