ミノウスバ 2018

地元の公園でミノウスバを観察し始めて以来の記録では、成虫の一番早い出現は10月29日、一番遅い記録は11月14日だった。10月末ごろから、そろそろ出てくるはずだと思って、よく見られる場所を確認し始める。

ミノウスバは昼行性で、昼間日差しがあるようなときによく活動する。10月31日に、ツルマサキのある場所の周りでオスが飛んでいるのを目にした。しかし、その時はすぐ見失う。次の日(11月1日)同じ場所で待つと、その日は数個体が飛び回り始めた。
d0146854_22401542.jpg
なんとか止まったところを撮る。高い位置だし、オスはすぐに葉裏に回り込み、ツルマサキの茎を伝って動き回るので、なかなか写真には撮れず、これが今季初撮り。

オスはツルマサキに来るメスを探しているのだ。1匹のオスの動きが怪しいので、高く遠くの葉の隙間にいるところを400mm望遠レンズでやっと撮る。
d0146854_22401558.jpg
やはりメスがいたのだ。茎が重なって見えにくいが、このメスはすでに産卵を始めているように見える。やがてオスは諦めて飛び出した。

いよいよミノウスバが出現し始めたとわかって、もう一つのポイント、マサキの株が並んで生えている場所へ。ここも何日か前からチェックしてきたが、これまでは見つけられなかった。しかし、この日行ってみると、なんとすぐに産卵中のメスが目に入る。
d0146854_22512767.jpg
こうして一気に2018年のミノウスバ・シーズンが始まった。

次の日、マサキで産卵していた場所を確認すると、なんとオスと交尾している。
d0146854_22541018.jpg
d0146854_22544976.jpg
う~ん、産卵後にまた交尾するわけはなさそうなので、産卵したメスは(普通はその場で息絶えるのだけれど)どこかへ消え、新しいメスとオスが交尾しているということなのだろうか。

翌日また見に行くと、さらに別のオスが来ている。こちらは交尾しているわけではなさそうだ。
d0146854_22541691.jpg
このメスは、最初にあった卵と同じところに産卵し、8日まで枝についたままでいた。

別の株には、3匹のメスが産卵中だったが、
d0146854_23050478.jpg
d0146854_23051275.jpg
そこにもオスがやってきて、盛んに交尾を迫っていた。未交尾のメスを早く探したほうがエネルギーの無駄にならないと思うのだが。

それと、いつも不思議に思うのは、複数のメスが同じ枝に産卵することが多いのはなぜだろうか。

11月3日には、珍しく未交尾と思われるメスが飛び回っているのを見た。
d0146854_23091782.jpg
太い腹と、まだふさふさした毛が生えた状態で、飛び回っていた。メスもオスを探しているのだろうか。

年1化で、成虫の見られる時期がとても短いミノウスバ、今年もなんとか目にすることができたが、既にシーズンは終盤のようだ。

次はウスタビガとフユシャクの番。







[PR]

# by 2008oharu | 2018-11-09 23:17 | | Comments(0)

10月の蛾から 2018

10月も大物蛾を求めて遠征することもなく、ひたすら地元三鷹市の公園で観察したものばかり。その中でのトピックスは、イカリモンガだ。

d0146854_21052433.jpg
イカリモンガは9月30日に観察仲間が発見していたが、少なくとも私たちが観察してきたかぎりでは、地元公園内の初記録だった。1日かぎりだったので、偶発的な出現かと思っていたが、10月25日に今度は公園内の別の場所で目にした。同じ個体なのかどうかもわからないが、今後の注目種である。

オオタバコガ(アベリアの花で吸蜜)
d0146854_21053534.jpg
花の横から盗蜜しているように見える。口吻で穴を開けたということはあり得るだろうか。

イラクサキンウワバ(自信がないが、ということにしておく)
d0146854_21053098.jpg
この蛾もハナトラノオの花の横から蜜を吸おうとしているようだ。

キンウワバついでに、トイレにはきれいなミツモンキンウワバがいた。(写真横転)
d0146854_21070698.jpg
ブドウトリバ(ヤブカラシの花で吸蜜)
d0146854_21054137.jpg
ヤツデの花にもよく来る蛾だ。

その他、地味~な秋の蛾がぞくぞく。

アオアツバ
d0146854_21064702.jpg
ナミテンアツバ
d0146854_21065202.jpg
ウスミドリナミシャク
d0146854_21071141.jpg
クロクモヤガ
d0146854_21065886.jpg
オオバコヤガ
d0146854_21070235.jpg
オオキノメイガ
d0146854_21055717.jpg
ヒメノコメエダシャク
d0146854_21054663.jpg
マメノメイガ
d0146854_21060488.jpg
キノカワガ
d0146854_21071656.jpg
フタキボシアツバ
d0146854_21270270.jpg
近隣ではミノウスバも出始めているようだが、公園内ではまだ見つけていない。



[PR]

# by 2008oharu | 2018-10-31 21:27 | Comments(0)

秋のアゲハ(ナミアゲハ)

夏型のアゲハは大きくて見応えがある。

ヤブカラシで吸蜜するアゲハ
d0146854_09580354.jpg
アベリアで吸蜜するアゲハ(翅が伸びきっていない?)
d0146854_09575888.jpg
地面で吸水するアゲハたち
d0146854_10001595.jpg
これらはオスで、ミネラルを補給していると言われている。

花で吸蜜するメスに、オスが言い寄ってくる場面も見られる。
動画で撮ってみた。

https://www.youtube.com/watch?v=BZk9VIb-5ek


このケースでは、合意には至らず。
別の日には、受け入れられたケースもあった。(初めの場面は撮り損ねた。)
d0146854_10060435.jpg
2頭で絡み合いながら飛ぶ。
d0146854_10060463.jpg
お邪魔虫も絡んでくるが、それを振り切って高みへ飛んでいく。
d0146854_10060500.jpg
d0146854_10060517.jpg
d0146854_10060464.jpg
どこまでもついて来るオスを受け入れるということなのだろうか。

別の日のカップル
d0146854_10083509.jpg
このあと、メスはかんきつ類の葉などに産卵するわけだが、公園内には産卵に適したかんきつ類はあまり見当たらない。個人宅の庭などで産卵しているのだろうか。近年庭のある家も減ってきているので、ちょっと気がかり。ナミアゲハが並に見られなくなるなんてことが起きるかもしれないと。




[PR]

# by 2008oharu | 2018-10-26 10:16 | | Comments(2)

9月の蛾から 2018

9月も気候不順が続き、あまりフィールドに出なかったので、蛾との出会いも少なかった。

うれしかったのは、8月に見られなくて諦めていたコシアカスカシバが、9月に入ってから見られたこと。9月の中旬ぐらいまで活動していた。

コシアカスカシバ(9月3日)
d0146854_08382303.jpg
ホシホウジャク(9月18日)
d0146854_08383787.jpg
この昼間活動するスズメガは、飛びものをうまく撮るという挑戦欲を刺激するので、毎年出てくると必ずトライしてしまう。アベリアやこのカクトラノオ(ハナトラノオ)で待っていれば必ずと言っていいほど現れる。

ついでに8月にも見たオオスカシバも。こちらはアベリアにて。
d0146854_08384320.jpg
ホシヒメホウジャクは、残念ながらアズチグモに捕獲された個体しか見られなかった。
d0146854_08385492.jpg
変なところでじっと動かないのでよく見たら、アズチグモが捉えていたのだ。アズチグモはアベリアの花の色とそっくりだ。

スズメガの成虫には相変わらずなかなか出会えないが、こちらはセスジスズメ
d0146854_08384841.jpg
羽化途中なのか、翅が伸びきっていない。

秋になると急に増えるのがシロスジノメイガ シロオビノメイガ
d0146854_08390990.jpg
今年も一斉に現れた。

ミツモンキンウワバか
d0146854_08391670.jpg
識別点がはっきりしない。

オオシマカラスヨトウか
d0146854_08391972.jpg
これも識別点を見られない。

ヒロバツバメアオシャク
d0146854_08385859.jpg
ウスキヒメシャク((だと思う)
d0146854_08392348.jpg
他にもいくつかまだ識別していない小さな蛾は見られた。

[PR]

# by 2008oharu | 2018-10-01 08:56 | | Comments(2)

MFのチョウ・ニュース ナガサキアゲハ有尾型他

ナガサキアゲハは、その昔シーボルトが名づけたチョウで、本来は南方系だったのだが、近年温暖化のためにどんどん北上してきたものだ。私が三鷹市の公園で初めて見たのは2004年のこと。その後あっというまに定着して、今では全くの普通種になってしまった。

そんな今年の夏、地元に住むチョウに詳しい矢崎さんが、ナガサキアゲハの有尾型を写真に撮られた。(写真は、矢崎さんのご厚意で掲載の許可を頂いたもの)
d0146854_21121707.jpg
普通東京で見られているナガサキアゲハ(♀)は、下の写真のように尾状突起がない。
d0146854_21181256.jpg
比べてみると、ずいぶん印象が違い、別種のチョウのようにさえ見える。有尾型は翅の色も白っぽいし、何よりも腹の色がベージュ色をしている。

尾状突起はメスだけにあらわれるそうだ。このタイプのナガサキアゲハは、東南アジアなどの南方ではよく見られるが、日本では少ないらしい。それでも時々関東地方でも見られる例があると聞く。尾状突起があるタイプは遺伝的には優勢種だということだが、北上種に少ないのは、寒さに弱いからだろうか。だとしたら、もっと温暖化が進めば、増える可能性があるかもしれない。
また、南方系の有毒種ベニモンアゲハに擬態しているという説もある。

矢崎さんにこの例を教えていただいた後、9月に入ってやはり地元で写真を撮られている神代さんが、facebookにチョウの写真を載せられた。(以下の写真も神代さんの許可を頂いて載せています。)
d0146854_21291281.jpg
d0146854_21290682.jpg
翅がかなり傷んでいるので、果たして尾状突起なのかわかりにくいが、腹の色が有尾型の特徴を示しているので、これもナガサキアゲハの有尾型に違いない。
8月上旬に見られた個体が1か月生き延びた姿なのか、それとももう1個体いたのか。

ナガサキアゲハ有尾型の目撃例をネット調べてみても、あまり情報がないので、少なくとも東京三鷹市で2018年に目撃されたことは報告しておこうと思い、矢崎さん・神代さんに協力いただいた。

ナガサキアゲハと言えば、尾状突起のない黒いアゲハと思い込んでいたし、あまりにも普通種になってしまったので、注意して見てこなかったが、これからはもっと注意して観察したいと改めて思った。

矢崎さんは他にも地元三鷹市の公園で、オオムラサキもご覧になっている。
d0146854_21375113.jpg
1例のみで、その日以外に観察されたという報告はない。
どこかからか偶発的に飛んできたのか、誰かが放蝶したのか、これだけでは判断もできないが、今後も注意していきたい。

追記:
このブログをご覧になった神代さんが、昨年も地元三鷹市の公園でナガサキアゲハの有尾型をご覧になっていたと報告してくれました。
d0146854_20352237.jpg
昨年もいたということは、今年の個体は昨年のメスの遺伝子を受け継いでいる個体かもしれません。知らない間に有尾型が増えてきているのでしょうか。神代さん、貴重な記録をありがとうございました。







[PR]

# by 2008oharu | 2018-09-26 21:56 | | Comments(4)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30