人気ブログランキング |

<   2018年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

10月の蛾から 2018

10月も大物蛾を求めて遠征することもなく、ひたすら地元三鷹市の公園で観察したものばかり。その中でのトピックスは、イカリモンガだ。

d0146854_21052433.jpg
イカリモンガは9月30日に観察仲間が発見していたが、少なくとも私たちが観察してきたかぎりでは、地元公園内の初記録だった。1日かぎりだったので、偶発的な出現かと思っていたが、10月25日に今度は公園内の別の場所で目にした。同じ個体なのかどうかもわからないが、今後の注目種である。

オオタバコガ(アベリアの花で吸蜜)
d0146854_21053534.jpg
花の横から盗蜜しているように見える。口吻で穴を開けたということはあり得るだろうか。

イラクサキンウワバ(自信がないが、ということにしておく)
d0146854_21053098.jpg
この蛾もハナトラノオの花の横から蜜を吸おうとしているようだ。

キンウワバついでに、トイレにはきれいなミツモンキンウワバがいた。(写真横転)
d0146854_21070698.jpg
ブドウトリバ(ヤブカラシの花で吸蜜)
d0146854_21054137.jpg
ヤツデの花にもよく来る蛾だ。

その他、地味~な秋の蛾がぞくぞく。

アオアツバ
d0146854_21064702.jpg
ナミテンアツバ
d0146854_21065202.jpg
ウスミドリナミシャク
d0146854_21071141.jpg
クロクモヤガ
d0146854_21065886.jpg
オオバコヤガ
d0146854_21070235.jpg
オオキノメイガ
d0146854_21055717.jpg
ヒメノコメエダシャク
d0146854_21054663.jpg
マメノメイガ
d0146854_21060488.jpg
キノカワガ
d0146854_21071656.jpg
フタキボシアツバ
d0146854_21270270.jpg
近隣ではミノウスバも出始めているようだが、公園内ではまだ見つけていない。



by 2008oharu | 2018-10-31 21:27 | Comments(0)
夏型のアゲハは大きくて見応えがある。

ヤブカラシで吸蜜するアゲハ
d0146854_09580354.jpg
アベリアで吸蜜するアゲハ(翅が伸びきっていない?)
d0146854_09575888.jpg
地面で吸水するアゲハたち
d0146854_10001595.jpg
これらはオスで、ミネラルを補給していると言われている。

花で吸蜜するメスに、オスが言い寄ってくる場面も見られる。
動画で撮ってみた。

https://www.youtube.com/watch?v=BZk9VIb-5ek


このケースでは、合意には至らず。
別の日には、受け入れられたケースもあった。(初めの場面は撮り損ねた。)
d0146854_10060435.jpg
2頭で絡み合いながら飛ぶ。
d0146854_10060463.jpg
お邪魔虫も絡んでくるが、それを振り切って高みへ飛んでいく。
d0146854_10060500.jpg
d0146854_10060517.jpg
d0146854_10060464.jpg
どこまでもついて来るオスを受け入れるということなのだろうか。

別の日のカップル
d0146854_10083509.jpg
このあと、メスはかんきつ類の葉などに産卵するわけだが、公園内には産卵に適したかんきつ類はあまり見当たらない。個人宅の庭などで産卵しているのだろうか。近年庭のある家も減ってきているので、ちょっと気がかり。ナミアゲハが並に見られなくなるなんてことが起きるかもしれないと。




by 2008oharu | 2018-10-26 10:16 | | Comments(2)

9月の蛾から 2018

9月も気候不順が続き、あまりフィールドに出なかったので、蛾との出会いも少なかった。

うれしかったのは、8月に見られなくて諦めていたコシアカスカシバが、9月に入ってから見られたこと。9月の中旬ぐらいまで活動していた。

コシアカスカシバ(9月3日)
d0146854_08382303.jpg
ホシホウジャク(9月18日)
d0146854_08383787.jpg
この昼間活動するスズメガは、飛びものをうまく撮るという挑戦欲を刺激するので、毎年出てくると必ずトライしてしまう。アベリアやこのカクトラノオ(ハナトラノオ)で待っていれば必ずと言っていいほど現れる。

ついでに8月にも見たオオスカシバも。こちらはアベリアにて。
d0146854_08384320.jpg
ホシヒメホウジャクは、残念ながらアズチグモに捕獲された個体しか見られなかった。
d0146854_08385492.jpg
変なところでじっと動かないのでよく見たら、アズチグモが捉えていたのだ。アズチグモはアベリアの花の色とそっくりだ。

スズメガの成虫には相変わらずなかなか出会えないが、こちらはセスジスズメ
d0146854_08384841.jpg
羽化途中なのか、翅が伸びきっていない。

秋になると急に増えるのがシロスジノメイガ シロオビノメイガ
d0146854_08390990.jpg
今年も一斉に現れた。

ミツモンキンウワバか
d0146854_08391670.jpg
識別点がはっきりしない。

オオシマカラスヨトウか
d0146854_08391972.jpg
これも識別点を見られない。

ヒロバツバメアオシャク
d0146854_08385859.jpg
ウスキヒメシャク((だと思う)
d0146854_08392348.jpg
他にもいくつかまだ識別していない小さな蛾は見られた。

by 2008oharu | 2018-10-01 08:56 | | Comments(2)

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30