人気ブログランキング |

<   2018年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

クロスジフユエダシャクの出現が終わった後に出てきたフユシャクたち

クロオビフユナミシャク
d0146854_21470149.jpg
クロオビフユナミシャクは今季、クロスジフユエダシャクがまだ飛んでいる12月上旬から見られるようになった。こちらは夜行性なので、昼間は擬木柵や建物の壁に張り付いている。
d0146854_21473774.jpg
メスも擬木柵や木柵にいることが多い。
d0146854_21471896.jpg
d0146854_21471116.jpg
フユシャクの中ではメスの翅がかなり大きいが、全体的にとても地味である。
やはり木柵や擬木柵にいるメスは産卵場所を見つけるのに苦労しそうだし、危険も多い。
d0146854_21472767.jpg
たぶん、それと知らずに人間につぶされてしまったと思われるメス。卵がお腹からはみ出している。

イチモジフユナミシャク
d0146854_21542072.jpg
12月下旬になって見られるようになった。オスは建物の中にいることが多い。
d0146854_21543560.jpg
d0146854_21543921.jpg
薄い緑色をしたメス。メスは擬木柵などで見つかることが多い。
緑色がもっと薄い黒化した個体もいるようだが、今年見た3個体はみなきれいな色だった。オスの地味な翅の色と比べて、メスがきれいなのが不思議。

チャバネフユエダシャク
d0146854_22002495.jpg
今年のチャバネフユエダシャクの出現はちょっと遅め。メスは12月25日に初見。
d0146854_22002894.jpg
今日もう1頭見られた。チャバネフユエダシャクはなんといってもこのメスの色模様が特異。なんでこんな色模様をしているのだろうか。擬木柵にいると目立ちすぎるが、自然の木の幹などでは目立たないのだろうか。
今年はオスも出現が遅く、しかも数が少ないようだが、これからかもしれない。
d0146854_22003340.jpg
他に、ウスバフユシャクのオス(12月20日にもう出現した)やシロオビフユシャクのオス(12月28日)も出てきたが、雌雄が揃ってから取り上げることにする。



by 2008oharu | 2018-12-28 22:07 | | Comments(0)
今季クロスジフユエダシャクを見始めたのは11月中旬。12月中旬の今は、終盤になりつつある。
今季も、なんとか♂が♀を見つけて交尾するシーンを目にすることができた。

オスが枯葉に止まって翅をばたつかせ、枯葉の中に入り込む。
d0146854_21542878.jpg
交尾が成立すると、メスがつながったままのオスを引っ張るようにして移動。
d0146854_21543313.jpg
丸まった葉まで移動して、そこでで交尾し続ける。
d0146854_21543805.jpg
クロスジフユエダシャクは、昼行性のフユシャクなので、昼間メスを探して飛び回るオスを容易に目にすることができるし、根気よくオスを追っていれば、このような場面に出会うこともできる。(ただし、1年に一度ぐらいだが。)

2016年には、メスがササの枝にいる状態のところへオスが飛んできて交尾した。
https://parkinsect.exblog.jp/23704856/

2017年には、枯葉の中にいるメスをめぐって2頭のオスがアタックする場面も見られた。
https://parkinsect.exblog.jp/26191041/

しかし、交尾後のメスがどのように産卵するかは、まだ見たことがない。
よく木柵や擬木柵にメスだけが単独でいることがある。

d0146854_22044290.jpg

辺りにはオスがひらひらとたくさん飛んでいるが、既に交尾済みなのか、メスはコーリングしないし、オスも寄ってこない。
この柵をうろつくメスは、いったいどこで産卵するのだろうか。産卵木までいずれは移動するのだろうか。

ある日、木柵の上で元気に動き回るメスを、そっと近くのクヌギの大木へ移動させてみた。
d0146854_22055090.jpg
木柵上で動き回るメス
d0146854_22055522.jpg
クヌギへ移動させる
d0146854_22060217.jpg
あっというまにメスは幹を上り始めた。
d0146854_22061160.jpg
d0146854_22061664.jpg
4~5mぐらいのところまで上ったところで、見失う。
もう少し低い位置の樹皮の割れ目辺りで産卵するのではないかと期待していたのだが、残念ながら高すぎた。
しかし、きっとこれが本来の産卵行動なのだろう。木柵や擬木柵は、産卵場所をさがすメスを惑わしているのかもしれない。

ところでオスは夜行性の蛾のように建物の壁などにはりついて止まっていることもある。
d0146854_22141573.jpg
単に休んでいるだけなのか、夜間はまったく動かずこのように止まっているだけなのか、それとも夜でも繁殖行動をとることがあるのか。
一度だけ退化していると言われる口吻を伸ばしているのも見かけたことがあるが、名残の行動なのか、いろいろ疑問は尽きない。






by 2008oharu | 2018-12-12 22:20 | | Comments(0)

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31