オオヤマトンボ

d0146854_23113084.jpg

↑オオヤマトンボ。2007年7月26日。善福寺公園にて。捕獲したものを撮らせてもらう。
オオヤマトンボというトンボをこのとき初めて知った。
一見するとオニヤンマかと思ってしまうが、いくつかの相違点がある。
一つは大きさが少し小さい。
頭部と胸部に金緑色の光沢がある(オニヤンマにはない)。
顔面に上下2本の黄色い線が入っている。
腹の黄色い線の入り方が違う。
そして、オニヤンマは通常池にはいない。(川にいる)

d0146854_23122892.jpg

↑オオヤマトンボのヤゴの脱殻。2008年7月21日。井の頭プールにて。
使われなくなったプールにどんな生き物がいるか観察する会のため、
下見をしたら、上のようなヤゴの脱殻を発見した。
4cmぐらいもある大きなものだ。
図鑑をみると、体型・大きさ・模様などから、オオヤマトンボのヤゴではないかと思われた。
しかも、この脱殻が数個見つかる。
オオヤマトンボはこんなところでも繁殖するのかと半信半疑。

d0146854_2312398.jpg

↑オオヤマトンボのヤゴ。2008年7月27日。井の頭プールにて。
観察会の本番。プールの底を網ですくったら、いろいろなヤゴが捕れたが、そのうちの一つが生きているオオヤマトンボのヤゴだった。
いっしょに写っているのはコシアキトンボのヤゴ。
大きさの違いがわかる。

↓オオヤマトンボのヤゴの中令か。
d0146854_2324230.jpg


同じくプールで見つかったヤゴ。左は翅がまだ伸びてきていないヤゴだが、体型や模様などから、オオヤマトンボの中令ぐらいのヤゴではないかと推測できる。

折りしも、プールの上を大きなトンボが2回ほど旋回していった。
それがオオヤマトンボであると確証はないが、可能性は高いと思う。

成虫のオオヤマトンボをぜひ見つけて撮りたいと思った。
[PR]

# by 2008oharu | 2008-07-28 23:28 | 蜻蛉 | Comments(0)

エゴヒゲナガゾウムシ

2008年7月16日、いつもの玉川上水縁の手すりにこんな虫を見つけた。

d0146854_20595746.jpg
d0146854_21075.jpg


撮った写真を拡大して見て、その顔の部分のあまりの奇妙さにびっくり。
甲虫であることは確かだ。大きさや体型からまずゾウムシの仲間かと思った。
家に帰って図鑑で調べたが、このような顔のゾウムシは見当たらない。
次いでコガネムシやカミキリムシなどいろいろな甲虫を見たが、わからない。
ネットで心当たりを片端から調べたが、このような昆虫は出てこなかった。

結局、掲示板でたずねて、やっと「エゴヒゲナガゾウムシ」とわかった。
名前の通り、エゴノキの実につくようだ。
このシュモクザメのような出っ張った目をしているのは、オスで、メスは顔つきが違うらしい。
「ウシヅラヒゲナガゾウムシ」と別名が付けられるような顔らしいのだ。

それで、なんとかメスも見たいと、オスがいたあたりをチェックしてきたが、見つけられなかった。

今日、かんさつ会があって、人が見つけた虫を見せてもらったら、なんとメスではないか!
↓エゴヒゲナガゾウムシのメス。2008年7月27日。井の頭公園にて。
d0146854_2284841.jpg


牛面というか、馬面というか。
雌雄がこれほど違う顔を持っているのも不思議だし、どちらもかなり奇妙。
身近な小さな虫の面白さにまたびっくりさせられた。
[PR]

# by 2008oharu | 2008-07-27 22:12 | 甲虫 | Comments(0)

テングチョウの幼虫

前にテングチョウの幼虫や蛹を見ていないので、見たいと書いた。

前のテングチョウの記事

先日テングチョウがエノキの若芽に産卵している場面にであった。

↓テングチョウの産卵。2008年7月16日。玉川上水縁のエノキにて。
d0146854_20333915.jpg


テングチョウが去ったあと、必死に枝を引き寄せて卵を見つけようとしたが、見つけられなかった。でも、産卵場所がわかっていたので、孵化した幼虫が見られるかもしれないと思い、何度がチェックしてきた。

そして、今日チェックしたら、若い葉に食痕がある。また枝を必死で引き寄せてみると、小さな幼虫がいた。
↓テングチョウと思われる幼虫。2008年7月25日。
d0146854_2038538.jpg


これからどんな風に育っていくのか、観察できるといいのだが。

追記:
その後、幼虫が一回脱皮するところまでは確認できたが、以降見失ってしまった。
蛹が見られなくて残念。


d0146854_2320956.jpg

[PR]

# by 2008oharu | 2008-07-25 20:40 | | Comments(1)

エビイロカメムシ

このカメムシは幼虫が面白い。
↓2007年7月20日。玉川上水縁。エビイロカメムシの幼虫。
d0146854_2159432.jpg


初めに幼虫を見て、面白いと思い名前を調べた。
スズキなどのイネ科を食そうとするカメムシの幼虫で、その名前も幼虫の色から来ているように思う。

成虫はこんなまともな形で、特に面白みもない。
↓2008年6月7日。同じ場所。
d0146854_2224613.jpg


今年も、昨年と同じ時期にまた幼虫が同じところで見られた。
↓2008年7月21日。玉川上水縁。エビイロカメムシの幼虫。
d0146854_2242556.jpg
d0146854_2243911.jpg


昨年のものより小さく、まだ弱令幼虫のようだ。
それにして、この狭い一角で何代も世代を交代してきているのだろうか。
[PR]

# by 2008oharu | 2008-07-23 22:08 | カメムシ | Comments(2)

カブトムシ

昆虫は面白いと思っているが、カブトムシなどにそれほど強い魅力を感じたことはなかった。
ただ大きくて単純な感じがするからか。そこがいわゆる「昆虫少年」たちとは違うところだ。
コクワガタなどは、かわいいし、さわり心地もよいとは思う。

けれど、昆虫の話をしていると、まず聞かれることは「カブトムシはいますか。」ということ。
昆虫といえばまずカブトムシ類を思い浮かべる人がとても多いようだ。

カブトムシは夜行性なので、自然の状態を観察するのはちょっと難しく、
それやこれやで、有名な昆虫なのにあまり観察する機会はなかった。

でも、今年はほんとにカブトムシはマイフィールドにちゃんと生息しているのか確認したい気持ちもあって、少し注意を払っていた。

先日、昼間に鳥を観察しているときに、人が見つけたカブトムシを撮らせてもらった。
樹液の出るクヌギの木の根元にもぐっていたようだ。
↓2008年7月14日。K公園にて。
d0146854_21444782.jpg


その後樹液の出ているクヌギをいくつかチェックポイントの入れて、観察を続けているが、自分でカブトムシを見つけることはできなかった。
だいたいそういう木の根元は、誰かが掘り返していることが多い。

ところが今日、ぜんぜん思ってもいないところで、カブトムシを目にした。
↓玉川上水の手すりの陰にて。
d0146854_21483243.jpg

こんなところで暑さを避けているのだろうか。
カブトムシは黒い体色をしているので、熱を吸収しやすく、夏の昼間に日に当たっていると、体温が高くなりすぎて死んでしまうとも聞いている。
なんかクモの巣や脱殻のようなものをまとっていて、絵にならないので、お休み中申し訳ないが、捕まえてまず地面に置いてみた。
d0146854_21535351.jpg

捕まえたときの感触はさすがにカブトムシ。抵抗が強い。きっとこの力強さが、魅力なのだろう。

しかし、地面に置いても飛んで逃げるわけでもない。
さらに木に這わせてみると、しばらくもぞもぞしていたが、やがて木の上の方へ上っていった。
d0146854_21555628.jpg


誰かが飼育個体を逃がしたのでない限り、一応マイフィールドにもカブトムシは生息していると言っていいようだ。
生息可能な自然がどんどん狭まり、しかも、人間たちにたくさん捕まっているのにもかかわらず、まだ絶滅はしていないようで、少し安心。
これからもカブトムシが自然に繁殖できる環境を守りたいものだ。
[PR]

# by 2008oharu | 2008-07-22 22:04 | 甲虫 | Comments(0)
line

近所の公園で見かけた昆虫についての雑記帳


by 2008oharu
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28