人気ブログランキング |

クロスジギンヤンマ

今年、地元でトンボ・ファンが増えた。何人かの方々が、飛んでいるクロスジギンヤンマを撮りたいというので、撮れそうな場所を紹介した。
私自身、今まで何度がトンボの飛びものに挑戦してみたが、ろくな成果は上がらなかったので、一緒に再挑戦してみる。

昨年のクロスジギンヤンマ
d0146854_22343911.jpg
今年は結局もっとひどい写真しか撮れなかった。
d0146854_22345100.jpg
d0146854_22345269.jpg
クロスジギンヤンマはヤンマの中では早い時期に羽化してくる。
この個体は6月上旬の個体だが、すでに翅がかなり痛んでいた。

オスのクロスジヤンマは、テリトリーを周遊してはライバルを追い払ったり、他のトンボも追いかける。そういう行動をとるうちに、翅がどんどん傷むのだろう。
飛び疲れると、一気に上に上がって樹の高いところに留まって休む。
普通はなかなかそれを目で追うことはできないのだが、この日はたまたまわかりやすいところに止まった。

d0146854_22350283.jpg
トリミングするとこんな具合
d0146854_22351005.jpg
そんなある日、お仲間から、おぼれてアメンボに襲われているクロスジギンヤンマを拾い上げたという連絡があった。
連絡を受けたときは、メスだという話だったので、産卵時におぼれたのかなと思ったが、行ってみたらオスだった。
d0146854_22434166.jpg
d0146854_22434181.jpg
お仲間がメスだと思ったわけは、おぼれる前に尾つながりになっていたからだそうだ。
写真を見せてもらうと、オスがオスの首を挟んで飛んでいる。メスだと間違えたのか、それとも相手を襲うために押さえ込んだのか。
こういうことも起こるのだと初めて知った。
おぼれた個体はまだきれいな個体だった。

クロスジギンヤンマのメスは単独で産卵するようだ。
d0146854_22483298.jpg
池の中央で産卵するメス。
この様子を目にしたカイツブリの若鳥が、狙って近づいてくる。どうなるかと固唾をのんで見守っていたが、さすがに気配を察してメスは飛び去った。
しかし、産卵時は危険が多いのだろう。

すぐ近くで産卵するメス
d0146854_22484055.jpg
少しずつ場所を変えながら、かなり長いこと産卵をし続けていた。

そろそろクロスジギンヤンマのシーズンも終盤になってきた。
今年も飛びものは成果を得られなかったが、集中してみていると、いろいろな場面に遭遇できておもしろかった。






by 2008oharu | 2019-06-19 22:57 | 蜻蛉 | Comments(0)

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31