カテゴリ:蝶( 344 )


宮古島で出会ったチョウたち

沖縄の宮古島へ行った。鳥観が主目的だったが、合間に出会ったチョウを撮りたいとも思っていた。
旅先ではなかなか一瞬の出会いをものにすることは難しく、すべて見たという証拠写真でしかないが。

オオゴマダラ

d0146854_09072806.jpg
d0146854_09072825.jpg
オオゴマダラは本島や石垣島などで目にはしてきたが、なかなか写真に撮るチャンスがなかったので、今回野生の個体を撮れたのはうれしい。動物園などの個体は何度もみてきたので、感動は少ないが。

シロオビアゲハ
d0146854_09073793.jpg
d0146854_09073778.jpg
ぼろぼろの個体なのは残念。これも自然状態では初撮り。

スジグロカバマダラ
d0146854_09074391.jpg
d0146854_09074380.jpg
これも自然状態では初撮り。同じ場所に何頭か群れていた。

カバマダラ
d0146854_09075805.jpg
d0146854_09075803.jpg
カバマダラは、以前神奈川県に飛来したものを見たことがある。スジグロカバマダラもカバマダラも飛翔力が強く、本州の沿岸域まで飛来することがよくあるようだが、越冬するのは難しそうだ。カバマダラも同じ場所に数個体群れていた。

アオタテハモドキ
d0146854_09075895.jpg
これは一番撮りたかったもののひとつ。このカットを撮ったあと角度を変えて撮りたくて寄ったところで飛ばれてしまい、見失った。翅をきれいに開いた状態が見られなくて残念。このチョウも東京に現れて話題になったことがある。

リュウキュウウラナミシジミ
d0146854_09075094.jpg
地味なシジミチョウが目に入り、よく見るクロマダラソテツシジミかなと思ったが、念のため撮ったら、違っていた。リュウキュウウラナミシジミらしい。初見。念のため撮ってよかった。

ナミエシロチョウ
d0146854_09075714.jpg
カワカミシロチョウと似ているが、裏翅が黄色いことなどからナミエシロチョウと判断した。初見。

カワカミシロチョウ
d0146854_09075831.jpg
こちらは裏翅が白いのでカワカミシロチョウだと思われる。これは以前にも見たことがある。

オオシロモンセセリ
d0146854_12483335.jpg
このカットのみ。初見。


イシガケチョウ
d0146854_09264775.jpg
イシガケチョウは奄美大島でも撮った。右の葉の上の黄色い粒は卵だろうか。

沖縄に真夏に行ったのは久しぶりだったが、さすがに夏だとチョウもいろいろ見られることがわかった。







[PR]

by 2008oharu | 2018-07-17 09:29 | | Comments(0)

ゼフィルス2018 ミドリシジミ編

ミドリシジミは地元の公園にはいない。少し離れた自転車で行ける距離の公園2か所では見られる。地元にもハンノキはそこそこ生えているのに、この差は何なんだろうか。微妙な環境の違いなのか、それとも近くの公園にいることの方が不自然で、放蝶された可能性があるのか。疑問は解けないまま10年ほど経ってしまった。

ミドリシジミの出現も今年は早そうなので、時期を見計らって、まず早朝に見に行ける公園へ行ってみる。
すでに何人かの愛好家が見に来ていた。
ミドリシジミのオス
d0146854_11133348.jpg
閉じた状態のオス
d0146854_11135819.jpg
光の当たり具合で一部しか青く光らない場合
d0146854_11140721.jpg
d0146854_11140778.jpg
逆光の裏翅
d0146854_11140712.jpg
緑色っぽく光る場合
d0146854_11140776.jpg
ミドリシジミのメス(B型)
d0146854_11141899.jpg
ミドリシジミのメス(たぶんA型)
d0146854_11141843.jpg
あと、AB型・O型があるのだが、今年もそれは見られなかった。(何度も見に行けば見られたのかもしれないが)

次にもう少し離れた方の公園へ。
ここは朝早くは入ることができない場所なので、昼近くに行ってみる。さすがに見つけにくい。
なんとか見つけたミドリシジミのオス
d0146854_11281423.jpg
拡大する
d0146854_11281446.jpg
別個体
d0146854_11281354.jpg
どれも昼間はあまり開かない。半開き。
d0146854_11281458.jpg
クリの花にも来ていたが、高くて葉かぶり。
d0146854_11281424.jpg
ここでもメスの開翅は見られず、今季も一応見られたという程度でミドリシジミ祭りは個人的に終了した。

地元の公園とミドリシジミが生息する公園の一番の差は、繁殖場所が木道化されていることかもしれない。木道化されたところでは、ハンノキの周辺、下草域は、人が足を踏み入れられないようになっている。これが自然度を損なわない要因かもしれない。


[PR]

by 2008oharu | 2018-06-02 11:32 | | Comments(0)

ゼフィルス2018 地元の3種

今年は地元のゼフィルスの発生も早いだろうとは予想していたが、なんと5月6日にアカシジミを見たという方がいたので、あせった。その後気温が下がったり天気が悪かったりで、私が見つけたのは5月12日だったが、それでもやはり早い。

5月12日のアカシジミ(今季初見)

d0146854_08520022.jpg
5月16日にも見かける。どちらも地元の栗の木に来ていた個体だが、クリの花はまだ十分に開花していないようだった。
d0146854_08520018.jpg
5月21日にも。
d0146854_08520534.jpg
この個体は、やっと栗の花で吸蜜するところも撮れた。
d0146854_08521925.jpg
吸蜜する様子を拡大してみる
d0146854_08522638.jpg
そして、24日にはすでにかなり翅が傷んだ個体が見られた。いつもなら、このころが発生の始まりだったのだが。
d0146854_08524155.jpg
ウラナミアカシジミを地元で初見したのは、21日だった。
d0146854_09020634.jpg
この個体はすでに翅にビークマークが。
d0146854_09020566.jpg
この個体も盛んに栗の花で吸蜜。
d0146854_09022497.jpg
吸蜜するとき翅をすりすりしているのが目立つので、動画で撮ってみた。

https://www.youtube.com/watch?v=pXNwp6S85cs

翅をすりすりすると、尾状突起のある方が頭だと思って鳥がそこをつっついても、翅が千切れるだけで命に別状がないということから進化した動きだという説がある。確かに尾状突起のあるゼフィルスは翅にビークマークをつけているものが多い。

ウラナミアカシジミは、5月27日他所でもまだきれいな個体が見られた。
d0146854_09021640.jpg
ミズイロオナガシジミは、地元では5月24日に目にした。
d0146854_09133495.jpg
d0146854_09133454.jpg
写真は同じ個体。初め低い位置にいたが、ランニング集団が近くを通ったのを嫌って、少し上に移動したもの。羽化したてのようにきれいだった。

他所で見たミズイロオナガシジミ(5月27日)
d0146854_09133371.jpg
予想通り、今年はゼフィルスの発生が早かった。今年も平地性ゼフィルス3種がなんとか地元に生息していることを確認できてよかった。
クヌギやコナラを食樹とするこの3種が、これからも地元で生息し続けられるよう願ってやまない。



[PR]

by 2008oharu | 2018-05-31 09:21 | | Comments(0)

アオバセセリとウスバシロチョウ(ウスバアゲハ)

アオバセセリ
d0146854_15151395.jpg
今年もミツバウツギに来るアオバセセリを撮りに行った。
d0146854_15152267.jpg
d0146854_15152525.jpg
狙い違わず、ミツバウツギも5分咲きで、3頭ほどが飛び回っているのが見られた。連休前だったので、人出もさほど多くなく、いつもと同じシーンではあるが、今年も首尾よく見られて満足できた。
d0146854_15153341.jpg
d0146854_15183243.jpg
日の当たり具合によっては、きれいな青が出ないし、天気が良すぎての白とびしてしまう。下の2枚は青い色が出ていない。

ウスバシロチョウ
d0146854_15220228.jpg
ウスバシロチョウは2回見に行く羽目になった。最初の日は気温が低すぎたのか、かろうじて飛んでいた1頭は、すぐに止まって休息態勢になり、そのまま動かなかったのだ。
d0146854_15215599.jpg
d0146854_15215598.jpg
2回目はミツバウツギで吸蜜する場面がなんとか見られた。
d0146854_15220288.jpg
d0146854_15220221.jpg
翅が透けて、ミツバウツギの花の影が映っている。

毎年同じような写真ばかりしか撮れないが、年に一度は見ないと気持ちが落ち着かないチョウである。
少なくともこの場所がいつまでも毎年行けば見られる場所でありつづけてほしい。

ちまたではもうゼフィルス出現の噂が。地元ではどうなるだろうか。




[PR]

by 2008oharu | 2018-05-08 15:30 | | Comments(2)

ツマキチョウ 2018

4月の蛾の幼虫をまとめる前に、チョウのスプリング・エフェメラルもアップしておかないと時期外れになってしまう。

今年ツマキチョウは、3月末にはもう飛び始めていた。それなのに、写真に撮るチャンスがなかなかなく、最初にまともに撮ったのは、3月30日のうすら寒い日、翅をたたんで止まっているところ。(しかも、マナティーさんに教えてもらって)
d0146854_19363548.jpg
ドウダンツツジの枝に止まっている。普通、葉が展開していれば、翅を閉じると葉の色に紛れて見えにくいのだが、これでは丸見え。

次に出会ったのは、メス。これも止まってくれないので、飛びもの。4月1日
d0146854_19364516.jpg
さらに、4月20日には、例年のようにカキネガラシに産卵するメスに遭遇。
d0146854_19364611.jpg
d0146854_19364661.jpg
モンシロチョウが邪魔に入る。
d0146854_19364505.jpg
というわけで、地元の公園では止まっているオスを撮るチャンスがなかった。

郊外へプチ遠征してときに、やっとオスを撮る機会が来る。
d0146854_19420551.jpg
d0146854_19420610.jpg
今年のツマキチョうはこんな具合で終わりそう。
カキネガラシをときどきチェックしてまだ見つけたことがない幼虫を探すも、見当たらず。そろそろ蛹になってしまいそうだ。(蛹も見つけたいが。)



[PR]

by 2008oharu | 2018-05-03 19:45 | | Comments(0)

ミカドアゲハとイシガケチョウ

奄美大島に行く機会があったので、出会いがあればチョウも見たいと思っていた。結果、自然の中では初めて見ることができたミカドアゲハと、沖縄では目にしたが、写真を撮ることはかなわなかったイシガケチョウを撮ることができた。

ミカドアゲハ
d0146854_10082115.jpg
d0146854_10082152.jpg
d0146854_10082113.jpg
もっとじっくり撮りたかったが、旅先ではなかなか待っていられず、撮れたのはこんなカットのみ。
ハルジオンにも吸蜜に来たが、1瞬で飛ばれてしまい、撮れなかった。
でも、見られただけでもうれしかった。

イシガケチョウ
d0146854_10114349.jpg
イシガケチョウは、樹木の上の方で翅を開いて止まるので、角度が悪くなかなかよい写真にならない。
d0146854_10114365.jpg
しかし、この周辺に固執するように飛び、特に吸蜜もしないので、もしかしたら食草があるのかと思い、調べてみると、野生のビワの実をつけた植物があった。それが食草だったのかもしれない。
d0146854_10114363.jpg
同じようなシーンばかりしか撮れなかったが、自然界で初めて撮ることができ、うれしかった。

おまけに、動物園などで飼育された個体も紹介しておく。
d0146854_10180050.jpg
2007年に多摩動物園昆虫館で撮ったもの。
d0146854_10180446.jpg
昨年別の昆虫館で撮ったもの。

昆虫館などで撮っても喜びは少ないが、どんなチョウ(大きさや動き・止まり方など)かを知っておくのには役に立つ。このチョウのような特徴をもったチョウは他にはいないので、判別するのは簡単だ。

イシガケチョウは、少しずつ北上を続けているらしいので、いつか、ツマグロヒョウモンやナガサキアゲハのように、東京でも見られるチョウになってしまうかもしれない。

その他、ツマベニチョウも一瞬見たが、あっという間に飛んでいってしまった。






[PR]

by 2008oharu | 2018-04-16 10:26 | | Comments(4)

春の女神に逢いに行く

今年も春の女神ギフチョウを見に行った。
d0146854_21315351.jpg
d0146854_21315791.jpg
ポイントに着くとすぐに飛んでいる個体に出会った。
スミレに1種で吸蜜
d0146854_21322294.jpg
小さなオオイヌノフグリでも
d0146854_21322211.jpg
普通のタチツボスミレで
d0146854_21322298.jpg
そしてホトケノザでも
d0146854_21322287.jpg
午前中は早春の花で吸蜜することが多かった。
期待は、満開のマメザクラでの吸蜜シーン。かなり待ったところでやっと現れる。
d0146854_21324487.jpg
d0146854_21324123.jpg
d0146854_21324144.jpg
こちらは別の桜
d0146854_21330150.jpg

そして、レンゲツツジや散り始めた梅にも。
d0146854_21324832.jpg
d0146854_21325407.jpg
交尾や産卵シーンには出会えなかったが、いろいろな花に来るシーンが見られてはるばる見に行ったかいがあった。

[PR]

by 2008oharu | 2018-04-03 21:46 | | Comments(2)

丘陵地の春のチョウたち

スプリング・エフェメラルを探しに行った丘陵地では、他にいろいろな春のチョウたちも目にした。

ベニシジミ
d0146854_21050610.jpg
d0146854_21050620.jpg
ベニシジミは地元でも見られるし、春でなくても見られるシジミチョウだが、新鮮な春型は、いよいよ春になったことを実感させるチョウだ。

キタテハ
d0146854_21050762.jpg
d0146854_21050696.jpg
キタテハは成虫越冬チョウで、これも地元でも見られるチョウだが、やはりこれを初見すると、うれしい。

ヒオドシチョウ
d0146854_21050626.jpg
これも成虫越冬チョウ。遠くにおオレンジ色のチョウが降りてきたので、ヒオドシチョウらしいと思い、まずシャッターを押した。もっと近寄ろうとしたら、もう1頭飛んできて、絡んで飛んでいってしまったので、これ以上の写真は撮れなかった。ヒオドシチョウは一時地元でも見られたが、ここ1~2年は残念ながら見られない。

スジグロシロチョウ
d0146854_21050702.jpg
春型のスジグロシロチョウは美しい。

モンキチョウ
d0146854_21050709.jpg
これも春一番に見られるチョウだ。

さて、テングチョウは地元でもすでに見ているし、丘陵地でもたくさん飛んでいた。そのうちの1頭がアセビに来たので、カメラを向ける。
d0146854_21131704.jpg
d0146854_21131847.jpg
d0146854_21131769.jpg
そうとう無理な姿勢を取らないと、アセビの花の中へ口吻を伸ばすことができないようだった。



[PR]

by 2008oharu | 2018-03-31 21:15 | | Comments(0)

スプリング・エフェメラルを探して

雪が降ったと思ったら、初夏の陽気になったりと、気候条件が予測できない日々が続いたが、みき♂さんやyamapさんから次々とスプリング・エフェメラルの情報が届き、あわててプチ遠征した。
情報を頼りに丘陵地の公園を3つめぐる。

まず、コツバメ
d0146854_09555472.jpg
これは、手強かった。
一つ目の公園のポイントでは、飛んでいるのは目にしたが、止まってくれず、写真は撮れなかった。二つ目の公園では、食草のアセビがたくさん植わっている場所で待ち続けたが、一向に現れなかった。そして、三つ目の公園で、やっと枝先の止まるコツバメを撮ることができた。
この場所でテリをはっているらしく、何回か同じような場所に止まったが、なかなかよい角度から撮れなかった。
d0146854_09555494.jpg
d0146854_09555408.jpg
結局コツバメ撮影はこの個体のみに終わった。

ミヤマセセリ
d0146854_10010863.jpg
ミヤマセセリはあちこちで、いやというほど飛んでいた。しかし、気温が高くて元気が良すぎで、なかなかじっくりは撮らせてくれない。
まずは定番のヒメオドリコソウにて。
d0146854_10010994.jpg
d0146854_10010860.jpg
キイチゴの仲間の花に
d0146854_10010958.jpg
そして桜に
d0146854_10010993.jpg
ミヤマセセリは林床を低く飛んでいることが多い。
多分地面の蛹から羽化してくるメスを探しているオスの行動ではないかと思う。
d0146854_10010834.jpg
こちらはメス。このメスに飛んできたオスがアタックしようとしていたが、メスが応じずあきらめて飛び去った。いきなりのシーンでカメラが間に合わず、アタックシーンも撮りのがした。
オスはまた、水分を吸っているシーンも多い。
d0146854_10010928.jpg
オスにとって必要なミネラルなどを補給しているのだろうか。
yamapさんは、交尾シーンもご覧になっていたので、私も期待したが、残念ながら出会えなかった。

なにしろ暑くて、長時間動き回るとばてそうなぐらいだった。遠くにツマキチョウが飛んでいるのも見かけたが、追いかける気になれない。ツマキチョウは地元でも見られるはずなので、またの機会に。
d0146854_10215978.jpg







[PR]

by 2008oharu | 2018-03-30 10:24 | | Comments(4)

春を迎えた成虫越冬蝶たち

この冬越冬場所を見つけて継続観察できたのは、ウラギンシジミ1頭とムラサキシジミ1頭のみ。

まず、ウラギンシジミ。11月の越冬準備の時期には最多6頭のウラギンシジミがいた一角で、最終的に年を越しても残ったのは1頭のみだった。
d0146854_11384576.jpg
このウラギンシジミは少なくとも3カ月は全く場所を替えることなく、ずっとこの位置にいた。
3月1日は、とても暖かい日だった。行ってみると、ウラギンシジミが飛んでいる!
d0146854_11384462.jpg
早すぎる!と思って件の場所をチェックすると、観察していた個体はそのままの位置にいた。飛んでいた個体は別の場所から飛んできたようだ。他の方の観察によると、飛んできた個体は1日近くの葉裏で休んできたようだが、また姿を消した。元の場所にもどったのかどうか、確かめようもない。

そして、3月14日、また4月の陽気と言われる日、行ってみるとウラギンシジミが飛んでいる。そして、今度は観察個体はもう見当たらない。その近くでしばらくぱたぱたと飛んだあと、その個体は奥へ飛び去り、2度と戻らなかった。今度こそ越冬明けしたのだろう。

ムラサキシジミの場合

継続観察していた場所のムラサキシジミは、同じ場所に初め3頭いた。(12月13日)
d0146854_11383028.jpg
12月15日には4頭になった。
d0146854_11383005.jpg
しかし、年が明けると、2頭に減る。
d0146854_11383067.jpg
そして大雪が降ったあとしばらくして見に行ったら、1頭になってしまっていた。
d0146854_11383185.jpg
ウラギンシジミが飛んできた暖かい日(3月1日)、このムラサキシジミも飛んだ。
d0146854_11383175.jpg
ツバキに止まったので蜜を吸うかと観察したが、わからなかった。そして、夕方見ると、もとの位置に戻っていた。
d0146854_11383162.jpg
また暖かい日(3月16日)にも飛びだして飛び回っていたが、夕方はもとの位置に戻る。
ムラサキシジミは、真冬でも飛びだすことがある。そういう越冬の仕方なのだろう。

3月6日にはルリタテハが飛び出した。2頭で絡まって飛んだり、陽だまりで翅を広げていた。
d0146854_11384410.jpg
d0146854_11384489.jpg
3月11日にはテングチョウが飛び出した。
d0146854_11384424.jpg
何度も日当たりのよい地面に降りて、日光浴していた。
d0146854_11384560.jpg
こちらは別の場所で見たテングチョウ(3月15日)。河津桜に止まったので、吸蜜するか見ようと思ったが、遠くてはっきりわからなかった。

そして3月14日にはキタキチョウを見た。(もっと前に見たという方がいる)
d0146854_11383088.jpg
地面で吸水か。翅は傷んでいる。
d0146854_11382942.jpg
落ちたツバキの裏に口吻を伸ばしている。蜜が染み出ているのだろうか。

まだまだ気温が不安定な時期、せっかく活動を初めてもタイミング悪いと生き延びるのも厳しいのではないだろうか。

さて、3月17日には、蛹越冬のモンシロチョウを初見した。その日は暖かかったが、次の日からまた気温が下がり天気が悪くなる。
d0146854_11383086.jpg
上のモンシロチョウは、場所柄17日に飛んでいるのを見たモンシロチョウかもしれない。雲って肌寒い日は、こんなふうにじっと止まって耐えているようだ。



[PR]

by 2008oharu | 2018-03-22 12:14 | | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31