人気ブログランキング |

<   2018年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

8月の蛾から 2018

8月もどこへも遠征に行かなかったので、すべて地元の公園で目にしたもののみ。

オオスカシバ

d0146854_23003061.jpg
d0146854_23002945.jpg
アベリアでの吸蜜は定番だが、ムクゲでも吸蜜するのは初めて見た。

ウンモンスズメ
d0146854_23004054.jpg
d0146854_23004015.jpg
きれいな状態ではないが、この夏ほとんどスズメガを見ることができなかったので、貴重。

クチバスズメ
d0146854_23003667.jpg
こちらは、三輪さんが見つけた個体を見せていただいたもの。善福寺公園にて。

アカエグリバ
d0146854_23004746.jpg
高い位置にいたが、これも見られただけでもうれしい。

マエキトビエダシャク
d0146854_23005204.jpg
壁があまりに汚れていたので、ちょっと修正したら、不自然になってしまった。

キノカワガ
d0146854_23004741.jpg
かなり緑がかっている個体

キノコヨトウ
d0146854_23004843.jpg
樹に幹にとけこんでいる。

シバツトガ
d0146854_23005780.jpg
マエキリンガ
d0146854_23005380.jpg
横転させている。

ここ数年毎年見ているコシアカスカシバを、今年はついに見ないで終わりそうだ。発生木が変化してきたのか、気候のせいか。抜け殻は数個あり、成虫を見た方はいる。来年の様子をみるしかない。
d0146854_23004702.jpg
コシアカスカシバの抜け殻。

この夏は、モンクロシャチホコの成虫もみていない。気候のせいなのか、地元の公園の環境の変化のせいなのか、これも他の公園の動向や、今後の推移を見守る必要がある。





by 2008oharu | 2018-08-30 23:15 | Comments(0)

大量発生したヤブヤンマ

今年の上半期の最大のトピックスは、ヤブヤンマの大量発生だった。

5月10日のこと。鳥観仲間の方がトンボがぶら下がっているというので見てみると、ヤブヤンマのようだった。

d0146854_09514070.jpg
d0146854_09513938.jpg
2頭いて、どちらもヤゴの抜け殻の傍にぶら下がっている。すでに腹も伸び翅もきれいに広がっているが、ここで羽化した個体に違いない。あたりを探してみると別の場所にヤゴの抜け殻があと2つみつかったので、少し前から発生が始まっていたのだろう。

ここは2~3年前に作られた人工的な池で、ヤブヤンマがこの池から発生したのは初めてだったのではないかと思われる。

その後気になって時々チェックしてみたが、驚いたことにヤブヤンマの羽化は次々と続き、7月8日までの間に私が確認しただけで20頭以上が羽化してぶら下がっていた。

草地でも羽化
d0146854_09591637.jpg
フェンスでも羽化
d0146854_09592962.jpg
腹の先が水に浸かっている場所で
d0146854_09592418.jpg
中には羽化に失敗して固まってしまったものもいた。

この枝は羽化時に好まれる枝のようだ。抜け殻がいっぱい重なっている。
d0146854_10025323.jpg
抜け殻に着目してみると、さらに多くの数が羽化していたことがわかった。
d0146854_10035957.jpg
フェンスにも20個ほどのヤゴの抜け殻がついている。全部を総合すると、この池から羽化したヤブヤンマは少なく見積もっても50頭はいたようだ。

羽化したてのヤブヤンマは未成熟で、成熟するまで別の場所へ移動して餌などを捕っているのだろう。近くの広場で大きめのヤンマが飛び回っているのを目にしたことがあるので、それがここで羽化したヤブヤンマだったのかもしれない。

6月も下旬ごろになると、池を周遊するヤブヤンマの姿が見えるようになった。成熟したオスがメスを探しに来たり、メスが産卵しに来たりしているようだった。

産卵するメス(6月26日~7月22日)
d0146854_10093268.jpg
d0146854_10094904.jpg
d0146854_10095302.jpg
ヤブヤンマは直接水中には産卵しない。岸辺の土の中などに産卵する。

周遊後休むオス
d0146854_10120178.jpg
ブルーの目が美しい。

ヤブヤンマはそれほど珍しいトンボではないが、1か所からこれほど大量に発生したということには驚かされた。たぶんこの池が新しくできたものだったので、競争相手も天敵もいない状態で、昨年産み付けられた卵の生存率が非常に高かったのだろう。

この池から発生したと思われる水生昆虫(幼虫時代を水中で過ごす昆虫)もこの春大量に発生していた。(セスジユスリカ・カゲロウの仲間・トビケラの仲間など)これらは、ヤゴの餌になっていたと思われる。
d0146854_10172684.png
今後、ヤブヤンマの生息数はどのように推移していくのだろうか。競争相手や天敵が増えていって、大量発生は収まっていくのではないかと推測はできる。
生態系の推移を考えていく上でとても面白い現象だった。









by 2008oharu | 2018-08-17 10:23 | 蜻蛉 | Comments(2)

7月の蛾から

猛暑の7月。旅行へ行ったり、外出を控えたり、そしてフィールドにほんとうに蛾が少ないなどの結果、あまりめぼしい成果はない。

オオアヤシャク(7月31日)シャクガ科アオシャク亜科
d0146854_09514497.jpg
7月に見た一番大きい蛾(笑)
あとは、ちびちびした蛾ばかり。

ミツボシツマキリアツバ(7月8日)ヤガ科
d0146854_09514484.jpg
d0146854_09514320.jpg
翅を閉じているところが見られた。

アオフトメイガ(7月8日)メイガ科
d0146854_09514418.jpg
d0146854_09514412.jpg
サクラマルモンヒメハマキ(7月8日)ハマキガ科
d0146854_09593892.jpg
モトキメンコガ(7月1日、8日)ヒロズコガ科
d0146854_09514382.jpg
d0146854_09514483.jpg
交尾しているところが見られた。

プライヤエグリシャチホコ(7月26日)シャチホコガ科
d0146854_09594124.jpg
オオシマカラスヨトウ(7月8日)ヤガ科
d0146854_09514417.jpg
あちこちで見られたが、これは腹の模様がはっきり見えたのでナンカイカラスヨトウではないとわかった。

あとはスズメガも見ていない。(千切れた翅はあった)
すでにヤママユガも出始めているもようなので、気があせる。


by 2008oharu | 2018-08-03 10:07 | | Comments(0)

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31