人気ブログランキング |

ナミスジフユナミシャクとシロフフユエダシャク 2019

ナミスジフユナミシャクは、1月上旬から中旬ぐらいまでによく見られた。

ナミスジフユナミシャクのオス(1月5日)
d0146854_11284316.jpg
ナミスジフユナミシャクのメス(同日)
d0146854_11284352.jpg
d0146854_11284364.jpg
フユナミシャクのメスは翅が比較的長い。

1月17日にこんな態勢のメスを見た。
d0146854_11284215.jpg
おなかを柵につけている。産卵態勢かもしれないと思ったが、よくわからなかった。

シロフフユエダシャクは、2月上旬に出始めた。

シロフフユエダシャクのオス(2月2日)
d0146854_11335930.jpg
シロフフユエダシャクのオスの模様には個体差がある。
d0146854_11335928.jpg
上の写真は、ずいぶん白っぽくて違う蛾のように見える。

ある日、シロフフユエダシャクが交尾していると連絡をもらったが、出かけたのが遅くて、すでに離れていた。
d0146854_11335966.jpg
シロフフユエダシャクの交尾は見たことがなかったので、やはり早く見に行くべきだった。

シロフフユエダシャクのメス
d0146854_11335921.jpg
d0146854_11335954.jpg
シロフフユエダシャクのメスの翅も少し長めのとほとんど退化しているものとの個体差がある。

もう少し早起きして様々な様態を見つけるよう努力すべきだと反省。(来年は・・・と思うのだが、来年になると忘れているだろうが。)



by 2008oharu | 2019-02-19 11:41 | | Comments(0)

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30